×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◇南アフリカワインメーカーについて»  明日からの量り売りワイン Boschkloof Kottabos

明日からの量り売りワイン Boschkloof Kottabos

明日からの量り売りワイン Boschkloof Kottabos

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店

5月11日 月曜日のブログです




これからの季節にお勧めの赤ワイン入荷です!

BOSCHKLOOF から限定で入荷した



 


Boschkloof Kottabos Grenache Syrah
コッタボス・グルナッシュ・シラー


取りあえず この3行書くのに 3時間かかっています

なんでかって?

ボッシュクルーフの場所の復習でグーグルアース開けたら

自分で地図編集機能がついていて

ステレンボッシュのワイナリーさんを

登録すると

じゃじゃーーーん


自分だけの地図として保存しておけるんです

前からあったんですよねきっと

今朝 気づいたんです

一度保存しておくと

いつでも見ることができるので

他のワイナリーさんとの位置関係とか

調べるときに とても便利♪

という事で せっせと マーカー立てて

今に至る

しかも 立てるたびに各ワイナリーさんに

寄り道しちゃうから

進まない 進まない

いつも時間が足らないと言っている理由が

ここにありますね

でもでも 知ってます!?

ドルニエのワイナリーに行く道が

ドルニエロードなんですよ!!

ステレンラストの道も

ステレンラスト!

凄くないですか

うちの店の前の道路の名前が

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店通りって事ですよね

凄いな 比べるものが小さすぎて 失礼過ぎた 笑

地図観ているだけで 楽しくて お昼になってしまいました


すみません

本題に戻ります

まず ワイナリーについて





■ワイナリー名

BOSCHKLOOF-ボッシュクルーフ

■所在地

ステレンボッシュ

ココ 

                            




補足
Country-southafrica
南アフリカ
Geographical-Western Cape
西ケープ州
Regeion-Coastal Region
コースタルリージョン地区
District-Sttellenbosch
ステレンボッシュ
ward-Palkadraai Hills
ポルカダイヒルズ


毎回グーグルアースで探すのではなくて
南アフリカワインの産地 wardまで全部乗った 地図が欲しいー
流石の アマゾンにも無くて
どこかに存在するんだろうか・・・



■設立:1995年

BOSCHKLOOFは1995年に購入された農場で、

農場の渓谷「kloof」にちなんで名づけられたそうです。

25ヘクタールの小さな農場で

なだらかな丘とヘルダーバーグとステレンボシュの

美しい山脈に囲まれた場所にあります。




■土壌:主に分解された花崗岩とKoffieklip(コーヒーストーン)で構成




この農場にはもともとリースリングが植えられていたそうですが

ジャックによって

この土地により適したシラー カベルネ・ソーヴィニヨン

そして シャルドネに植え替えられました

現在の栽培品種はシャルドネ、カベルネソーヴィニョン、カベルネフラン、メルロ、シラーズ

カベルネソーヴィニョン、シラー、シャルドネは、2種類の違うクローンを使用

それぞれ違う特徴のフルーツを栽培しています。

その結果 複雑な味わいがワインに加わります。





■栽培について

垣根式で灌漑あり

栽培密度は1ヘクタールあたり3800-4800本

平均収量は5-8トン/ヘクタール

BOSCHKLOOFは小さな農園であることを活かし

栽培は細部にも丁寧に管理されています。

醸造哲学はナチュラル製法で人の手をなるべく加えないというものです。

SO2なども最小限にとどめています。

自然に豊かなこの農園には、多種多様な野生の小動物も生息しているそうで

農園の中をゆっくり散策するととても楽しい出会いが沢山ありそうですね。




そしてこのボッシュクルーフ

2016年にティムアトキンMWのレポートで

単一畑から作られる

シラー100%(1996年植樹)のエピローグ 2014年が

当時の南アフリカの赤ワインの歴代最高得点

98点と評価されたことにより

一躍世界中で有名なワイナリーとなりました!!


余談 笑

エピローグ 本当に素晴らしいシラーの1本です

エピローグ、ラール エヴァ、ポルセインベルグ、

ブーケンハーツクルーフ、ハーテンバーグ、キアモント

最高に震えたシラーでした

南アフリカのシラーも本当に素敵なんです!!!

これ 一度に開けたら 倒れてしまうかもしれませんね

妄想終了

本題に戻ります








当時南アフリカワイン生産者の格付け

1級生産者の(ボッシュクルーフは当時3級【現在1級】)

ハーテンバーグ 、ブーケンハーツ ラール ライナカ キアモントなどを差し置き、

エピローグ・シラーは、南アフリカ歴代最高得点(TA98点)という記録を獲得した

No.1シラーなんですが・・・

実は

2019年 ティムアトキンレポートで

エピローグ 2017年が 99ポイントを獲得しています

次ヴィンテージの入荷が楽しみでしかたありません

ポールサウワーと並んで100点をたたき出す日も

そう遠くないのかもしれませんね!!










■醸造家 親子で素晴らしいワインを作っています

●父ジャックは、南アフリカのシモンシヒ、ラモッテ、
ルパートロートシルトで醸造経験を積んだ後に
現在のボシュクルーフをオープン。
南アフリカ・シラーズ・フォーラムの会長も務めた経験もあり、
現在は南アフリカ・ワインメーカーズ・ギルドのメンバー。

●息子リーネンは、ローヌで醸造経験をした後、
実家に戻り、現在は醸造責任者に就任している。
才能あふれる若手醸造家の1人として注目されており、
友人2人と小さなブティックワイン
「ロン・バーガンディー Ron Burgundy」を立ち上げ
樹齢の古いコロンバールを使用したワイン「パタツブラン」などもリリースしています
これも素晴らしい白ワインです
在庫あるので 良かったら 試してみてください



 


そして やっとここまで来ました

今回入荷のワインについて・・・

■Boschkloof Kottabos Grenache Syrah
コッタボス・グルナッシュ・シラー

 


ヴィンテージ 2019

場所 ステレンボシュ・ポカドライ地区の畑。

ポカドライ ほらね 場所が分からない
探すも道しか出てこないーーーー
ただ ボッシュクルーフのワイナリーの前の道M12号線が
ポカドライロードとなっているので
きっとこの辺りですね ムッチャ想像ですが

葡萄品種 グルナッシュ 60% シラー 40%

醸造・発酵 両品種ともに全房発酵後、10-12日間スキンコンタクト。
グルナッシュは古いフレンチオークで熟成。
シラーは、樽熟成無しでコンクリートタンクで熟成。
11ヵ月後、ブレンドして瓶詰め。

テイスティングコメント 黒系&赤系果実、ラズベリー、スミレ、ストロベリー、白コショウなどの香り。
まだ若々しく、フレッシュで綺麗な酸、細やかでなめらかな渋み、
繊細で軽快、ピュアなテイスト。透明感のある綺麗なワインで、
ブドウを軽く搾ったそのままの味を楽しめる。複雑味や旨みもあり、
チャーミング。

古樽で熟成したグルナッシュと、コンクリートタンクのフレッシュさを残したシラーとのコンビネーションが絶妙で、
上手い具合にワインの味に反映されている。
少し冷やして提供しても良い。

となっていたので

これから 蒸し蒸しの日本の夏でも

楽しめそうな1本です

明日 5月12日より

量り売りワインとして登場します

150ml 690円


そして もう1つ





 

■BOSCHKLOOF Kottabos Chenin Blanc
コッタボス シュナンブラン


ヴィンテージ 2019

場所ステレンボシュ・ポカドライ地区

土壌 花崗岩土壌。

醸造・発酵 全房でプレス。24時間スキンコンタクト後、

フレンチオークの古樽で天然発酵。

澱が入ったまま10か月熟成。

テイスティングコメント 洋ナシ、白桃、ライム、柑橘類、花、干し草、
ドライハーブ、スパイスなど豊かな香り。
フレッシュで豊かな酸、凝縮した果実味だが繊細さも持ち合わせている。
果実のピュアな味を楽しめるナチュラルなスタイル。
ミネラルは強く感じ、骨格のしっかりしたボディ。
複雑味や旨みもあり、バランスも良く素晴らしいシュナンブラン。
ヴィンテージ+5年以降の熟成も楽しみなワイン。

という1本です
こちらも一緒に量り売りしちゃいます

150ml 690円





「コッタボス」というのは、

古代ギリシャやエトルリアで行われたという飲み会余興の一なんだそうです。

 特に紀元前6世紀頃にアテネで流行していたもので、

真ん中に置かれた的に向かってワインの粕を投げつけるというものらしいんです(ウィキペディアより引用)

なるほど!! 京都で芸者さんとするお座敷遊びの投扇興(とうせんきょう)みたいな感じなんですね

人間って飲むと 何か投げたくなるんだろうか

普段なら簡単に出来ることが

酔う事で困難になっている

自分の酔っ払い具合を知るためなんだろうか

それとも

そうやって他に神経を使う事で

さらに酔うスピードを上げる為だったんだろうか

またしても 想像が止まりません

調べるって面白いですね

そして 8時から書き始めて 現在 13時45分・・・

お休みの間に ワインのブログ書き貯めようと思ったけど

ちょっと難しそうです

取りあえず 今日はこの1本で力尽きました 笑


上記 2アイテム

火曜日 12日より 量り売り開始します

ボトル売りは 店頭にて既に行っております

その他にも 赤2種類

白 2種類

量り売り行っています!





テイクアウトは平日の通常通りで

5種盛り 980円

3種盛り 680円

チーズ盛り合わせ 500円

キッシュ 450円

となっております

ご予約おまちしております!



 




本日は ワイン部はお休みとなっております

明日の営業は今まで通り

16時オープン

ワインの提供は19時までとさせて頂きます

20時 閉店

完全予約制とさせて頂いて居ます

1組 2名様までとして

店内は 最大 6名様とさせて頂いて居ます

折角ご来店頂いても

お断りすることも度々で

本当に申し訳ありませんが

今しばらく この形で営業を続けさせて頂ければと

思っています。

ご理解のほど よろしくお願いします




そして 間もなく終了です!

#ありがとうハーテンバーグ企画

応募締切は5/17です。

ハッシュタグ

#arigato_hartenberg

を付けて応募すると

ハーテンバーグのワイン3本と

同社オリジナル・トートバッグが当たるという

太っ腹企画です。


応募方法、詳細はインポーターの

マスダさんのサイトまで

ココ


今日は暑い1日でしたね

そろそろ こまめな水分補給心がけないとですね

それでは そろそろですか?

美味しい南アフリカワインと一緒に

素敵なドリンキングタイムをお過ごしください!!






 


 

2020-05-11 16:17:23

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント