×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◆南アフリカワイン

◆南アフリカワイン

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

今日からヌーヴォの登場です!!

  こんにちは!

  南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です。

  お伝えできていなかった 入荷情報です

  ヌーヴォ!!入荷です




 

 



  ? 11月じゃなかった?とお思いですよね

  南アフリカでは北半球と四季が逆

  2~3月に収穫した葡萄が既にワインになって出荷されるんです

  北半球より半年早く飲めるんです!!

  その名もCape Nouveau ケープヌーヴォ


  昨年とラベルも一新

  可愛いですよね(≧▽≦)

  昨年までは大阪のおばちゃんワインで売っていたのですが

  今年からはそうれは通用しないですね 笑


 

因みにこちらが昨年までのラベル♪
  
  KWVが作っているワインです



 
  ◆KWV Cape Nouveau red 2019 
    KWVケープヌーヴォ 赤
 


  赤は 南アフリカ産 ピノタージュ100%です

  ラベルには レッドブレンドとなっていますが

  これは 西ケープ州の色んな地域のピノタージュを

  ブレンドして使っているからです


  ◆産  地: 南アフリカ 西ケープ州/South Africa Western Cape

  ◆品  種: ピノタージュ 100% Pinotage

  ◆タ イ プ : 赤ワイン ミディアムボディ

  ◆ヴィンテージ: 2019

  ◆アルコール度数: 14%

  ◆味わい

  レッドチェリーや黒スグリの果実味豊かな香り

  滑らかなタンニン

  少し低めの温度で提供させて頂きます

  初夏にぴったりな 飲みやすい1本です







 
◆KWV Cape Nouveau white 2019

ケープヌーヴォ ホワイト



   ◆産地 南アフリカ 西ケープ州/South Africa Western Cape

   ◆葡萄品種 シュナンブラン 100% Chenin Blanc

   ◆ワインのタイプ 白ワイン やや辛口

  ◆ヴィンテージ 2019

  ◆アルコール度数 13%

  ◆味わい

   トロピカルフルーツ 洋梨 パイナップルと 南国の香りたっぷり

   イキイキとしたフレッシュな酸 スッキリとした辛口の白ワインです

   こちらはしっかりと冷やして


 





  どちらも 新酒ならではの生き生きとした味わいです

  今日から ワイン部でもお出しします!!


  そして 昨年のボジョレーヌーヴォーも参戦です

  既に ヌーヴォとは言えないですが (^▽^;)

  飲み比べして頂けます


  という事で

  赤白各種 グラス 350円です

  紅白飲み比べ 650円

  ヌーヴォセット 980円です

  ボトル飲みは 1680円です

  お持ち帰り価格は更にお得に 税込み 980円!!

  是非お試しください!!







  16時オープンでおまちしております♪







 
No South Africa Wines no life

2019-06-18 10:49:57

コメント(0)

新製品続々入荷です!!

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


もう無理です!!

セラーが大変なことになっています





昨日も入荷すること十数ケース

南アフリカワインがどっさり到着しています



本当は シュナンブランディの続きを

お知らせしていきたいところですが

今日は 入荷したてのワインを

ザクッとご紹介です

ここに詳しくご案内しますが

取り急ぎ

こんなの入ったよ!という事で




商品名のみのご紹介です

写真も雑いですがお許しを!!


 


◆ヴィルダーハースト・ヴェロ・ブラン

品種:コロンバール/ヴィオニエ/シュナンブラン
白 スワートランド

◆ヴィルダーハースト・ヴェロ・レッド
品種:グルナッシュ シラーズ ヴィオニエ
赤 スワートランド

◆ヴィルダーハースト・レッド
品種:シラーズ ムールヴェードル ヴィオニエ
赤 スワートランド

 

◆ジュリアンスカールウォーカーベイ シラー
品種:シラー
赤ワイン ウォーカーベイ










 

◆ステレンラスト オールドブッシュヴァイン シュナンブラン
品種:シュナンブラン
白ワイン
ステレンボッシュ







 
◆ドルニエ マルベック
品種:マルベック
赤ワイン ステレンボッシュ







 
◆ハーテンバーグ
品種:シラー
赤 ステレンボッシュ










 

◆ブーケンハーツクルーフ ザ チョコレートブロック マグナム
品種:シラー カベルネソーヴィニヨン グルナッシュノワール
サンソー ヴィオニエ
赤 ウエスタンケープ


 


◆ブーケンハーツクルーフ カップ・マリティム ピノノワール
品種:ピノノワール
赤ワイン
アッパーヘメルアンアード


◆ブーケンハーツクルーフ カップ・マリティム シャルドネ
品種:シャルドネ
アッパーヘメルアンアード
白ワイン

という事で ブーケンハーツクルーフのコーナーがひしめきあう状態
かなりきちきちです (^▽^;)



 














 

◆ホガンワインズ
シュナンブラン 2015
シュナンブラン 2017

品種:シュナンブラン
白ワイン


◆ダイヴァージェント2015
ダイヴァージェント2017

 品種:カベルネソーヴィニヨン/サンソー/カリニャン
赤ワイン








画像無し 

◆ラドフォード・デール・フリーダム・ピノ・ノワール
品種:ピノノワール
赤ワイン エルギン










 

◆ロングリッジ エミリー
品種:シャルドネ
ピノノワール
ウエスタンケープ
白 辛口


などなどです!

