×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◇南アフリカワインメーカーについて»  ドメーヌ デ・デュー 取り扱いアイテム

ドメーヌ デ・デュー 取り扱いアイテム

ドメーヌ デ・デュー 取り扱いアイテム

1月8日 水曜日のブログです

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

風が凄いですね!!

でも 雨やんでからで良かった

雨と風だと

傘をさすこと諦めないといけなかったですね


さて 昨日のブログの続き 当店取り扱いの

DOMAINE DES DIEUX ドメーヌ デデューの

アイテムをご紹介していきます!


今日ご紹介するのはコチラ!


DOMAINE DES DIEUX

JOSEPHINE PINOT NOIR 2013


ドメーヌ デ デュー ジョセフィーヌ ピノノワール 2013



 







現行リリースが 2013年です

昨日も書きましたが

セラーで熟成してから出されるんです

詳しくは 下の方をご覧ください


さて ピノノワールについて・・・

デデューのHPから

IN THE VINEYARD


ピノノワールは世界中のワインメーカーに

とって聖杯的なものです。

素晴らしい状態の良いピノノワールを

収穫するには特に注意が必要となりますが

(そうすることで)

世界最高級のワインを作ることが出来ます。

葡萄畑で最新の注意をはらい

ヘメルアンアードの理想的な熟成条件によって

最高のポテンシャルを持つ

ピークの状態のピノノワールを選ぶことが出来ます。

ピノノワールはゆっくりと長い時間をかけて

熟成していきます

とても長い時間、

収穫期はほぼ毎日葡萄畑に出かけ

ピノノワールの状態を見守ります

そして 理想的に熟した時

収穫の支持を出します

風味 タンニン 果実味をワインという

次の人生に引き継いでいくのです。







ワインメイキングについて


セラーでは伝統的な方法でなるべく

介入しないようにしてピノノワール本来の姿が

表現できるようにしています。

発酵ちゅう短期間空気を使わずタンク内で

パンピングオーバーし皮と接触させます。

ワインはタンク内で6~8週間発酵が続きます

その間にすべてのワインのポテンシャルが

皮から確実に抽出されます

その後プレスし小さなフレンチオークに移され

自然なマロラクティック発酵へと移ります。


新樽比率 28%

9か月の熟成後瓶詰めされます。

アルコール度数 14%

トータルアシディティ 5.2g/L

残糖分 2.8g/L

PH 3.59



 








ワインの味わい

2013年のヴィンテージは凝縮感と

パワフルさを兼ね備えたピノノワールです。

本当にピノノワールという
品種の中ではかなりのパワフルさです


ダイナマイトボディって感じですが
とても品のあると付け加えておきたい



香りは香水濃い赤い果実と土の様で

シナモンの感じもあり

小さなフレンチオークで熟成された

デリケートなスモーキーさもあります

口いっぱいに豊潤な鮮やかな赤い果実の

感じと滑らかなタンニンを感じさせてくれます

これこそ素晴らしいピノノワールの表現です

と締めくくられていました

本当にレッドチェリーの香りに始まり

溢れんばかりの果実の香り

その中に少し粘土の様な土のイメージにシナモン

少し海を連想させる塩の様なミネラル感

コーヒーかカカオの香り

味わいも同じイメージですが余韻には

塩味の様なミネラル感とレッド系果実が

交互に現れるという非常に長い余韻でした






これ いいんでしょうか

3500円(税別)です!!

只今グラスで開けています

グラス鼻にずーと装着しておきたいですねって

感想も(私! 笑)

是非 飲みに来てください

勿論 気に入ったらお持ち帰りも可能です

昨年末に

あるだけ欲しいとお買い上げいただいたので

年明けにしっかり仕入れてあります♪






今日も16時 南アフリカワイン

有料試飲コーナーオープンです






今日はこのピノに合わせて

お蕎麦のお寿司を作ってみようかなと思っています

ピノノワールで作ったお塩とオリーブオイルを付けて

お召し上がりください

お待ちしております!!
 



DOMAINE DES DIEUX - ドメーヌ・デ・デュー

フランスっぽいネーミングと思いきや

やっぱり

フランス語で「神々の場所」を意味しているそうです。








デ・デューは

何度もブルゴーニュに訪れ、ピノ・ノワール、シャルドネ、

そしてシャンパーニュを愛した2人から始まったワイナリーです。

夢の実現となった年は

2002年

ビジネスパートナーだった

「シャロン・パーネル」と

「ピーター・クラーク」は、

ヘメル・アン・アード・リッジ地区に小さな土地を

(アタラクシアやクリエーションワインズの少し奥に)見つけました。

その土地は、その周辺で最も高い山「バビロンストレン」の麓にあります。








この辺り

 



 



因みにアタラクシアはこの辺り










「天国と地球が接触する場所」と言われていた場所です。

ブドウは全く植えられた事の無い牧草地帯でしたが、

専門家による土壌分析の結果、ブドウ栽培に適している事が分かりました。

南アフリカの中でも、冷涼な気候で、海からの冷たい風が吹く場所です。

 



ケープタウンから2号線を走り

43号線に入って東へメインロードを北へ上がっていく感じでしょうか

あ!ここ 尋常じゃない方向音痴なので

あまり気にしないでください (^▽^;)








畑の標高は、およそ330m。

大西洋からおよそ7km、

海からの柔らかな風が吹き、

霧や雲等の多いところでもあります。


2004年に、シャルドネやピノ・ノワールを植樹しており、

現在では20haが畑となっておりますが、

今のところこれ以上畑を拡大する予定は無いそうです。




 




初ヴィンテージは、2006年にMCCブリュットをリリースしており、

ヘメル・アン・アード地区で初めてのMCCの誕生に話題になりました。

現在では、MCC、MCCロゼ、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、

ロゼ、シラーを造っています。

また、2018年には、ネッビオーロ2013年を初めてリリースしています。







ワイン造りにおいては、ワインによってそれぞれ違うアプローチをしていて、

他のワイナリーのように誰か1人の醸造家が全てのワインを造るのではなく、

それぞれのワイン毎にコンサルタントを雇い、造っています。

その葡萄を最も得意とする適切な人材を

ワインごとにチョイス!

なるほど ここにも このワイナリーのそれぞれのワインの

素晴らしさの秘密が隠れていますね!!




また、ワインをリリースする前にボトル内で熟成させる事にも

こだわりを持っています。

例えば ピノノワールもネッビオーロも

現行のリリースヴィンテージが 2013です!

早いワイナリーさんだと

昨年の時点で 2019年というところもあります

MCCのスパークリングだと

最低でもリリースまでに5年の年月をかけているという

こだわりよう


ここにも美味しさの秘密隠れてますね







流石 シャンパーニュに恋した二人!!

時間という魔法が

ワインにフィネスを与え

エレガントでデリケートな泡に繋がっていきます。

インポーターさんもメロメロに虜になった

このワイナリー

当店取り扱いアイテムを

明日から順番にご紹介します!




お楽しみに~(≧▽≦)




写真が グーグルマップしかない・・・(^▽^;)

凄く素敵な景色が目の前に広がっているはずです

心の目で見てやってください


因みにこちらは

同じヘメルアンアードにある

ストームさんを訪れた時の写真です

雨だったので

あまりいい写真ではないですが



 

 





そして決算大セールも

地味~に継続中です

20日まで特別価格で

決算大セールを実施中です!!


(既に割引の物は除く!)

送料もお得になっているので

この機会に是非色々と

お買い求めください♪(≧▽≦)







1月のお休み

1月5日 日曜日

1月12日 日曜日

1月19日 日曜日

1月26日 日曜日

1月29日 水曜日

が1月のお休みとなっています

29日は水曜日ですがお休みです

ご注意ください

よろしくお願いします。






 

 
No South Africa Wines no life

 

2020-01-08 14:30:30

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント