×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

今日のグラスワインはこんなアイテムでお出ししています

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


昨日もお伝えしていましたが

ワインリスト少し変わりました


スパークリングワインは今日も同じく

グラハムベック ロゼ ミレジム



ロゼワインは久しぶりの登場です

ポークパインリッジ ロゼ


白ワイン

フェアヴァレイ シュナンブラン

スタークコンデ フィールドブレンド

ジャーニーズエンド ソーヴィニヨンブラン


シャルドネはカーショウに変わり

クリスタルム ジ アグネス がグラスで初登場です!!


ポールクルーバー ノーブルレイトハーベスト


赤ワインは


オーカ ピノタージュ

ポークパインリッジ シラー

ポークパインリッジ カベルネ

ハーテンバーグ メルロー


という感じです

さぁ 間もなく 16時

雨で足元悪いですが

きっと ゆっくり お飲み頂けると思います


皆様のお越しをお待ちしております

 

2019-02-19 15:35:23

コメント(0)

南アフリカ共和国について

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

南アフリカワイン

もっと色々知りたいという声にお応えして

あああ~南アフリカ行きたいという気持ちを抑えるためと

自分の復習もかねて すこしずつ 解説





まずは 場所

南アフリカって何処にある!!




 

ここです↓
 

南半球に位置します

アフリカ大陸の最南端

南緯 33度です

日本では 愛媛県が 北緯33度にあたります




そして 南アフリカ共和国の首都これが

ビックリです

なんと 首都が3都市あります!!

初めてしりました!!

ずっと ヨハネスブルグと思っていたら

ヨハネスブルグは最大の都市であり 首都ではなかった (^▽^;)

まだまだ 知らないことがいっぱい・・・


で 首都です

南アフリカ共和国の首都は

行政をプレトリア Pretoria (アフリカーンス・英語)、

立法府をケープタウン Cape Town(英語) Kaapstad (アフリカーンス) Ikapa(コサ語)

司法府をブルームフォンテーン Bloenfontein (アフリカーンス・英語)3つに分散されています

知らなかった

習ったんだろうか

いや 覚えてない

休んでたんだろうか どこを

って頭がぐるぐるです

各国の大使館がプレトリアに置かれているので一応代表として プレトリアが首都とされているようです


 


さっきから ちょろちょろ出てきているので

次は言語について書きます

言語は 英語を含め11言語が公用語です

南アフリカに住むと 11言語と身近に触れ合う事が出来るという事

日本では考えられないですよね

英語 アフリカーンス語 ズールー語

南ンデべレ語 北ソト語 ソト語 スワジ語

ツォンガ語 ツワナ語 ヴェンダ語 コサ語の11言語が公用語です

因みに インドは19言語あるようです さらに上をいくんですね (^▽^;)




南アフリカの言語で英語の次によく耳にするのが

アフリカーンス語ではないでしょうか?

オランダの植民地だった頃にオランダ語を基礎に、

ヨーロッパ移民の話すフランス語、

ドイツ語、ポルトガル語などなどの欧州語に、

現地の先住民が話すバントゥー諸語、

コイサン諸語、更には奴隷として連れて来られた

東南アジア系のマレー語が融合してできた言語なんだそうで

歴史と共に産まれた言語なイメージですね


例えば南アフリカ共和国を

英語 Englishですと:Republic of South Africa

アフリカーンス語 Afrikaans: Republiek van Suid-Afrika

ズールー語 Zulu: IRiphabliki yaseNingizimu Afrika

南ンデベレ語 South Ndebele: IRiphabliki yeSewula Afrika

北ソト語 Sesotho sa Leboa: Rephaboliki ya Afrika-Borwa

ソト語 Sotho or Sesotho: Rephaboliki ya Afrika Borwa

スワジ語 siSwati: IRiphabhulikhi yeNingizimu Afrika

ツォンガ語 Xisonga: Riphabliki ra Afrika Dzonga

ツワナ語 Setswana: Rephaboliki ya Aforika Borwa

ヴェンダ語 Tshivenda: Riphabu?iki ya Afurika Tshipembe

コサ語 Xhosa: IRiphabliki yaseMzantsi Afrika

となります!











時差は 日本の7時間遅れです

日本が夕方の16時に

南アフリカは朝の9時といった感じです

という事で 息子が南アフリカに行ったときは

かなり時差ボケになったみたいで

いつも 夕方16時(日本時間の23時)ごろには眠気に耐え切れなくなるようで

爆睡 夕食が食べれないことが多々

ありがたいことに

ホテルに戻って 寝かしても

向こうの夜にも順応し

朝までぐっすり 何時間寝てるというくらい寝ていました 笑




そして お客様と話していてよく聞かれるのが

葡萄が育つのに適した場所なのですか?という事

南アフリカは先ほどの地図の通り

アフリカ大陸の最南端にあります

太平洋と インド洋に面しています

寒流と暖流で 塩分濃度も微妙に違う層です

海岸線は2500キロメートルにも及びます

北から南までは3000キロメートル

海岸部以外に平野は少なく 2000m級の山脈があれば

フランスのピレネー山脈の様な感じで

さらに砂漠地帯もあれば オーストラリアの様な低木地もあり

マレイシアの様な熱帯の地域もあるといったような

言語と同じく

多種多様な地形を持つ地域が南アフリカ共和国なのです





気候 ほとんどのワインが栽培される

西ケープ州は

フェンボスという植物が広がっていて

年間を通じて晴天の日が多く

気候は比較的温暖です

南半球なので

夏は 10月から3月

冬は 5月から8月となり

日本とは反対です

という事で

2月は南アフリカでは夏から秋にかけて

そろそろ 収穫が始まっていて

各ワイナリーさんのツイッターでも

今日収穫しました!!なんて情報を見かける季節なんです(*^^*)








南アフリカには8つの世界遺産があります

そのうち3つは自然遺産となっています

イシマンガリン湿地公園

ケープ植物区保護地域軍

フレデフォート・ドームです




そして 過去に書いた

西ケープ州についてを読んでいただけると

さらに 詳しく 南アフリカのワイン産地について

知って頂けると思います

http://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/538




日本の外務省のサイトにも南アフリカ共和国について詳しく載っています

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/s_africa/data.html



今回のブログを書くにあたって

資料は  南アフリカワインスペシャリストの試験の時に購入した

南アフリカワイン検定 公式テキストブック 南アフリカワインのすべて 田辺 由美著

Wikipedia とセミナーでの資料から抜粋し書いています






次回は葡萄品種について書いてみたいと思います。

南アフリカワイン産地について エルギンに関してはもう少し掘り下げられそうなので

こちらも書いてみたいと思います

でも まだまだ 知らないことがいっぱいで

知りたい事もいっぱい

もっと 色んな生産者の方のセミナーやお話を聞く機会を作って

南アフリカの知識を深められたらと思っています

プラッターの巻末にも 現在の南アフリカの情報が載っているので

そちらもお伝えして さらに補足できればと思っています








 

2019-02-19 10:57:28

コメント(0)

月曜日の営業

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

昨日はお休みをいただいて

サーカスを見に行ってきました

子供のころ 見たそうなのでが全く覚えていないので

息子と二人 ほぼ初体験です




ピエロやジャグリング そして空中ブランコ

目をキラキラ 楽しそうでしたが

ゲームの方が面白いと最後に一言・・・・( ;∀;)

ゲームに勝る楽しさを教えたい!!!

母と子の「楽しい探しの旅」は長くなりそうです  笑







さて 今日は月曜日

ワインほんの少しアイテムが変わっています






そして

3月の飲み比べ激しく迷っています

来週の月曜日には発表しますね


また、今週末 23日の土曜日は

ワイン会のため

貸し切り営業となります

さて どんなアプローチで南アフリカワインの

素晴らしさを知って頂こうかと

ワクワクしています

勿論 今日ご来店のお客様にも♡



お料理は

アワが入ったお餅をピザ風にしてお出しします

キッシュは 群馬県産ちぢみホウレン草で

赤ワインには

レンコンのステーキもご用意しました

今日も16時オープンでお待ちしております。

追伸 先日から

南アフリカツアーが始まっています

もう 楽しそうで 楽しそうで♡

私も行きたい~と うらやましく眺めていますが

うらやましがっていてもしょうがないので

復讐じゃない 復習のほうを兼ねて 笑

南アフリカをまとめています

今まで書いたものも 書き足したり 訂正しながら

南アフリカのページをより充実したものに出来るよう頑張ります!!

そして 戻られて 美味しいワインの報告があるのを

首を長くして

棚を空けてお待ちしてます

2019-02-18 14:46:51

コメント(0)

新着情報です

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


朝から また新しいワインが仲間入りです


 



ここのところ

5000円前後のワインのご紹介が続いていました

どれも とても素敵だけど

毎日飲むには ちょっと

家計を預かる主婦はそうそう 5000円のワインを

開けるわけにはいかないですよね

そんな私たちに朗報です (≧▽≦)





 1000円前後のワインのラインナップに

久しぶりに3アイテムが仲間入りです♪

マーレマグナム社のワインです



世の中には高価で素晴らしいワインは勿論沢山あって

色んな人々に感動を与えていますが

現実 一番必要とされているのは

手に取りやすい価格で そして 高品質なワインだと

彼らは言っています



本当にそこ大切なんです

毎日 感動できるワインを飲みたいけれど

現実問題 それは少し難しい

毎日 手の届く ささやかな幸せも大切ですよね



そんな お手頃でいて美味しいワインを造るべく

世界中を飛び回り

色んな 国で 高品質なお手頃ワインを

イタリアを中心にして 世界中で造っています

今回取り扱うのは

その中の 勿論 南アフリカで作られたワイン3種




これなら 毎日OK?

1000円を切るなんと税込み880円

お得ワイン 2種類 赤ワインと白ワイン

白は シュナンブランとソーヴィニヨンブランのブレンドになります

すっきり綺麗な酸味が生き生きと感じられる1本です




ウンバラ シュナンブラン ソーヴィニヨンブラン







そして 赤ワインは

カベルネソーヴィニヨンとシラー ピノタージュのブレンドになります

ジューシーで果実味に溢れていてスパイシーな香りも心地よい1本です

どちらも 日本の食卓でもかなり活躍してくれそうです



ウンバラ カベルネソービニヨン シラーズ ピノタージュ









そしてラストは1000円ちょい出る(税込み1120円)しっかり者の赤ワインです

葡萄品種は 同じく カベルネソーヴィニヨンとシラーとピノタージュなのですが

カカオや黒いベリーの香りなどより複雑に深さと凝縮感のある味わいで

余韻も長く楽しめます




ウンバラ グランド レゼルヴ






以上3種類

ケープハイツやオーカと同じように人気者になれるでしょうか~♪


3月はグラスワインで登場させますので

是非 味見しに来てくださいね(≧▽≦)






さて 今日はご予約は1組だけ

ゆったりお過ごしいただけそうです (^▽^;)

16時オープンで

美味しい南アフリカワインと一緒にお待ちしております

2019-02-16 14:11:35

コメント(0)

お知らせ3つ!

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です




昨日はすっかり ブログを書くのを忘れていました



ワイナート掲載記念のワインのお知らせや

サクラアワードの受賞ワインの発表など

わお~な出来事が盛りだくさんの1日となったHAPPYな1日でした



さて 整理しますと

昨日 2月14日に

サクラアワードにて受賞ワインの発表がありました

サクラアワードのページ

その中で 南アフリカワインの受賞はこちら ココ

ダブルゴールド受賞のワインに

ハーテンバーグ カベルネソーヴィニヨンがあり

嬉しくなって

早速 サクラアワードダブルゴールド受賞おめでとう

という事で

グラスワインとして登場しています♪


是非 この機会にお試しください

他の受賞ワインも色々入荷予定です

お楽しみに

既にあるものもあるので

また 整理してお知らせします







そして

来月号のワイナートはなんと

南アフリカワイン特集です!!


そこに 掲載されるワインが分かってきました

その中の何アイテムかを

インポーターさんのご厚意で

6本から 全国送料無料

さらに!!

その号のワイナートもプレゼントしていただけるとか

HP作ろうと思ったんですが

6アイテムを選択して

合計というページが作れないようなので

エクセルで発注していただけるようにしてみました ( ;∀;)

ちゃんと 数式も入れて バッチリのはずです!




発注希望のメッセージを頂いたお客様に

お送りさせて頂きますね







さて 今日はニラカルボナーラの副産物

白身がかなりあるので (^▽^;)

白身消費メニューとなっております

キノコと鶏のふわふわスープ

アボカドと鶏のふわふわ焼きなど

ふわふわした食べ物を色々ご用意しております

今日も 16時オープンでお待ちしております



 



2月のお休み

 3日(日)
10日(日)
17日(日)
24日(日)


■23日はワイン会のご予約が入っており貸し切り営業となります



■そして最終週からは

そろそろ春が待ち遠しい

桃の節句も近いので ロゼワインや

春野菜にピッタリのソーヴィニヨンブランを色々と開けていく

予定です♪


のみくらべは何にしようかなぁ

そちらもお楽しみに(≧▽≦)
 

2019-02-15 14:54:57

コメント(0)

気長にお読みくださいね スピオンコップについて

一通りインスタグラムに先日出したワインをご紹介したので

今度はブログで新着ワインをご紹介します!

携帯はいまだになれず

長文はキーボードでなくては打てないので (^▽^;)

はい おばさんです ( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)



気を取り直してまずは


先日の試飲会でリースリングを開けた

スピオンコップ Spioenkop について書こうと思います








スピオンコップを調べてみると・・・・

凄く歴史と絡んでいることが判明!しました

歴史が苦手なのでこれは 一筋縄ではいかない予感が

的中です はい これ書くのに 3日を要しています (^▽^;)






ボーア戦争と深いつながりがある事がわかりました

スピオンコップがある場所は

エルギンからはるか遠く約1400Km離れています 
 


ボーア戦争は一言では語れない・・・

歴史に疎い私は 必死でググリ

ウキペディアに幾度となく助けてもらい

読んでいる間に

本を読みたくなり アマゾンでポチっとしてしまいました(^▽^;)

これは また後日感想を書くとして

スピオンコップのサイトにも

ちゃんと

スピオンコップの戦いについて書かれていました





古戦場を巡るツアーなんてのも現地にはあるみたいです

行きたい!!!



日本で出ている本はどちらかというと

イギリス目線で書かれている本で

やっぱり 南アフリカ目線の本が読みたいですが

英語なんだよね (^▽^;) 

躊躇しています・・・







ざっくりとかなりですが

ボーア戦争について説明しますと

間違えてたら 教えてくださいね



イギリスと、先に南アフリカに住んでいたオランダ人との戦いです

南アフリカを植民地化し 地下資源を我が物にしようとした戦い

1次と2次があります

一度目は オランダが勝利しますが

第2次は イギリスが勝利します

ただその勝利かなりの犠牲者をだしています

タラナヒル talana hillや

シュトルムベルグstormbergの戦いや

スピオンコップの戦い

ツゲラ (Tugela) 川の周辺で行われたものなどがあります

多数の犠牲者を出しつつも

イギリス軍は兵を増員し

じりじりオランダ軍を追い詰めていきます

そして終戦を迎えるように見えたのですが



オランダ軍はついには

ゲリラ戦に持ち込み

戦いを続けるのです

収容所ではアフリカーンスの女性や子供 老人が

12万人とも16万人ともいわれている人数収容され

2万人が病気や栄養失調で死亡しています



ダイヤモンドが引き起こした戦争

読めば読むほど無意味な戦争にしか思えないのですが



欲の為にこれほどの人数が死ななければいけない意味が分からない・・・

イギリス人も オランダ人も沢山の犠牲を出しています





因みに ボーア戦争のボーア(Boer War)アフリカーンスではAnglo-Boereoorloëといいます

このBoerはオランダ系アフリカーナという意味からきています




スピオンコップの戦いについて、気になる方は こちらをご覧ください→スピオンコップのサイト

でやっとワインのお話し(^▽^;)





Spioenkop スピオンコップは先ほども述べましたが

本当のスピオンコップからはかなり離れた

Elgin エルギンにあります








南アフリカ エルギン地区 エルギンヴァレーの麓に位置する

カルト的人気のワイナリーです。





とても仕入れるのを楽しみにしてきたワインの1つです。






オーナー兼醸造 家のクン・ルース氏は、

母国ベルギーでエンジニアとして活躍した後、

なんとソムリエへ転身します

ワインのトレーダー として南アフリカワインを

欧州で販売していた縁で、

南アフリカ人醸造家のフランソワ・ノード
(L’Avenirを有 名にした偉大な醸造家、ピノタージュの名手)に出会あいます。

ここのピノタージュ本当に美味しいです

今まで飲んだほかの物とかなり違う

熟成したピノがこんなにも美味しいのか!

飲んでいる私とワインが融合しちゃいそうにたまらなく

エレガントでそれでいて余韻が長い

ずっと夢見心地のワインです

今在庫の物で 2005年

14年熟成していますが

まだ美味しく熟成するはず

今年もピノタージュの日に開けるのが

楽しみでならない1本です。






で スピンコップに戻ります






そのフランソワ・ノードの勧めで

ワイン造りの道へと足を踏み入れてしまいます

トレーダーの仕事は友人に任せて

南アフリカに渡り、ラヴェニール(L’Avenir)と

Tokara(トカラ)で研鑽を積みます。

フランスはブルゴーニュのワイナリーでも経験を積み、

2005年に自身のワイナリーをエルギンに設立します。







設立から5年を経て2010年にやっと

初ヴィンテージをリリース✰✰✰






当初は、エルギンの冷涼な気候と

土壌に合ったソーヴィニヨンブ ランや

ピノ・ノワールを植えていたのですが、

当時、エルギンの常識では考えられなかったシュナンブランと

ピノタ ージュを植樹したことで大きな話題になります!!!



で そのピノタージュを仕入れたつもりが

ステレンボッシュで作っているほうの

ピノタージュを仕入れてしまうという失態 (^▽^;)

でも このピノタージュも美味しいので

結果 よかったという事で!?(≧▽≦)





奇想天外な発想の彼は「変わり者のクン」と呼ばれているそうです





類まれな才能と情熱を

世界屈指のテロワールであるエルギンに注ぎ、

造り上げるワインは短時間で世界レベルに

達していて注目を浴びています。



度々私もブログで書く英国人(MW)マスターオブワインで

ワインジャーナリストのティム・アトキン氏も、

このスピオンコップによく訪れているのだとか 私も訪れたい・・・・



 

クンはブルゴーニュ時代に学んだ

「母なる大地は尊ばれるべきである
(Mother Nature needs to be respected.)」という言葉に忠実に、

ぶどう畑こそがすべてであり、

育った果実を素直にワインに仕上げることを

ワイン造りのモットーにしているのだそうです。








彼の師であり英雄であるフランソワ・ノードと、

マイルズ・モソップ

(L’Avenir、Tokaraの元醸造責任者)の下で

学んだワイン造りが基盤となっているのだそうで

2か所ともとても素晴らしく素敵なワイナリーなので

即ここのワインも良いに決まっている!!

私生活の変態はちょっとお断りだけど 笑

物造りの変態は最高に素敵なものを作り出すという

セオリーにのっとりとっても入荷を楽しみにしていました


彼の変態ぶり いえ こだわりぶりは

畑にも現れています

畑の広さは全体で46ヘクタールであるものの、

ブドウが造られる区画は日当たりや水はけ考え、

なんと、僅か12haにとどめているのだとか

やだ変態



標高は300メートルの斜面

有機栽培

勿論手摘み収穫。

などなど こだわりは随所に

 
で、当店が仕入れたアイテムがこちら











 

クイーン マンタティッシ 2016

産    地 南アフリカ エルギン地区
タ イ プ 白 辛口
葡萄品種:ソーヴィニヨンブラン 92%、シュナンブラン 8%  
土壌・畑:ゴツゴツした礫岩(フェリクリート)土壌、急斜面の畑。 
醸造:18㎏の小箱で手摘み収穫収穫後は10℃の冷暗所に一晩置いて休ませます。
厳しく選別した後、除梗・ 破砕。4時間のスキンコンタクト後、
バスケットプレスで穏やかに圧搾します。
天然酵母で発酵。発酵と熟成に はステンレスタンクと木樽を両方仕様しています。
ソーヴィニヨンブランの20%は、木樽で澱と共に9カ月間熟成。

醸造は天然酵母のみ使用、全てノンフィルター・ノンファイニングです。 

ワインの方の「クイーン・マンタティッシ」は、
南アフリカの偉大な歴史を祝福し、
南アフリカの人々に敬意を表して造り上げた
特別なキュヴェなんだそうです。 
下記で書いている
サラ・ラール(シュナンブラン)の樽をブレンドしています。
4,800本限定のワインです。


この名前もボーア戦争で活躍した女性の一人です

■クイーン・マンタティッシ(Queen Manthatisi) 
1820年代に優れた戦術と統率力で名を馳せた、
バトロクワ族(Batlokwa tribe)の伝説の女王の名前です。
オレンジ自由州東部の町ハリスミスを中心に、
南トランスバール、レソト、ボツワナまでを統治しました。









 
  
サラ・ラール 2017  

タ  イ  プ:白・辛口  
品     種:シュナンブラン 100%  
土壌・畑:ゴツゴツした礫岩(フェリクリート)土壌で、
西向き斜面、段地の畑。 
醸造:樹齢10年。
18㎏の小箱で手摘み収穫。
収穫後は10℃の冷暗所に一晩置いて休ませます。
厳しく選別した 後、除梗・破砕。
4時間のスキンコンタクト後、バスケットプレスで穏やかに圧搾。
ステンレスタンクで天然発 酵、9カ月間澱と共に寝かせた後、
フレンチオークの古樽に移して3カ月熟成。2,000本限定。  
受賞歴:プラッターズ2019  5ツ星、ティム・アトキンMW 2017 95点(2016VTG) 
5年程度の熟成のポテンシャルがあります。 

■サラ・ラール(Sarah Raal)  ボーア戦争で女戦士として戦った勇敢なアフリカーナーの女性。
当時の様子を描いた回顧録
“The lady who fought: a young woman’s account of the Anglo-Boer war”は、
イギリス軍を痛烈に批判し、物議を醸しました。  





 

リースリング 2016 


タイプ:白・辛口 
品種:リースリング100% 
土壌・畑:紅土の礫岩土壌(フェリクリート)。
標高300m、西~南東向きの畑。 
醸造:樹齢8年。
18㎏の小箱で手摘み収穫。
収穫後は厳しく選別し、冷暗所に一晩置いて休ませます。
除梗後スキ ンコンタクトはせず、
すぐにバスケットプレスで穏やかに圧搾。
搾汁後は1日落ち着かせてから、
野生酵母にて13 ~17℃で1カ月間、
低温発酵させます。
すべてをステンレスタンクで行い、
18カ月の熟成期間を経てリリースしています。 
アルコール度数:12.5% 
受賞歴:ティム・アトキンMW 2017 95点、
6大陸ワインチャレンジ ダブルゴールド(2015 VTG)
「2016年の収穫時期はとても暑く、乾燥していました。
私が造るリースリングは辛口な飲み口としっかりとした骨格が特徴です。
口の中で砕いた石や砂のようなアーシーなミネラル感と、香り同様にオイリーな風味が広がり、
長い余韻を楽しむことができます。」とのこと
10~20年の熟成のポテンシャルがあります。






ピノタージュ 2017 


こちらは画像なし・・・
この写真を撮った時はまだ届いていなかったという・・・・(^▽^;)

タイプ:赤・ミディアムボディ  
品種:ピノタージュ 100% 
土壌・畑:頁岩土壌、粘土質土壌。
標高180mの南西向きの畑 
醸造:樹齢7年のブッシュヴァイン。
18㎏の小箱で手摘み収穫。収穫後は厳しく選別し、
8℃の冷暗所で一晩休ませます。
除梗・破砕後、野生酵母を使用し、
5日間の低温マセレーション。発酵の進み具合を見ながら、
バスケット プレスでゆっくりと圧搾。一部の樽でMLFを施しています。
フレンチオーク樽で10カ月熟成(新樽比率40%)無 濾過、澱引きをせずに仕上げられています。
アルコール度数:13.5% 
受賞歴:ティム・アトキンMW 2017 94点(2016VTG) 
官能的な味わいのピノタージュです。  



醸造家クンは、深い情熱を注ぐ南アフリカ土着品種のピノタージュについて、

下記のように語っています。 

「ピノタージュはピノ・ノワールとサンソーの交配種。
その遺伝子の7割はブルゴーニュのピノ・ノワールが占めており、
とてもエレガントなブドウです。
残り3割のローヌのサンソーは深い色調やスパイス感、
ボディにふくよ かさを与えています。
遺伝的な観点からも、本来ピノタージュは
ピノ・ノワールによく似た性質を持っており、
西 ケープ州の中でもクールクライメイトを誇る
エルギンが最適な環境だと言えるでしょう。
エルギンの中でも標高が あり、適度な日照量と風が吹き、
粘土質土壌の傾斜のある畑でピノタージュを育てれば、
ピノ・ノワールのように 圧倒的な芳香を放ち、
美しいまでの官能的な味わいを引き出すことができるのです。
私が求めているピノタージュは、完璧なバランスを備えた新次元のピノタージュです。
酸とタンニンのバランスは気候によって大きく左右されますが、
知識と洞察力、そして経験があれば、
ブドウをコントロールすることができるのです。
だから、私は偉大 なワインは頭脳で作られると信じています。」






さらに果実味に富んだピノタージュ

そう 私が間違えてし入れてしまった方のピノタージュ



 

1900 ピノタージュ 2017 

原産国・地域:南アフリカ・ステレンボッシュ (ボッテラリーヒルズ) 
タイプ:赤・ミディアムボディ  
品種:ピノタージュ 100% 
土壌・畑:砂岩土壌、標高300m、西向きの畑。 
醸造:樹齢18年。18㎏の小箱で手摘み収穫。
3℃の冷暗所に一晩置いてから除梗。発酵槽で6日間の低温マセレー ション。
発酵の進み具合を見ながら、浸漬していた果皮をバスケットプレスでゆっくりとプレス。
一部の樽でMLF を施しています。
フレンチオークの古樽で11カ月熟成(新樽比率33%)。
無濾過、澱引きをせずに仕上げられてい ます。   
アルコール度数:14% 
受賞歴:ティム・アトキンMW 2017 94点(2016VTG) 


などを取り揃えています

何人のお客様がこのワインの虜になってくれるのか

楽しみなワインです

南アフリカの歴史と共に長く、大切に取り扱いしたいワインです  



ながながと書いたにも関わらず

最後までお読みいただいてありがとうございます!


それでは今日も 16時にお会いしましょうね

お待ちしております。


 
 

2019-02-13 12:04:22

コメント(0)

今日はこんな感じで♪

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

只今 南アフリカワイン新着のブログを書いていますが

これまた 一筋縄ではいかず

今日のお昼には間に合いませんでした

取り急ぎ 今日の営業のお知らせを先にお伝えします

昨日から 始まっている

バレンタインプレートは

彩誉という岸和田の人参を中心に使った

お料理となっています

●彩誉(あやほまれ)のスープ

玉ねぎも使っていない

人参そのもののスープです



●彩誉のムース





 



口に入れたとたんにすーーーーと

とろけていく感じが心地いいです

彩誉人参の自然な甘さが口いっぱいに広がります


●彩誉人参のラペ

程よい食感と酸味が心地いい1品です

金柑のマリネと共にお出しします

最後は

●彩誉のロースト

フライパンでじっくり焼き上げた彩誉

香ばしくて濃厚な甘さで

さつま芋の様な食感です

バルサミコ酢と絡めて

赤ワインにもよく合います♪

そんな4種類の彩誉のお料理と

キッシュ(今日は蕪と菜の花)

ニラのカルボナーラ

サラダ の中から 5種類をお選びいただいて

ワインプレートにしてお出ししています


そして バレンタインプレートをご注文のお客様には

チョコレート3種も一緒についてきます

是非 お試しくださいね


因みにバレンタインプレートは14日までです

プレートではなく 単品でもお楽しみいただけます


それでは 16時オープンでお待ちしております



 



2月のお休み

 3日(日)
10日(日)
17日(日)
24日(日)



 

2019-02-12 14:22:39

コメント(0)

今日からヴァレンタインウィークスタートです!!

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

昨日はお休みをいただいて

ずっと 帳面整理 ( ;∀;)

7時間ぶっ通しで格闘するも終わらず

持ち越しています・・・(T_T)

思いっきり 南アフリカワインだけに打ち込めるその日まで

頑張ります!!


さて 今日はひとまず帳面は置いておいて(逃避とも言う)

今日から ヴァレンタインプレートをお出しします

ヴァレンタインプレートって

ただ ただ ヴァレンタインにのっかただけですが 笑

メインは美味しい彩誉 ニンジンです!!



 


岸和田の無農薬栽培で育った

あま~いニンジンを

ムースにして

ラペにして

そして

ローストして

はたまた スープにしてお召し上がりください

サラダには

丹波の畑で育ったこちらも勿論無農薬ラブリーキャロットと

もう一つが・・・忘れた

という 3種類のニンジンをお楽しみいただきます

キッシュは只今悩み中ですが

蕪を使おうかな♪

そして 土曜日購入の本に載っていた

ニラのカルボナーラとやらを早速登場させます♪

勿論 チョコレートがプレートには付いています

赤ワインととてもよく合うんですよ

是非 お試しくださいね(≧▽≦)


本日のワインリストは

先週からお伝えしていた
 

ポールクルーバー ノーブルレイトハーベスト リースリングを筆頭に



 
 

グラハムベック ロゼ ミレジム

デモーゲンゾン ヴィンヤーズセレクション ロゼ

オーカ シュナンブラン

スタークコンデ フィールドブレンド

ジャーニーズエンド ザ ウエザーステーション

リチャードカーショウ クローナルセレクション シャルドネ


オーカ ピノタージュ

グレネリー グラスコレクション カベルネフラン

キャロルボーイズ スケッチブック メルロー

キャロルボーイズ スケッチブック カベルネソーヴィニヨン

の10種類をグラスでご用意しています


 





キャロルボーイズのワイン素敵でしょう


 

見た目もですが

味も勿論 ◎です

プレゼントにもピッタリですよね

是非 飲んでみてくださいね



そして さらっと書いてますが

カーショウのシャルドネがグラスで飲めます!!

無茶苦茶 評判良いです

皆さん 1杯では止まらないご様子 (≧▽≦)

ゆっくり ゆっくり お召し上がりください

どんどん 香りが開いていきますよ~


という事で 今日も選りすぐりの南アフリカワインと

美味しい野菜たちと共に16時オープンでお待ちしております






昨年は2月に

南アフリカを訪れました

今年は参加できないので

日本から 南アフリカワインLOVEパワーを炸裂させます!!

きっと 新しいワインとの出会いがいっぱい待っているんだろうな

今回はお留守番しながら 新着情報をお待ちしております

参加される皆さん楽しんできていくださいね

さて 南アフリカワイン

何からお届けしましょうか・・・・

そちらもお楽しみに



 


2月のお休み

 3日(日)
10日(日)
17日(日)
24日(日)



 


■11日からはバレンタインイベント開始

南アフリカのノーブルレイトハーベストを

代表すると言っても過言ではない

ポールクルーバーのリースリングをお出しします



また、南アフリカから2740キロに位置する

マダガスカルのチョコレートなど色々ご用意しています

赤ワインにもとってもよく合いますよ(≧▽≦)


■23日はワイン会のご予約が入っており貸し切り営業となります



■そして最終週からは

そろそろ春が待ち遠しい

桃の節句も近いので ロゼワインや

春野菜にピッタリのソーヴィニヨンブランを色々と開けていく

予定です♪


と、2月も色んな南アフリカワインをお楽しみいただこうと考えています

紹介しても 紹介しても

紹介しきれていない 南アフリカワインの魅力

少しでも 沢山お知らせできるように頑張ります!




あと サクラアワードの結果発表が来月にはあるので

南アフリカワインが沢山受賞してくれた

サクラフェア―も大々的にと考えています

春に向けてお楽しみがいっぱいです

今しばらくお待ちくださいね
 

2019-02-11 11:02:59

コメント(0)

昨日からのワイン

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

またしても こんな時間になってしまいました

今日はぎりぎり ブログ更新しています

昨日から変更している

グラスワインのメニューです

スパークリングは 引き続き

グラハムベック

ロゼワインのそのまま

カノンコップロゼ

白ワインは久しぶりの登場です

オーカ シュナンブラン

ラーツ シュナンブランは最後のボトルになってしまいました

無くなり次第 ロングリッジに変更です

先日の試飲会でも高評価だった3アイテムが

グラスで登場

スタークコンデ フィールドブレンド

ジャーニーズエンド ザ ウエザーステーション

リチャードカーショウ クローナルセレクション シャルドネ

赤ワインは

オーカ ピノタージュ

ゴーツ・ド・ローム

グレネリー グラスコレクション メルロー

ラステンバーグ ジョンエックスメリマン

となっています

ジョンエックスメリマン凄くいい赤ワインです

とてもクラシックなエレガントな味わいです

ラーツ シュナンブラン

ウォータークルーフ シリアスリークール サンソー

は 2/16 頃入荷予定です。

今日は 白菜と鶏肉の中華風クリーム煮をお作りしています

実は今から作りますが (^▽^;)

これは スタークコンデやカーショウの白ワインと

抜群に合いますよ♪

新作砂ずりニラ炒めも好評です

コチラは 赤に◎

今日も 16時オープンでお待ちしております



 




2月のお休み

 3日(日)
10日(日)
17日(日)
24日(日)



 


■11日からはバレンタインイベント開始

南アフリカのノーブルレイトハーベストを

代表すると言っても過言ではない

ポールクルーバーのリースリングをお出しします



また、南アフリカから2740キロに位置する

マダガスカルのチョコレートなど色々ご用意しています

赤ワインにもとってもよく合いますよ(≧▽≦)


■23日はワイン会のご予約が入っており貸し切り営業となります



■そして最終週からは

そろそろ春が待ち遠しい

桃の節句も近いので ロゼワインや

春野菜にピッタリのソーヴィニヨンブランを色々と開けていく

予定です♪


と、2月も色んな南アフリカワインをお楽しみいただこうと考えています

紹介しても 紹介しても

紹介しきれていない 南アフリカワインの魅力

少しでも 沢山お知らせできるように

来月も頑張ります!


あと サクラアワードの結果発表が来月にはあるので

南アフリカワインが沢山受賞してくれた

サクラフェア―も大々的にと考えています

春に向けてお楽しみがいっぱいです

今しばらくお待ちくださいね


今日も新しい南アフリカワインリスト&チョコチョコおつまみを

色々とご用意しております。




 

2019-02-09 15:26:59

コメント(0)

取り急ぎご連絡!

こんにちは!

みたまり酒店です

今日はブログが書けませんが

ワインのアイテム少々変わります

お料理は

グラタンはキノコたっぷり

今日のキッシュは春を先取り

菜の花のキッシュをご用意しています

16時オープンです♪

おまちしております(≧▽≦)

2019-02-08 14:44:33

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5