×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

凄いシラー再入荷のお知らせです!


おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です



昨日2本立てで投稿しようと企てていたにも関わらず

またしても 時間配分がうまくいかず

断念

本日の投稿となってしまいました!

再入荷ワインのお知らせです

 





◆PORSELEINBERGーポルセレインベルグ

過去にこちらについてはかいていますので

ワイナリーについては 過去のブログをご覧くださいね

http://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/773




という事で 今回は ワインマグやインポーターさんの

2016ヴィンテージ記事を記事を中心にして書かせていただきました。







Boekenhoutskloofーブーケンハーツクルーフが所有する

Swartlandースワートランドのポルセレインベルグ2016が

リリースされました。





2016年は現地でも驚くほどの干ばつで、

年間を通して例年の半分ほどの降雨量しかありませんでした

(16年17年は本当に凄い干ばつで大変でした

2018年2月にスワートランドを訪れた時は黄土色という印象でした。

ため池もカラッカラに乾いていて驚かされました)

「a hell of a challenge /地獄の挑戦」と言われたほど乾燥していた一年でした






葡萄づくり(だけではありませんが)には非常に困難な年で

今までで最も難関なヴィンテージとなっています

特に SIPのメンバーの取り決めとして

(ロウ氏もSIPの主要メンバーの一人です)

SIPについては詳しくこちらで書いていますので

ご覧ください ココ http://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/240

灌漑をしないというルールがあり

水をやらずに雨の降らない乾燥した大地から

果実を生み出すことが

いかに大変なことだったかと想像します

困難な年ではありましたが

そこはロウ氏!!

丹念な畑仕事や、新たに特注のフードル(大樽)を2

つ購入し対処していきます

そのような細かな作業によって

非常にドライな気候を逆手に取り、

シラーに最適な凝縮感が生まれ、

素晴らしいワインに仕上がり、

評論家からも「絶対的に見事なワインを造り上げた!!」と

高評価を得ているそうです

流石ですね!!



赤と黒の実、オリーブのタペナード、スパイス、そしてフィンボスの香り

アロマティックですがそれらの香りよりも前に、還元的な香りを感じることが出来ます

新鮮な酸味と美しく熟した果物タンニンといった果実の深く偉大な味わいを感じることが出来ます 

タンニンは2015年ほど滑りにくいほどは感じないので、前年のヴィンテージよりも

早く楽しむことが出来るので今でも美味しいく楽しませてもらえるが10年後どうなっているか

見ることも楽しみです。

と 書かれていました 大丈夫かな自信無いな

間違っていたらごめんなさい!

ワインマグでは 93ポイント獲得しています!


【畑面積】30ha

【土壌】片岩質

【収穫】手摘み

【全房使用率】100%

【発酵】コンクリートタンクにて、
足踏みにより自然醗酵を促し、
1日2回ポンピングオーバーを行う

【熟成】フードル:70%、
卵型のコンクリートタンク:30%にて12ヶ月間

【瓶詰期】2017年3月

【アロマ】非常に豊かなアロマは2015年よりも鮮やかで、
ブラックベリー、ビルベリー、ラズベリーなどのべり―系
ニュアンスと、自生しているハーブ、
砕いた黒コショウ、僅かに木炭などが感じられます。

【味わい】このワインの特徴でもある非常にきめ細かいタンニンと、
ブラックベリーなどの果実味、片岩質土壌
由来の美しいミネラル感が見事な骨格を形成しており、
非常に複雑で長い余韻が得られます。

【生産者推奨飲み頃】2022年~2035年ごろ

【アルコール度数】14.0% (初めて14.0%を突破したそうです!!)



昨年度飲んだ時は

あふれだす香りの複雑さと

余韻の長さに圧倒されました

なんだこの凄いシラー!!

12000円納得の価格です



そんなすっごいシラーが

今年も入荷しました

ほんの数本です??


ムッチャ気になる~って方

お早めにご連絡ください


それにしても2035年飲み頃

あと15年・・・・

だれかタイムマシーン作ってほしい

設立した年のワインがもしあれば

やっと10年

今 どんな味わいになっているんだろうと

想像が止まりません


いつか 南アフリカバックヴィンテージの旅ってのを

やってみたいなぁ~

ダメだ 妄想の世界に行ってしまいそうになりました (^▽^;)


取り急ぎ そんな素晴らしいワインが入荷したというお知らせでした



そして 今年もこのワインのラベルが

写真撮り泣かせ

昨年よりは少しはうまく撮れたでしょうか・・・(^▽^;)



 


そろそろ 梅雨開けたかなの

眩しい日差し

今朝も セミの声を聴きながら

大音量で鳴いたら

休むんだ

皆 一緒に鳴くのか!

なんというチームワークとか

考えながら

さっさと起きればいいのに

布団の中のうだうだの時間です

こういう積み重ねが

きっと 時間が足らない~ってことに

繋がるんですよね (^▽^;)

さ どんどん じゃんじゃん

仕事しますよ!! たぶん

今日も 16時オープンでお待ちしています!









 
No South Africa Wines no life

 


 

2019-07-23 09:52:46

コメント(0)

今日からのグラスメニュー少し変更です!

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です





朝から目覚まし時計要らないくらい

蝉の鳴き声が凄いですね (^▽^;)



放出の駅前の木々の下を通るときは

頭 ぼーとするくらい

凄い音量です

蝉パワー凄いです




暑い夏

蝉に負けては居られませんね




今週はかなりアイテム変わります





 









◆スパークリングワイン

 


グラハムベック ブリュット
Graham Beck Brut



◆ロゼ

ワーウィック ロゼ
Warwick First Lady Dry Rose







◆白ワイン

 

マン ソーヴィニヨンブラン
Man Sauvignon Blanc Cellar Select

ヴィルダーハースト ヴェロ ホワイト
Wildehurst Vero Blanc

ロングリッジ シュナンブラン
Longridge Organic Chenin Blanc

ポールクルーバー シャルドネ
Paul Cluver Chardonnay








◆赤ワイン


 

オーカ ピノタージュ
Okah Pinotage

ヴィルダーハースト ヴェロ レッド
Wildehurst Vero Red

ハーテンバーグ シラーズ
Hartenberg Shiraz

ソーンドーターズ コッパーポット ピノノワール
Thorne&Daughters Copper Pot Pinot Noir

キャサリンマーシャル ピーターズビジョン
CATHERINE MARSHALL Peter's Vision

となっております


今日も南アフリカワインオンリーで

16時オープンです

お待ちしております!!

2019-07-22 11:35:09

コメント(0)

再入荷のお知らせと明日の営業!

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

台風による雨の影響

全国的に凄いですね

この辺りはシトシトぐらいなので

洗濯物が悩ましい程度ですが

農家の方は 日々の日照不足

大変ですね



さて 新着情報休まず進めます

今日は 再入荷のお知らせです

数量限定入荷です!!

「Tesselaarsdal/テッセラールスダル」です


内容については前回も少し書いていますが

前回のブログ!

http://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/769

書ききれていない補足&2018ヴィンテージについて追記していきます







 




▶詳細・歴史

女性醸造家ベリーヌ・サウルス女史が、

2015年に初リリースを迎えた新進気鋭のワイナリーです。

彼女の生まれ育った村の地名がワイン名という事は書きましたが

今回この村の歴史について書かれていました


テッセラールスダルはへメル・アン・アルド・ヴァレーから

北に24kmほど離れた、小さな村の地名です。

この村は、黒人への差別が続いた南アフリカにおいては大変珍しく、

18世紀末に東インド会社の一員としてこの地を治めていた

ヨハネス・テッセラールスダルが、1810年の彼の死後、開放された

奴隷たちの為に土地を残したという記録があります。

ベリーヌはこの数奇な歴史を持つ自分の故郷を愛し誇りに思い、

ワイナリー名にしたそうです。

どんな場所なんだろう

行ってみたくなりました。





▶2018年ヴィンテージの詳細


【ワイン名】TESSELAARSDAL Pinot Noir 2018
テッセラールスダル (Hermanusヘルマナス)

【ヴィンテージ】2018

【産地】Hemel-en-Aarde Ridge/ヘメルアンアルドリッジ
     畑ーLa Vierge Vineyards
         ケープ・サウス・コースト地方、ウォーカーベイ地域の秀逸なW.Oで、
         海からの冷たい風の影響を受け年間を通して冷涼な気候。

【灌漑】なし

【年間生産量】338.91ケース
細かな部分まで目が行き届くように、少量生産にこだわったワイン造りをしています。

【発酵】ステンレスタンク使用にて、過度な抽出をせず、エレガントさを追求しています。

【熟成】100%フレンチオーク(228ℓ)使用
【品種】ピノ・ノワール100%

【熟成樽】228Lフレンチオーク、新樽30%、2年目23%、3年目30%、4年目17%

【熟成期間】9カ月半

【アルコール度数】12.82%

【酸】5.6

【PH】3.40

【残糖】1.6

【樽】フレンチオーク 100% バレルメーカー Francois Freres 100%

【MLF】1回目 25% 2回目 25% 3回目 50%

【収穫量】6トン/ha

【生産量】338.91ケース

【リリース】2019年2月

【インポーターさんテイスティングノート】極めて優雅で果実味に溢れ、ピュアな印象のピノ・ノワールです。野イチゴやチェリーの甘酸
っぱいアロマと味わいがいっぱいに広がりますが、僅かな塩味を伴うような美しいミネラルがしっかりとした骨格を形成しています。
トラディショナルなスタイルの優雅でピュアなピノ・ノワールと言え、長くて優しい口当たりの余韻が楽しめます。





▶2018年について~
2015年や2016年の早い収穫ではなく
2018年の出芽は平均的でした
2月最初の週~3月1週目で収穫は終了しました
11月は雨が多く涼しい12月は開花に影響を与え
収穫量は非常に少ないものとなった
実は小さく房も小ぶりでした
12月と1月は平均より乾燥していました
2月は平均よりは少し湿っては居ましたが
比較的成功した月でした
疾病管理も有機的に行えた
2月は平均より暖かい時期に 非常に小さな実を
収穫したことにより
2017年より熟して贅沢で華やかなスタイルとなった
2018年の特徴としては
畑ごとや房ごとにかなりバラつきのある熟成の仕方をしたということでした
結果 それぞれ違う畑や時期の味の分析や組み合わせが非常に重要となりました
これには非常に高い警戒と
畑とセラー間で密なチームワークが大変重要となりましたが
大成功に終えることが出来ました。
その結果 2018年は非常に良いヴィンテージとなったそうです


という 素敵なワイン

かなり少量ですが

入荷しています!!


2018年の味わい気になりますね♪

昨年はグラスでお飲み頂く前に

完売していまい

お出しできませんでしたが

今年はお出しできるでしょうか・・・

お楽しみに!!(≧▽≦)




 






今日は掃除モードで

あちこち掃除したいと思っていたのですが

必死で英語読んでるのに

意味が分からないセールスの電話が

何軒もかかってきて

その度に

えっと えっとと

頭の中で組み立てた文章消える・・・

それが何度も何度も繰り返されて

お世話になってます!!って

全然 お世話してないし

あんたなんか知らんしいーーーー"(-""-)"とか思いながら

かなり予定オーバーで書き終えました(;'∀')







明日は みたまりワイン部の夏祭りのため

貸し切り営業となっております!!

ご迷惑をおかけしますが

よろしくお願いします


それでは 今日も 16時オープンでお待ちしております!!

2019-07-19 11:09:07

コメント(0)

続 新着ワイン情報!

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です



とうとう夏休み始まりましたね

ゲーマーの息子

放っておいたらいくらでも

ゲーム

という事で

今年は 自分でスケジュール管理してもらう事に

まぁ その通りにはならないとしても

自分で決めたら何とかなるはず?と

長ーーーーい夏休み

いかに ほかの物に興味を持ってもらうかの

母と子の攻防戦の幕開けです 笑




 







そして昨日の続きです

新着ワインのご案内です

昨日お伝えした ハーテンバーグの

白ワインです

シャルドネ種で作られた

エレノアーEleanorという名のワインです




 




ハーテンバーグのサイトより~

ハーテンバーグ社のシャルドネのフラグシップワインです。

エレノア シャルドネーEleanor Chardonnayは、

1948年から1977年まで

夫のモーリスと共にハーテンバーグエステイト(当時は "Montagne")を所有していました

フィンレーソン家の当主の妻の名前です

彼女は強く決然たる性格でありながら、

常に洗練され落ち着いた、素晴らしい人格の女性だったそうで

その素晴らしい女性の名前が付いたワインなんだそうです

彼女の名前以外にハーテンバーグのスーパープレミアムな

シャルドネのワインを名乗れる人が他にいる?と

書かれていました

ほうほう

飲んだらエレノアみたいになれないかな

未だ飲んでいないので なってませんが 

いつもぶれっぶれです(^▽^;)


 



ちょっと面白かったのでこちらも

調べてみました

ハーテンバーグのサイトに載っていた

お勧めメニュー~

・牡蠣

・ホタテとシャルドネのリゾットにバジルクリームソースを添えて

・ケープラインフィッシュ

・チーズなどが合うそうです

ラインフィッシュってなんだ?

魚の種類ではなくて

ラインで釣ったケープで捕れたお魚の事らしいです

釣りの事よくわからないんですが

なんか釣りのやり方みたいです(^▽^;)

タラの様な魚が多いようですね


カノンコップさん訪れた時に

ブライ(B.B.Q)で

出してもらった魚も白身の脂乗って

美味しいお魚だったな

知っていたら これもLine Fish?とかって

聞けたのにな

自分の過去のブログを除いても

名前忘れたとか書いているし

なんて役に立たない・・・



 






テクニカルデータです

生産者 ハーテンバーグ Hartenberg

原産国/地域 南アフリカ South Africa/ステレンボッシュStellenbosch

タイプ 白・辛口

主要品種 シャルドネ Chardonnay 

樽にて13か月熟成(228Lのフレンチオーク)

新樽は25% 2年目が50% 3年目が25% 全て228L

アルコール度数 13.67%

残糖 2.6g/l
 
トータルアシディティ 7.2 g/l 

pH  3.17  



受賞歴 これ以外にもいっぱい!!

2016: Prescient Chardonnay Report 2018   93points 
2016: Tim Atkin 95 points  
2016: Platter 4.5 stars
2015: Neal Martin  93 points 
2015: Prescient Chardonnay Report 2017  93 points 
2015: Tim Atkin 94 points  
2015: IWSC 2017 Silver Outstanding  
2014: 4½ stars Platters SA Wine Guide 
2014: Tim Atkin 93 points 2013:  Tim Atkin 93 points  
2013: 4½ stars Platters SA Wine Guide 2012



テイスティングコメント

柑橘類、トロピカルフルーツ、干し草、トーストしたオーク、

ブリオッシュなどの香り。

比較的豊かな酸味と果実味、

ボディのバランスが良く、味わいはリッチでほんのりクリーミー。

なめらかで上質な口あたり。

余韻も長く、ワンランク上のゴージャスでエレガントなワインに仕上がっている。

いわゆるステレンボシュらしい口あたりの良い果実味とバランスの取れたシャルドネ。

過去最高のヴィンテージで、ステレンボシュ及び南アフリカを代表する

トップ・シャルドネの1本。


あああ~飲んでみたい

来年のシャルドネディにもおいておきたい気もするし

そんな事ばっかり考えているから

在庫が増える一方なんですよね (^▽^;)

ちゃんと売ります!!

棚に並んでおります!!

もう3か月ぐらいしたら

バイザグラスでお出しできたらと思います

それまでに売り切れたらゴメンナサイ






 




という事で 今日は 昨日に引き続きハーテンバーグのワインでした!!

まだまだ続くよ新着情報


明日もお楽しみに!!











追伸!

キャサリンマーシャルさんのピノノワール塩



 


昨日まで焼き鳥で添えていたのですが

昨日お客様から素敵なヒントをいただいたので

進化してさらにお塩を楽しんでいただけるような

焼き鳥にしてお出しします!!

食べに来てみてくださいね



そして 今日は砂ずりのスパイシーとは別に

砂ずりのマリネを作ってみました

ちょっぴりスパイシーな

中国山椒と八角がほんのり香るマリネです




 



今日は ヴィルダーハースト ヴェロ ブラン 

合わせてみたいと思います!



今日も通常通り16時オープンです

沢山のお越しをお待ちしております!!











 
No South Africa Wines no life

2019-07-18 11:20:44

コメント(0)

新着ワイン書いている途中に新着到着

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


さてさて

今日は何を書きましょう~


あのワインやこのワイン

新着のワインも続々入荷しているので


新着じゃなくなる前に

ちょこっとご紹介しますね



 



今日ご紹介のワイナリー

ティーフック

Tierhoekは「豹の居る場所」という意味なんだそうです

セダバーグとの境、ピケナースクルーフの山頂 標高760mに位置する

スワートランドのワイナリーです。

冬は雨が多く 穏やかな夏の気候は

ゆっくりと葡萄の熟成が進みます







◆「ティーフックーソーヴィニヨンブラン/Tierhoek Sauvignon Blanc」
 

ロワールのスタイルのソーヴィニヨンブラン

20%の葡萄は樹齢50年以上のブッシュヴァイン

他は10年~11年の若木をブレンドしています

ステンレスで発酵後

6か月熟成

砂岩質土壌由来のミネラル感も強い

凝縮したソーヴィニヨンブラン

ミネラルとエレガントさに焦点を当てた、

フレッシュでとてもきれいなソーヴィニヨンブラン。


プラッタースコア:4つ星

 








◆「ティーフック シュナンブラン/Tierhoek Chenin Blanc」

 

畑は東向きの冷涼な斜面

1976-1977年に植樹された古木と

樹齢10年~11年の若木の葡萄を使用しています。

85%はステンレスタンクで発酵 熟成

15%はフレンチオークの古木で9か月熟成してブレンドしています

古木による素晴らしい味わいに古樽熟成によりさらに複雑さをくわえています

海の海苔の様なミネラル感と

ストーンフルーツの様な酸味の長い余韻が楽しめます

プラッタースコアは4つ星

ニールマーティン 91PT



という2種類のワインです


ここのワイナリー

ルイボスティの栽培もしているんだとか!!!

飲んでみたいなぁ~

ルイボスティなんて扱ってくれたら嬉しいなぁ~

なんて独り言です 笑



他にもたくさん写真撮ったんですが

時間が無くなってきました









最後にもう1本だけ

今日開けている

美味しいシラーをご紹介します!

老舗のプレミアム・ワインの生産者が作る

とてもエレガントなシラーです!

◆Hartenberg Shiraz ハーテンバーグ シラーズについて

書きます
 


オーガニック農業、そしてシラーズのスペシャリストである

ハーテンバーグ社のプレミアム・レンジです

これぞシラーだよね!ってうなずいてしまう

美しいシラーのお手本のような1本です

そして1本疲れることに飲めてしまう

エレガント溢れるシラーです

スパイスの香り 赤い果実の香りから 少し鉄のニュアンス

黒い果実やカシスの香りも

鼻から抜ける黒コショウの香り

味わいも細やかでこなれた

非常にきれいなタンニンを感じ

穏やかな酸味が心地いい

シラーのスペシャリストと言われるに

ふさわしい味わいの1本です


これがとても信じられない価格で入荷しています

なので

グラスで是非試してほしい

シラーってどんなワイン?

はい こんなワインですっていう

香りをいっぱい楽しんでください




下記インポーターさん情報!



 

発酵後は225Lのフレンチオークで21ヶ月熟成。

新樽30%、2年目樽40%、3年目の樽30%使用。


生産者  ハーテンバーグ/Hartenberg

原産国/地域 南アフリカ South Africa/ステレンボッシュ Stellenbosch

タイプ  赤・フルボディ

主要品種 シラー /Shiraz

アルコール度数 15%未満

容量 750ml

ヴィンテージ 2016

受賞/評価 Tim Atkin Report 2018’  2015VT:92 Point

Tim Atkin Report 2017’ 2014VT:90 Point

Syra du Monde 2019’ France  2016VT:Gold Medal

Platter 4つ星 



ハーテンバーグ Hartenberg [ ステレンボシュ地区 ]

[ 設立年度 ] 1692年

1692年設立の南アフリカを代表する老舗かつプレミアム・ワインの生産者。

敷地内の畑の高低差は標高で280mの高低差がある敷地内の土地を使い

それぞれの最適な品種を栽培している。

平均気温は年間で12-26℃年間降水量は600mm。 

ワイン作りのコンセプトは、

「他にはない、ずば抜けて高品質なワインを作ること」。

ワインは、南アフリカでも屈指のセラーマスターのカールが管理している。


彼の下に醸造責任者、栽培責任者がおり、

チームで最高のワイン作りに取り組んでいる。

南アフリカの生物多様性保護プログラム(BWI)にも参加し、

環境にも配慮した経営を行っており、また、

社会貢献活動としてPEBBLES(ペブルス:南アフリカの子供の教育支援団体(NGO))の

支援も行っている。




※ペブルスについては

過去のブログでも少し触れています

良かったこちらからどうぞ→過去のブログ 

と書いている間に










また 17箱ほどやって来た(;'∀')・・・・
 

が がんばります








今日は是非

シラー飲んでみてください!

いつも通り 16時オープンです

お待ちしております!!!

2019-07-17 12:07:19

コメント(0)

ちょっと嬉しい1日でした

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


ワインネタ満載の時にワイン以外のネタすみません

先日 商工会議所さんで

特徴のある店で表彰していただきました!




表彰式あるので来てくださいって

取材の後言われて

軽い気持ちで伺ったら

結構な方々がおいでで・・・・

よかったんだろうか

ジャケット着て来てないし

どうしようかと

焦ってしまいました(^▽^;)





表彰状には1件1件違う文言で

内容がかかれていて

ワイン興味なさそうだよねーって

おじさま方がいっぱいの中

表彰していただきました

いや

きっと中に誰か コアな

ワインラヴァーがいたに違いない!!

南アフリカワインにスポットを

当てて頂けるなんて

本当にありがたい

まだまだ 成功店とは言えないけど

南アフリカワインを楽しんでいただける空間を

もっともっと充実させたいなぁ

また 頑張ろう!って改めて感じました


そして一緒に表彰を受けに来られていたのが

UKカフェさん!

ココは間違いなく特色ある店づくりで

皆に大人気のお店

オーナーの方?もムッチャかっこよくて

UKって感じがする~って

女性でした!

ムッチャ アクティブでカッコイイ

きっとサーフィンとか

ランニングとかしてそうと

勝手に想像してました 笑


そんなこんなで

異文化の方にもちょこっと

注目していただけた嬉しい1日でした


こんな店 表彰するんじゃなかった!って

言われないように

頑張ります!

 


ちょっと今日のワイン部の連絡を

本日も通常通り16時にオープンいたします!

ご来店おまちしております(≧▽≦)

2019-07-16 09:33:10

コメント(0)

今日のバイザグラス

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

今日は 2本立てです!






さて 今日のグラスワインのお知らせです!!



 



CATHERINE MARSHALL
キャサリンマーシャルの

Sauvignon Blanc
ソーヴィニヨンブラン

Pinot Noir on Clay Soils
ピノノワール クレイソイルズ

Peter's Vision
ピーターズビジョン を開けていきます




という事で

本日のバイザグラスは

Graham Beck Brut
グラハムベック(スパークリング)

Okha Chenin Blanc
オーカ シュナンブラン
 

Wildehurst Vero Blanc
ヴィルダーハースト ヴェロホワイト

CATHERINE MARSHALL Sauvignon Blanc
キャサリンマーシャル ソーヴィニヨンブラン

Fledge&Company Klipspringer Steen
クリップスリンガ― スティーン

Okah Pinotage
オーカ ピノタージュ

Hartenberg Shiraz
ハーテンバーグ シラーズ
 

Wildehurst Vero Red
ヴィルダーハースト ヴェロレッド

Catherine Marshall Pinot Noir on Clay Soils
キャサリンマーシャル ピノノワール

Catherine Marshall Peter's Vision
キャサリンマーシャル ピーターズビジョン

の10アイテムをグラスで

お楽しみいただけます




また!

キャサリンさんの

ピノノワールで作った

ワイン塩 ピノ塩を

お楽しみいただけるメニューを考え中です
 

土曜日にそばで食べたら

無茶苦茶美味しかった!

でも 私 蕎麦は打てません

何と合わせようかな

あと少し考えます

お楽しみに~




 









 

一旦完売しましたが!!

18日に数本だけ入荷します

キャサリン マーシャルのリースリング あと1本だけあります

アンフォラは3本入荷予定ですが

1本はすでにご予約頂いて居るので

残り2本となっています


「欲しい!」ってお客様はメッセージ下さい

それでは

今日は通常通り16時オープンです

おまちしております!








 
 No South Africa Wines no life

 

2019-07-15 11:50:28

コメント(0)

キャサリンマーシャルワインメーカーズディナー その1

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

金曜日は キャサリンマーシャルさんのワインメーカーズディナーでした




いったい どうやったら 自分の時間配分がうまくいくのか

サービスのヘタッピさを痛感しながら

もう 落ち込みまくりです






いつか できるようになるんだろうか・・・と

反省は自分の中でなんとかするとして




 


キャサリンさん本当に素晴らしい女性でした

とてもフレンドリーだけど

ワインの説明はとても詳しく

そして 例えも交えて分かりやすくお話してくださいました


キャサリンさんも

ベジタリアンという事もあり 今回もベジタリアンコースでお届けしました

写真はございませんが


まずは お料理とワインのペアリングをご紹介します




1皿目

3種類のお豆のペーストとアスパラガスのローストを

ソーヴィニヨンブランに

ミントとフルーツのソースが絡まって

いい感じに寄り添ってくれたみたいです




2品目は

リースリングに合わせて

キャベツのスープの上に

3種類のスパイシーな具をトッピング

茄子の中華風マリネ

レンズ豆のカレー

ジャガイモとキャベツのスパイシー炒め

それぞれを混ぜて

リースリングと合わせて頂きました




3品目は

アンフォラを使ったシュナンブラン

コチラは白いビーフストロガヌフと

ミートローフです

コクがあるシュナンブランですが

美しい酸味とフレッシュな香りに合わすために

最後にレモンの皮を削りいれました




4品目は

ピノノワール

はて さて 何をと考えた結果

カキフライを作ることに

色々な海の要素を加えて作る

エセ・カキフライ

タルタルソースには柴漬け刻み入れて

ベリーの相性を寄り添わせてみました

あともう1歩でしたね

ピノと合う~~という感動ほどは無かった

うん まぁ 合うねって感じぐらい

もう一ひねり必要でしたね




5種類目の

ピーターズビジョンは

メルロー主体です

お豆腐とくみ上げ湯葉を包み込んだ

豆腐ステーキと牛丼です




そしてなんとピーターズビジョン

抹茶風味の「おたべ」とよく合う!!という事で

こちらは キャサリンさんお勧めで

一緒に提供させて頂きました


添えたのは

甘酒のアイスクリーム

バナナとミカンを入れて

上から ジンジャー黒糖シロップをかけて



そんなこんなお料理を提供させて頂きました

全て タイミングをうまく合わせなくて

もやもや わなわなですが

素晴らしいキャサリンさんのワインと

少人数のワイン会なので

たっぷりキャサリンさんからお話を

聞いていただけたのが

唯一良かったことに思います










次回はもっと

キャサリンさんのワインの良さを感じて頂ける

会を出来るよう成長したいです

英語も料理もサービスも

まだまだですが

少しずつでも進歩して

大切に育てられた

素晴らしい南アフリカワインの魅力を

存分に感じて頂ける

サービス力を身に着けたい


土曜日に久しぶりに

3軒ほどワインバーに伺う機会があり

それぞれのお店の

店主の素晴らしいおもてなし力と

技術力を目の当たりにして

まだまだ 修業が足りない

いや 人間性の違いだなと

色々感じながら

人間性高めるのってどうするんだろうかとか

考えながらも

間もなく 8月と11月の予定を発表します

懲りずに 楽しみに来て頂けたら嬉しいです



それぞれのワインに関してのお話も

ぼちぼちと投稿します

書かないといけない

ネタだらけです

素晴らしい南アフリカワインの

ワインの話満載で

暫くは ネタに困らない日々です(≧▽≦)

という事で今日は2本立てです!!









そして余談ですが

翌日行った ワイン倶楽部本多さんで

なんとキャサリンさんと再会


 


たこ焼きが大好きなキャサリンさん

たこ焼き用の鉄板を買っていました!!

南アフリカで空前のたこ焼きブームがやってきそうな

予感です (≧▽≦)







 
No South Africa Wines no life

2019-07-15 10:08:01

コメント(0)

今日の予定と下半期の予定など

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


昨日もお伝えしましたが

本日は キャサリンマーシャルメーカーズディナーのため

貸し切り営業となっております




 




せっせと 準備しております!!

いつもお料理の写真を撮って

ワイン会のイメージをお伝えしようと

思うのですが・・・

作るのがいっぱいいっぱいで

結局 何も撮れずです

今日は 一枚ぐらいは撮れるでしょうか


雨も夜九時過ぎからが一番降水確率高くなっているので

なんとか もってくれる事を祈っています


7月のイベントは 20日の夏祭りイベントを

残すのみとなりました

こちらも 満席となっています

8月は 暑さを吹き飛ばせスパークリングワインイベントです

普段は開けないちょっと良い南アフリカの

スパークリングワインを色々開けていこうと思っています

まだ お知らせおっついていませんが

新着のワインも続々入荷しています

そのお知らせも 急ピッチで進めますね


9月は南アフリカの生産者が沢山

来日するようで・・・

きっと南アフリカワインが ガンガン開いていく

月となりそうですね

そして 10月の第2土曜 12日は

ピノタージュデイです

こちらもイベントを予定しておりますので

11月はワイン会を予定しています

そうこうしている間に 12月

今年も まだまだ 南アフリカワイン

熱い日が続きます

一緒に楽しんでくださいね




明日 土曜日 明後日 日曜日の

13日、14日は連休となっております


15日 海の日は通常通りの

16時からの営業となっております


それでは 本日ワイン会にご参加の

皆様は19時に お待ちしております!!


2019-07-12 09:09:59

コメント(0)

昨日は投稿をすっかり忘れていました

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です





昨日はすっかり 投稿がすっ飛んでいました (^▽^;)





雨の予報の大阪ですか

今のところ 傘が必要ないくらいのお天気ですね




今日は久しぶりに伊勢の黄金地鶏の入荷です

美味しい砂ずりも入荷します

ぷりぷりのもも肉のローストに

カポナータを添えて

ワインが止まらないですね(≧▽≦)

そんな感じで今日も営業しております








そして 明日 12日

キャサリンマーシャルワインズの

キャサリンマーシャルさんをお迎えして

メーカーズディナーのため

貸し切り営業とさせて頂きます


翌日13日土曜日と

14日日曜日は連休
となります

海の日の 15日は通常通り営業いたします







キャサリンさん来日につき

SNSでもキャサリンマーシャルのワイン

沢山目にしますね

どのアイテムもとても素敵なワインです

明日 お飲み頂きますので

ご参加の皆さんは

あと少しお待ちくださいね






また 翌週からは キャサリンマーシャル来日記念で

バイザグラスでの販売もスタートしますので

もう少しお待ちくださいね






それでは 今日も16時オープンで

お待ちしています






 

No South Africa Wines no life

2019-07-11 09:54:25

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5