今月は まだまだ新しい南アフリカワインが入ってくる予定です

もう 大変です




それぞれが とても素晴らしいワインなので

1アイテムずつ

改めてご紹介していきます






お楽しみに!!


さ!ラベル書きがんばります


今日は通常通り16時オープンです









さて 7月のイベントを立ち上げます

こちらもお楽しみに!!



シュナンブランデイ

残り8名様です!!

お急ぎください~

6月15日シュナンブランディ

お申し込みはこちらからどうぞ!
 

お電話 06-6783-2920

メール info@mitamari.com

FBのイベントページからもお申込みいただけます

https://www.facebook.com/events/2032305207065907/









 
No South Africa Wines no life

2019-06-05 13:03:39

コメント(0)

Chenin Blanc Day その1 Eden について

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

そろそろ シュナンブランディに登場するワインを

紹介していきます!!

トップバッターは

これ1本でも主役級の

シュナンブランの王様ともいえる1本です

ラーツのフラッグシップワインです



 



Raats Eden High Density Single Vineyard Chenin Blanc

ラーツ イーデン・ハイデンシティ シングルヴィンヤード シュナンブラン
です


ラーツに関しては

前から扱っている 樽を使わないとてもきれいな

ラーツのシュナンブランの商品ページに載っていますので

良かったら 読んでみてくださいね

コチラ↓↓↓

http://www.mitamari.com/item/sa-2018-9-28-4/

まぁ とにかく カベルネフラン種とシュナンブラン種だけに特化した

ワイナリーさんで

そして そのワインがどれもとても素晴らしいんです

そのフラッグシップワイン

開けるのが楽しみでしょうがないです。


今は お父さんから才能と共に全責任を引き継いだ

ブルーワー・ラーツが環境を大切にしながら

ワイン造りを行っています



沢山の 著名なワイン雑誌やコンクールで高く評価されていて

ティムアトキンも1級格付けとしているワイナリーさんです





◆このワインについて・・・・

生産地:南アフリカ・ステレンボシュ
      South Africa/Stellenbosch

ヴィンテージ:2016

ワインのタイプ:白ワイン

味わい:辛口 残糖3.1g/L

葡萄品種:シュナンブラン100%

アルコール度数:14.50%

キャップ:ろうキャップ

樹齢7年

収穫量:0.6haの畑で2トン/haと極小

土壌:花崗岩

単一畑 ラーツの蜜植栽培(1haあたり8000本で1x1.2m間隔で植樹)
蜜植にすることによって、ブドウの木が互いに競争し、強いブドウが生育する事により
素晴らしく良いワインが完成し
ラーツのフラッグシップ、シュナンブラン
「イーデン・ハイデンシティ シングルヴィンヤード シュナンブラン」が
誕生します

収穫:2月上旬に収穫

醸造:全房でプレス。そのまま300Lのフレンチオークで天然発酵、熟成10ヶ月。

熟成ポテンシャル:ヴィンテージ+10年

数本ではありますが当日販売もしておりますので

お買い求めいただけます。



その他の評価

ティムアトキン95点

2015VT:プラッター(南ア)5星

ワインマグ95点

グレッグ・シャーウッド:2017年南アフリカで最も印象的だった白ワイン・トップ10選出

などなど多数

味わい:インポーターさんコメント

ライム、青リンゴ、桃、パイナップル、僅かにジンジャー、白コショウ、花やハチミ
ツ、ローストしたナッツなどの香り。フレッシュで綺麗な酸とミネラルを強く感じ、
濃厚で凝縮した果実味。味わいはなめらかで綺麗、複雑味もある。ボディ、骨格は中庸。
余韻は長く、エレガントなフィニッシュで、ジンジャーなどのスパイス感もある。


という凄まじく素晴らしいシュナンブランです!
 



6月15日シュナンブランディをお楽しみに

お申し込みはこちらからどうぞ!
 

お電話 06-6783-2920

メール info@mitamari.com

FBのイベントページからもお申込みいただけます

https://www.facebook.com/events/2032305207065907/



残るは 12名様となっております!!


 


No South Africa Wines no life

2019-06-04 11:11:16

コメント(0)

TCAフリーのコルクについて

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


 




昨日 南アフリカのインポーターの方が

コルクのお話をされていました

「ブショネ」ってご存知ですか?

trichroloanisole(トリクロロアニゾール) TCAによるものなのですが

ワインの栓に使われているコルクが汚染とカビによって発生する異臭

「くさいにおい」のことです。

段ボールの様な臭いや カビの臭さ雑巾の様な臭いの事です

臭いの強さも 汚染度によるので 微妙なものから

これは 強烈っだって物まで 色々です




注いだ時に

あれ?いつもと香りの立ち上がり方が違うって経験ないですか

ひょっとしたら ブショネだったのかもしれません







ちょっと余談ですが(毎回これが多いですね・・・・(^▽^;))

TCAが匂いの遮断を引き起こすという

面白い記事が載っていました



大阪大学の研究です

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/ResearchRelease/2013/09/20130917_1






統計的には

約5%前後の確率でブショネがあると言われています

100本の内 5本前後

20本に1本 ブショネが存在する計算になります


とっておきの1本がこんな事になっていたら

悲しくてしょうがない!!


勿論 対策として

スクリューキャップを使ったりもしている生産者さんも

ニュージーランド程ではnあいですが沢山あります!!





そして コルクにも画期的なコルクが登場しています

それが

DIAMコルク  こちらは合成コルク

Amorim(アモリム)社が開発した技術を利用した 天然コルクで TCAフリーの物 です







コルクの記事をご覧になりたい方はコチラをどうぞ

DIAM関連 http://www.worldfinewines.com/news13/130120diam.html

アモリム社関連 http://worldfinewines.com/news18/180804amorimtcafree.html





当店取り扱いの 今現在分かっている

TCAフリーのコルクを使っていると分かっているワイナリーさんは

下記の通りです


 



◆ロングリッジ

当店では

シュナンブラン

シャルドネ

ピノタージュ

メルロー

です


◆キャサリンマーシャル

クレイソイルズ ピノノワール

ピーターズビジョン



※リースリング ソーヴィニヨンブランに関しては

スクリューキャップです

 





◆デイビット&ナディア

トポグラフィィ シュナンブラン

シーブリッツクルーフ ピノタージュ

アリスタルゴス

エルピディオス

スカリーコップ 

オースティン
 
 








◆ブーケンハーツクルーフ
 
チョコレートブロック

シラー

フランシュック カベルネ

ステレンボッシュ カベルネ

セミヨン

セミヨン ノーブルレイトハーベスト


ウルフトラップやポークパインリッジはスクリューキャップになります



 
 


◆リチャードカーショウ

エルギン クローナルセレクション シャルドネ

エルギン クローナルセレクション ピノノワール

エルギン クローナルセレクション シラー

GPSシリーズ ファルマークリクカイ シャルドネ


 

そして

溜まった 南アフリカのコルク見ていたら

以外に DIAMと書かれたコルクが多い!!

これ

何のワインだったんだろう・・・・(^▽^;)





 





開けたときに分かったら

その都度ご連絡させて頂きますね




 



まだまだ ありそうです♪



取り急ぎ 今 当店に在庫があるもので

分かっているものを

お知らせしました



それでは 今日も 16時オープンでお待ちしてます♪

2018-11-14 13:47:07

コメント(0)

今日は通常通りです♪

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

つい 最近まで あんなに暑かったのに

お布団をかぶって寝るのが心地よい季節になってきましたね

いつまでも 寝ていたい 今日この頃です


今日は通常通りの営業です

南アフリカでは連日色々と発表が続いていますね

昨日の 南アフリカ

トップ 20 のワイナリーの

発表がありましたが

今日は シャルドネの

90ポイント以上の銘柄が発表されていました

こんな感じです↓
 



https://winemag.co.za/the-prescient-chardonnay-report-2018/

Wine magさんの ☝コチラのサイトから引用させて頂いています
 

94ポイント
Delaire Graff Terraced Block Reserve 2016

94pt
La Bri 2017 

94pt
Le Riche 2017

94pt
Meerlust 2017 

94pt
Paul Cluver Seven Flags 2017

93pt
Creation Reserve 2017

93pt
Delaire Graff Banghoek Reserve 2017

93pt
DeMorgenzon Reserve 2017 

93pt
Domaine Des Dieux 2014

93pt
Eikendal 2017 

93pt
Groot Constantia 2017 

93pt
Hartenberg The Eleanor 2016 

93pt
Henri Boillot Meursault 2016

93pt
Kershaw GPS Lower Duivenhoks River 2017

93pt
Kruger Family Wines Walker Bay 2017

93pt
Longridge 2017

93pt
Malanot Malan Family Reserve 2016

93pt
Oak Valley Groenlandberg 2017 

93pt
Olivier Leflaive Puligny-Montrachet 2015

93pt
Sutherland Elgin 2017 

92pt
Elgin Vintners 2014

92pt
Groote Post Kapokberg 2017 

92pt
Journey’s End Destination 2017 

92pt
Kershaw Clonal Selection Elgin 2017

92pt
La Motte 2017 

92pt
Tokara Reserve Collection Stellenbosch 2017 

91pt
Almenkerk 2017

91pt
Bartinney Hourglass 2017

91pt
Eikendal Infused by Earth 2016

91pt
Goedverwacht Maxim Limited Release 2017

91pt
Iona 2017

91pt
Jordan Nine Yards 2016

91pt
Longridge 2016

91pt
Neil Ellis Whitehall Elgin 2017

91pt
Plaisir de Merle 2017

91pt
Stellenbosch Vineyards Credo 2016

91pt
Stellenbosch Vineyards Credo 2017

91pt
Uva Mira The Mira 2017

91pt
Uva Mira The Single Tree 2016

91pt
Vrede en Lust Marguerite 2016

90pt
Aaldering 2017

90pt
Babylonstoren 2017 

90pt
Badsberg Sur Lie 2017

90pt
Bersig Barrel Fermented 2016

90pt
Cape Point Vineyards 2017

90pt
Creation The Art of Chardonnay 2017

90pt
Durbanville Hills Cool Climate 2017

90pt
Edgebaston 2017

90pt
Esona Single Vineyard 2015

90pt
Fleur du Cap Series Privée 2017

90pt
Glen Carlou Quartzstone 2017

90pt
Haskell Anvil 2017

90pt
Hazendal 2017

90pt
Highlands Road 2016

90pt
Highlands Road 2017

90pt
Jordan Barrel Fermented 2017 

90pt
Julien Schaal Evidence 2017

90pt
Julien Schaal Confluence 2017

90pt
Kershaw The Smuggler’s Boot 2016

90pt
Kershaw The Smuggler’s Boot 2017

90pt
Kleine Zalze Vineyard Selection 2017 

90pt
Kruger Family Wines Klipkop 2017

90pt
La Vierge Jezebelle 2017 

90pt
Louisvale 2017

90pt
Lourensford Limited Release 2017

90pt
Môreson Dr. Reason Why 2017

90pt
Muratie Isabella Reserve 2017

90pt
Oldenburg Vineyards 2017

90pt
Paul Cluver Estate 2017

90pt
Rustenberg Five Soldiers 2017

90pt
Stellenbosch Reserve Moederkerk 2018

90pt
Stonebird 2016

90pt
Sutherland Elgin Reserve 2016 

90pt
Uva Mira 2016

で、そこに載っていたもの(太字のもの)で

当店に同じアイテム(ヴィンテージは違います!!)在庫が

あるものをお知らせしますね
 







ポールクルーバーセブンフラッグス 2016

デモーゲンゾン 2016

クルーガーファミリー ウォーカーベイ 2017






ジャーニーズエンド ディスティネーション 2016

リチャードカーショウ 2016

ロングリッジ 2016




ジュリアンスカール エビデンス 2015

ジュリアンスカール コンフルエンス 2015

クルーガーファミリー クリップコップ 2017

ポールクルーバー エステート 2016


※ヴィンテージは違います

 


ロングリッジ 2016

クルーガーファミリー
ウォーカーベイ 2017
クリップコップ 2017

この3アイテムに限っては

ヴィンテージも同じです

かなり数が少ないので

数本となります

欲しい

飲んでみたいという方は

お気軽にメッセージください


因みに入っていないけど

ストームとかレストレスリバーとか

ワーウィック アタラクシアなんかのシャルドネも


とても素敵ですよ~❤

是非 お試しください(≧▽≦)



2018-10-17 12:15:06

コメント(0)

ボッシェンダルエルギンシャルドネについて

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

すっごく眠い朝でした

時計見ながら あと1分を繰り返すこと数回

ずるずるずる~と布団から 這い出しました (^▽^;)




さて 今日は昨日の続き

飲み比べで開けているワインについて

2日目の今日は

BOSCHENDAL Elgin Chardonnay - ボッシェンダルエルギンシャルドネ 2015です

こちらも ポールクルーバーさんと同じく

エルギンで作られているワインです

ボッシェンダルのワイナリー自体は

フランシュックにあります。

その歴史は1685年にさかなぼります

330年を超える、とても由緒あるワイナリーです。

フランス式の栽培方法を忠実に継承する

すべてにおいて、とてもエレガントな

南アフリカワインを作るワイナリーとして知られています


ボッシェンダルは、“Bossendaal (Wood and Dale)”という言葉の通り、

森と谷 に位置し、新世界で最も古くから存在するワイナリーの1つです。






ボッシェンダルの土地は1685年 当時の知事であったサイモンファンダーステルにより

フランス人 ジャン・ル・ロンにその所有権をを与えられました

ル・ロンは宗教迫害から逃れるためにフランスを離れた多くの、プロテスタント

ユグノー教徒のうちの一人でした。



1715年には同じくフランスのユグノー教徒の葡萄生産者であった

ドゥ・ヴエールに兄弟に所有権が移ります



そして1812年、ポールドゥヴィエールによって

現在は国定記念物にも指定されている

ケープタウンを代表するオランダ様式建築物の

エレガントマナーハウスが完成します。





ボッシェンダルの葡萄畑は164年間 ドゥ・ヴィエール家が運営しますが

その後色々な人たちの手に亘り

現在では2005年より、南アフリカでもトップディストリビューターでもある

DGB社がこの肥沃な土地の統制と管理を引き継ぎ、世界で最も偉大な

エステートの一つとしてボッシェンダルの土地を確かなものにしています。

DGB社が数多く所有するワインブランドの中でも、

ボッシェンダルは最もプレミアムなワインブランドとして

その地位を確立しています。







彼らは現在でも、フランスのぶどう栽培の伝統を忠実に継承しつつ

近代化の波に乗り遅れないことも重要と

巨額な投資を行いかなりの最先端醸造設備が備えたそうです。

醸造家の匠の技と最先端の記述を駆使して

世界に通用するワインを造るため、常に挑戦と改革そして伝統両方を

大切にワイン造りを行っている、世界が注目するワイナリーが

このボッシェンダルです








そしてそんなボッシェンダルが

手掛ける プレミアムレンジのワインが

エルギンで作られているんです








ここからちょっと深堀り

葡萄はホールバンチプレスで低温で48時間据え置き去れた後
清澄したクリアな果汁を
フランス産樽で自然発酵
発酵の半分は自然発酵
後は酵母が添加することにより
安定した発酵を行いました
ワインの一部はマロラクティック発酵を行っています
そして更に11か月熟成されます←ここ インポーターさんによると12か月
この間月に一度攪拌を行い
20%新樽(メーカーさんのサイトでは25% ボッシェンダルのサイトでは20%でした ) 
34% 2年目の樽 残りを 3年~5年目の樽に詰めました

土壌はブックヴェルトシェール土壌
水はけのよい粘土質土壌

葡萄は22-23°Bの間で手摘み
このBはブリックス値のB?なんだろうか
8~10年熟成可能
アルコール 14%vol
pH 3.5 ここも 3.28
残糖分 3.5g /ℓ
トータル酸 6.3 g /ℓ
醸造家 リゼル・ガーベルさんとっても素敵な女性みたいです











HPによると

レストランがいっぱい♥

レストラン形式のものから

デリ ピクニック そして 最初にも書きました 1812年に建てられた

オランダ様式の歴史ある建物で

プレミアムティスティングなんぞもできます

またまた

ボッシェンダルのエステートで最も古いオークの木の下で

限定ワインのテイスティングを楽しむ事も出来ます



あとは ボッシェンダルの農園の野菜やパンなどを買う事が出来るお店もあります


ボッシェンダルの石鹸も

この農園の草花を使った

自然のボタニカルが数種類入っていて素敵なんです


また今週末には

誰でも参加できる

自転車レースが開催されるようです

0歳から13歳までが参加できるレースもありますよ

楽しそう


普段からも自転車コースがあり

自転車を楽しむ事ができます

参加しない家族の人は



ちょっと ゆっくりと食事が出来るプランや

ポニーなんかに乗って

楽しむというプランも



お父さんは 自転車

お母さんはゆっくりランチ

子供たちは 動物と自然に触れあって・・・♡

いいと思いませんかぁ~

いいなぁ

行きたい

凄く行きたいと思います(≧▽≦)

最後は

ワインの紹介というより

ワイナリーの紹介になってしまいましたが

もし 行かれることがある方は

是非!!


ちょっとワインの紹介じゃなくなってきている  

ではここで

このワインの受賞歴を

ずらりとご紹介します

(2015VT)ジャパン・ワイン・チャレンジ2018 プラチナ
(2015)ジャパン・ワイン・チャレンジ2018 ベスト南アフリカワイン
(2015)IWC2017 南ア部門トロフィー、南アフリカシャルドネトロフィー、エルギンシャルドネトロフィー
(2015)インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2017 ゴールド
(2013)ティム・アトキン(マスター・オブ・ワイン)スペシャル・レポート 92ポイント

などなど多数受賞です


まぁ そんなこんな

ボッシェンダルが作る

エルギンのエレガントなシャルドネ

お楽しみください♥
 

2018-09-12 11:27:05

コメント(0)

今日から ヌーヴォが飲めます!!

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です。

昨日お伝えできなかった 入荷情報です

ヌーヴォ!!入荷です




 


? 11月じゃなかった?とお思いですよね

南アフリカでは北半球と四季が逆

2~3月に収穫した葡萄が既にワインになって出荷されるんです

北半球より半年早く飲めるんです







 


赤は 南アフリカ産 ピノタージュ100%です




レッドチェリーや黒スグリの果実味豊かな香り

滑らかなタンニン

少し低めの温度で提供させて頂きます

初夏にぴったりな 飲みやすい1本です



 

白は シュナンブラン 100%

トロピカルフルーツ 洋梨 パイナップルと 南国の香りたっぷり

イキイキとしたフレッシュな酸 スッキリとした辛口の白ワインです

こちらはしっかりと冷やして


どちらも 新酒ならではの生き生きとした味わいです

今日から ワイン部でもお出しします!!



16時オープンでおまちしております♪

2018-06-19 14:13:01

コメント(0)

新着ワインのご案内!

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です。

先日から 色々とワインが入荷しています

新着他(とか言いながらかなり時間が経っています(^▽^;))
再入荷の商品もご案内していきますね


ロングリッジーLONGRIDGE 

 


■ロングリッジ オーガニック シュナンブラン

ステレンボッシュと言う地域の中でも一番冷涼な産地
ヘルダーバーグ山脈の斜面で作られているワインです
豊かな香りとキュンっと締まったフレッシュな酸がたまりません!

 

■キュヴェリカ ピノノワール
ロングリッジの醸造責任者の一人、ジャスパー・ラーツのオリジナルブランドです
エルギン(とても冷涼な地域で ブルゴーニュの気候風土と似ていると言われている地域)の
畑から葡萄を買い ビオデナミでワインを造っています


その他 ロングリッジはピノタージュも取り扱っています
このピノタージュもきれい系ピノタージュがお好きな方には間違いない1本です


※ロングリッジについて
ロングリッジはステレンボッシュ地区で1841年に設立されました
場所はステレンボッシュの南側(南半球なので北半球で考えると北側)
ヘルダーバーグ山脈の斜面に位置しています。
他のステレンボッシュの地区より2~3度気温も低い地域です。

「自然農法で多くの受賞ワインを生み出しているワイナリーです。
ロングリッジが目指すのは、シンプルに、ユニークで、
テロワール主義、オーガニック農法で、人も環境も皆、健康であること、
そして楽しめるワインでワールドクラスであること!!」なんだそうです。

そして 去年大人気だった
 

■ベリンガム・ツリーシリーズ・ペアツリー・ホワイト

も再入荷しています




 

■エルギンヴァントナーズ ロゼ メルロー 100%

このヴィンテージよりラベルチェンジになったそうです。
淡いバラ色に、イチゴやクランベリー、石榴、
フルーツキャンディーのような魅惑的な香り。
フレッシュな酸味と活き活きとした赤果実の
風味がバランスよく調和した、深い味わい
なんだそうで
まだ 飲めていないんです(^▽^;)

エルギンヴァントナーズについてはこちらで

書いています!

http://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/300








 

 
ピンクポニー 再入荷!!











クルーガーファミリーからは下記5アイテム入荷しています


 

■サンシェーヌ シャルドネ




 
■クリップ・コップ シャルドネ






■ウォーカー・ベイ シャルドネ





 

■オールド ヴァイン サンソー






 

■パーリー・ゲーツ ピノノワール

2017年ラベルより 名称 金額等変更になっています







A.Aバーデンホースト



 

■A.Aバーデンホースト ピノノワール

ピノノワール 

スワートランドでピノノワール!!!と驚きの1本です

でも 実は この葡萄が栽培されている畑があるのは
とても涼しい地域でスワートランドで一番北に位置し
エルギンより涼しい地域なんだとか

非常に数が少ないのでまだ飲めていませんが
アディらしい 果実味溢れる味わいのピノノワールなんだとか

(写真:右側)

■2016 A.A. Badenhorst Ramnasgras
バーデンホースト ラムナグラス


サンソー 100%

(写真 左側)








 

■2017 Geelkapel Muscat de Frontignan (Wit Muskadel)
ゲールカペル ミュスカ


ミュスカ・ド・フロンティニャン100%








 

■2015 Barbarossa Boere Brut Methode Rural
(Methode Ancestral)
ブラークカイル バルバソッサ メソッド アンセスロラル ロゼ


南アフリカ唯一のバルバロッサ畑で作られているロゼスパークリングワインです
ハーブやミントの香りに美しい酸味 心地よい苦み塩味的ミネラル感を感じることが出来て
色んなお料理と楽しめそうな予感がする1本です

しかも ボトルがお洒落です
南アフリカで実際に使用されていた使用済み切手を貼ってあって
1箱全部違う種類のスタンプで どれにするか迷ってしまいますよ


バルバロッサと表記されていますが
葡萄は ケープ・バルバロッサ Cape Barbarossaと呼ばれるもので
イタリアやコルシカのものとは別物です。

ブドウ品種:ケープ・バルバロッサ100% 


調査の結果Cape Barbarossaは現在、Danugue noirとして知られるようになり
北イタリアの栽培品種ではなく、19世紀初めにフランスで栽培されたものであり、
もともとはスペインから輸入されていたそうで
ケープバルバロッサCape Barbarossa 或いは Brakkuil Barbarossaと現在は呼ばれているそうです


the drinks businessを参考にさせて頂きました

と、こんな感じで色々入荷しています

お伝えしきれていないものもあるかも・・・

是非 セラーを覗きに来てくださいね

とか言いながら

ひっちゃか めっちゃかで大変な事になっているのですが (^▽^;)


取り急ぎ 今色々入荷してきたワインの一部をお伝えしました!




 

2018-05-26 16:01:51

コメント(0)

再会決定!!

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

すっかり 春の陽気ですね

あちらこちらと 桜がさきはじめていて

町が桜色になっていて 

なんか心が 弾んじゃいますね

そして ピンクと言えば

昨日もお話していましたが

ロゼワイン

美味しくて とても 気に入ってしまったと

お伝えした

デモーゲンゾンのロゼ

なんと 日本入荷予定だそうです!!

今年の夏は

当店の定番となりそうです♡


 


 
この夏は 美味しいロゼ色々

ご紹介出来そうです

お楽しみに

2018-03-27 13:59:03

コメント(0)

やっぱり 南アフリカワインの事が書きたくなります(^▽^;)

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

やっぱり書きたくなってしまいます

南アフリカワインについて

数が 本当に少ないので

ブログに乗せるのはどうしようか迷っていましたが

ぽつり ぽつりと 売れてゆくので

全部なくなる前に是非書いておきたかった

南アフリカのワイナリーさんです

その名は
 





ザ・サディファミリーワインズ

The Sadie Family Wines


 


実は 前々からずっと 気になっていたワインです



このワイナリーの設立は1998年

当主はイーベン・サディ(Eben Sadie)氏

とても カリスマ的ワインメーカーで

勿論 その実力は ティムアトキンの格付けを見ても

一目瞭然です(勿論 1級!!)




10代の頃からヨーロッパをはじめ 北半球は勿論

南半球でも経験を積みます。

15年後,、南アフリカに戻り

スパイスルートで醸造責任者を務めます

1998年にスワートランドに自身のワイナリーを設立し独立します







古木で低収量で造られる

コルメラ Columella と パラディウス Palladius を発表するや否や

そのワインのすばらしさに 一躍脚光を浴びます✰



スワートランド

とても 降雨量の少ない地域ですが

彼が造るワインの葡萄は全て

無灌漑の古木からのみ 作られています。

それらのワインは

ずば抜けた出来栄えを誇り、他の生産者からのリスペクトをも厚く受ける造り手さんなだそうです


完璧を求める職人気質、機械化とは無縁の環境下で手作業を 基本に、重力の力を利用して、

スワートランドのテロワールをワインに表現すべく情熱をかたむけて、ワインを造っているワイナリーさんです。




パラディウスとコルメラは、南アフリカの大自然を体感する様な圧倒的なスケール感を表現しています。

その他の古樹のシリーズは、100年以上にもわ たる木々や土壌の歴史を紐解く様な、複雑で滋味溢れる味わいをコンセプトに、

違ったアプローチの手法を用いていいるんだそうです。

ああああ~飲みたい!!! (≧▽≦)

入荷したのが 1本とか 2本なので 全く 飲む機会が無い!!!

誰か ワイン部で開けてくれないかな 笑

ブーケンハーツクルーフのシラーのようにスーと

通り抜けていっちゃうんですよね (^▽^;)

(余談ではありますが ブーケンハーツクルーフの七つの椅子の2015年のシラーも、100%スワートランドのものを使用しています

マークケント氏曰く とてもエキサイティングな産地なんだそうです!)




また イーベンさんは、バリバリのサーファーなんだそうです

という事で 海に入る時間はとっても大切・・・・


はい そうです 


海に入る時間も必要なので これ以上生産量を増やすことはないんだそうです (≧▽≦)

だからこそ 海 以外の時間はこんなにストイックにワインに向き合えるのでしょうね


当店入荷 アイテムはこんな感じです






■スカーフバーグ  SKURFBERG 2016



葡萄品種 シュナン・ブラン 100%

オリファンツ・リヴァー地区のスカーフバーグ山斜面。

樹齢は 1940~1955

砂質に石が混ざり、3区画からなる土壌。

ブッシュ ヴァインで根を深く張っており、乾燥した地域ですが灌漑はなしで栽培されています。

第1区画目は豊富なアロマや凝縮した果実感を、

第2区画目はミネ ラル感を

第3区画目は最も標高が高く海に近い畑。いきいきした酸味やフレッシュ感に富むブドウが収穫できます。

醸造:区画ごと別々に古 い木樽で醸造し、12か月の熟成を経てからブレンド、更に6か月を木樽で過ごしてから瓶詰。


2015年2月のジャンティスの記事にも「探してほしいワイン」として
登場したワイン!!








お次は


■コカ―ブーン  KOKERBOOM 2016




セミヨン・ブラン70%、セミヨン・グリ30%。

オリファンツ・リバー地域

1930年代に植樹した葡萄を使用。

かつて、この2種の混植はケープでよく見られましたが、今では ほぼ消滅しています。

イーベンの知る最も原始的な畑の一つであり、勿論 除草剤や化学肥料は一切使用されていません。

そこは 何年にも渡って 余分なものが完全にそぎ落とされた いわば、究極の畑!!

2品種一緒に収穫され(先日 先輩ソムリエさんから教えて頂いた話だと 混植していると数年の後に収穫時期が一緒になるという事でした 葡萄のというか 植物の不思議を感ますね。)、

プレスし、古樽にて自然発酵後、澱と共に18ヶ月間熟成し、 無清澄、無濾過でボトリング。 






■パラディウス  PALLADIUS 2015



シュナン・ブラン、グルナッシュ・ブラン、
クレレット・ブランシュ、ヴィオニエ、ヴェルデホ、
ルーサンヌ、セミヨン・グリ、 セミヨン・ブラン、パロミノ。

スワートランド

パードバーグ、花崗岩質の13区画と砂質土壌の4区画から構成


イチゴ用の小さなケースで収穫されています。

バスケッ ト・プレスで圧搾し、キュヴェ専用セラーにて

区画ごとに卵型コンクリートタンク(ブーケーンハーツクルーフのワイナリーでも使用しているやつですね ローマ時代の形で ナチュラルな流動が生まれて温度がイーブンになるんだとか)と

アンフォラ(素焼きの壺 形とサイズが気になりますね こちらも ギリシャやローマで使われていたものです)で発酵

発酵はワインに任せるため20ヶ月かかることもあるそうです。

熟成した後に古い大樽に移し合計24ヶ月熟成し、無清澄、無濾過でボトリング。

お 覚えられないくらいのブレンドです(^▽^;)






■ポフェイダー  POFADDER 2016 こちらは既に完売



サンソ― 100%

スワートランド

カステルバーグの西の粘板岩と分解頁岩。

サンソーは、十分に熟させながら収量を抑えることが難しく、

また非常に酸化しやすいことなど管理が容易ではない品種なんだとか

古い木製の開放桶で1日に1、2回足でパンチダウンを行い、

発酵に向けて果汁を慣らしていきます。

数か月スキンコンタクトを行い、

手作業で小さいバスケット・プレスに移し、直接古樽にプレスします。

ワインがエレガントさを持ち続け早期酸化を避けるため、約1年後に瓶詰を行います。

清澄、ろ過は行いません。








■ソルダート  SOLDAAT 2016     既に売り切れ



グルナッシュ・ノワール 100%

オリファンツ・リバ―

ウエスタンケープのピーケニアスクルーフ山にある畑。


グルナッシュ・ノワールは世界で最も多く植えられている品種で、南アフリカでもその例にもれず、多くの栽培面積を占めている葡萄です。


ピーケニアスクルーフは中でもグルナッ シュ・ノワールが古くから植えられていた土地です

Piekeniersは歩兵を意味し、そこからワイン名をとりました。

標高は700m前後で、東向き斜面の花崗岩土壌で非常に涼しい気候

灌漑は無し






■トレインスプール  TREINSPOOR 2016




ティンタ・バロッカ 100%

スワートランド

ウェスタンケープのマルムズバリーから西のダーリング方面へ4キロ程移動した距離にある畑。

1974植樹。 

花崗岩と、テーブルマウンテンの砂質が混ざった土壌。

畑のそばに古い線路 トレインスプールが名の由来なんだとか

ティンタ・バロッカ は果皮がたいへん薄く太陽光線に傷つきやすい品種ですが、

この地域のブッシュ・ヴァインにいたっては、果樹自身が枝ぶりを変化させ房を光から守るという驚くべき進化を目の当たりにすることが出来るんですって!!

葡萄って凄い 世界中に定着しちゃう理由がわかる 順応性の高さが半端ないですね!






■コルメラ  Columella




シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、サンソ―、ティンタ・バロッカ、

カリニャン。

スワートランド

スワートランドのパードバーグ(3区 画)、カステルバーグ(3区画)、

マルムズバリー、ピケットバーグにある標高の高い冷涼な南向き斜面。

土壌は花崗岩、スレー ト、砂質が混ざっています。

イチゴ摘み取り用の小さなケースで収穫。

除梗せず、24度で3週間予備発酵を行い、3300Lの開放桶で発酵。

伝統的な開放桶でプレスした後、8区画ごと別々にフレンチ・オークに移して12か月間熟成します。

新樽使用率は10%以下。

その後澱ごと、楕円形のフードルに移し替えて更に12か月を過ごし、

清澄とフィルターがけをしないで瓶詰めされます。

もっと詳しく書きたいのだけれど

情報がとても少なくて・・・

HPを観てみたのですが

シンプルでした

ワイナリーの名前と ワインの名前 場所 のみ 1ページだけのHP (^▽^;)

いつか イーベンさんにお会いする機会があれば

色々聞いてみたいですね~


そして イーベンさんと共に調べていて

キーパーソンで出てきたのが

ローザー クルーガーさん

彼女は、19世紀後半の南アフリカの独立リーダーであり、

政治家であるポール・クルーガーの偉大なお孫さんなんですって!!

ジャンティスもプラッターも彼女の記事を書いています

もともと弁護士だったけど

その職を捨て

vineyard managerとなります

スワートランド彼女無しでは語れない感じですね

もうちょっと深堀りしてみます

こんなことしているから 全然進まないんだなきっと (^▽^;)

友人がイーベンさんだったり マークケントさんだったり 凄いな♥

さて サディファミリーのお話は 今回はこのくらいで

頂いた資料を読んでいて

色々聞きたいことが出てきたので

ノートに書き留めておくことに!!

また 新しい情報をゲットしたら

こちらに 書き足していければと思います。


では 素敵な 1日を

私は 帳面に戻ります 笑




 

2018-01-17 19:06:08

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5