×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◇南アフリカワインメーカーについて»  コンスタンシア グレン ツー Constantia Glen Two

コンスタンシア グレン ツー Constantia Glen Two

コンスタンシア グレン ツー Constantia Glen Two

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


昨日読んだ新聞の記事

八尾 ベトナムの方が増えているらしく

雑貨店やレストランが沢山出来ているだとか

凄く 行ってみたい!

とんかつの予約表に書き込んでから

ベトナム雑貨店をうろうろなんていいかも~と

一人 歯医者さんの待合室で妄想していました (≧▽≦)






さて 昨日の続きです!



まず1つ目のワイン

コンスタンシア グレン ツー

Constantia Glen Two


 



まずは気候と収穫について

2018年のコンスタンシア地区は
比較的涼しいシーズンだったようです

なので葡萄の熟成まで
非常に時間がかかったようで
スタッフの方曰く 
かなり忍耐力を試されたような
シーズンだったそうです


夏はやはり干ばつとなりましたが
耐えることが出来きました
収穫時の乾燥した気候や
熟成時の比較的涼しい気候が
収穫時葡萄にもたらしたものは!!
素晴らしい味わいと
驚異的なレベルの天然の酸でした
2月26日に初めて
ソーヴィニヨンブランを収穫し始めます
その後3週間にわたり収穫は続きました
ソーヴィニヨンブランの最後のブロックは、
敷地内で最も高い標高(海抜270メートル)にある
畑で2018年3月19日に摘み取られました。
そして、このワインの32%を占めるセミヨンが
その1日前 3月18日に収穫されました。

このワインに使われるブドウは、
ベストなブロックのものを使用しています。
早朝の涼しい時間に収穫。
50%のブドウは全房でプレス。
全て600mlの樽で発酵、そのまま7ヵ月熟成。
色々実験の結果
更に心地良いワインを造るために
アンフォラは7%使用し残りは樽発酵に

新樽比率は17%。
後は 2~6年目の樽を使用。

樽はフレンチオーク以外に
オースリアンオーク10%、
フレンチアカシア8%、

樽1つとっても凄いこだわりですね
ロングリッジはロシアの樽も使用していたし
そしてこの頃樽の種類が色々変わって
きているように感じますね
樽のお話もって聞いてみたくなりました!




このワインの色合い
ライムグリーンを基調とした明るい金色の色で、
つやのある明るい色調です。

香り
第一印象の香りとしてハーブ
グレープフルーツ、ライム
それに白い花の繊細な香り、
控えめでエレガントさを感じることができます。
そして徐々に
ニワトコの花と新鮮なハーブのような
広がりを見せていきます
若々しさと、鮮烈な果実、
そしてわずかにワックスの香りと
柑橘系の香りを感じることが出来ます



この2018ヴィンテージは信じられないほどのフレッシュさ、
豊かな酸味があります
そして果物味の凝縮と厚みを感じ、
石のよなミネラルニュアンスもあり
味わいは控えめでエレガントです
2018年のブレンドは分かりやすい酸味と
クリスタルな味わいですが、
7ヶ月に及ぶ樽発酵と
澱と共に熟成させることによって
クリーミーな食感が表れ
美しくバランスがとれてた味わいとなっています。
ソーヴィニョンブランは、ワインにフレッシュな酸味と骨格を
そして32%のブレンドされたセミヨンによって
味わいにリッチな味わいと厚みをくわえ
余韻に長く続く塩味などを与え
二つの葡萄品種のブレンドにより
このワインを完全なバランスの取れたものにします

典型的なコンスタンシアの白ワインのスタイルで
理想的な環境下で10~15年熟成させることにより
さらに複雑さを増すんだそうで

ここの設立が2000年という事は
現地に行って
ここのワイナリーさんとすっごい知り合いになれたら
そんなワインが飲めるかもしれないですね(妄想)


まとめ!!

生産者 コンスタンシア グレン Constantia Glen
原産国/地域 南アフリカ/コンスタンシア South Africa/Constantia
タイプ 白・辛口
主要品種 ソーヴィニョンブラン68%・セミヨン32%
アルコール度数 14.0%未満
容量 750ml
ヴィンテージ 2018
酸度: 6.8 g/L
残糖: 1.0 g/L 
VA: 0.54 g/L
pH: 3.21
受賞/評価

Tim Atkin Report 2018’ 2017VT:93 Point
Platter SA 2018 2017VT:4.5 STAR

他にもいっぱいです✨

 



VA今まで意識したことが無かったな
ニュージーランドやオーストラリアでは
法律で許容量を定めているらしいです

で、調べてみたところ
南アフリカで定められていました
VA(Volatile Acidity ) は1リットル当たり1.2gだそうで
コンスタンシアはかなり低い値と言えますね♪



ということで
やっぱり3つ一度には無理でしたね
調べたら 調べたいことが増えて
時間いっぱいいっぱいに!!


何時グラスで登場するか!!

しっかりブログチェックしていてくださいね(≧▽≦)



こちらのワイナリーについての
詳細は昨日のブログをご覧ください
http://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/1054





今日も16時オープンでお待ちしております!!











 
No South Africa Wines no life

2019-08-03 12:12:03

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント