×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

Saurweinーサワーヴァイン

Saurweinーサワーヴァイン

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店

5月18日 月曜日のブログです

今日はお休みです

そして明日からの量り売り&グラスワインに登場するのがこちらの

2種類です。






 


サワーヴァイン<Saurwein>の登場です

ラベルが好きでつい仕入れてしまった

南アフリカワインです・・・・

いいんだろうか 笑

いいんです!(≧▽≦)

だって 勿論ワインが素晴らしいから✨




 


では サワーヴァインについて少しインポーターさんと

サワーヴァインさんのWEBから

情報を少し・・・





ワイナリーの場所:南アフリカ>コースタルリージョン地区>ステレンボッシュ

設立:2015年




醸造家:Jessica Saurwein ジェシカ・サワーヴァイン氏

Saurweinーサワーヴァインは

Jessica Saurweinージェシカ・サワーヴァインさんの姓にあたります

彼女の先祖はオーストリア皇帝の為に

17世紀にワインを作っていたという歴史を持っていて

彼女自身も高校卒業後の空いた時間を利用し

国内外の葡萄畑で働き大学へ進学

ステレンボッシュ大学で醸造と栽培を学んだ後、

ワインセールとマーケティング担当を経て2015年より

パートタイムで自身のワインを作り始めます。

2017年に出産

その後独立し醸造家となります。

ワインはテロワールを表現し天然発酵、不干渉主義。

地域、土壌、葡萄の味わいをそのまま素直に表現し、

ピュア、透明感、優美、エレガントなイメージのワインを造っています




▶品 種 

エルギン地区でリースリングを

ピノノワールはエランズクルーフとヘメルアンアードリッジの2種類

合計3種類を生産している小規模生産者です






彼女のノム・ピノノワール2016が

デカンタ―誌の2018年

「最もエキサイティングなトップ50ワイン」に選出されるなど

高い評価を得ています。

南アフリカワイン業界の新しい光になりそうな

今後期待度の大きな生産者なんだそうです。


期待が膨らむワインですね♪








当店の取り扱いアイテム

サワーヴァイン ノム ピノノワール
Saurwein Nom Pinot Noir




 



▶地  域  ケープサウスコーストのオーヴァーバーグ地域の
       中のエランズクルーフ Elandskloof Valley
 
品 種   ピノノワール

エランズクルーフのカイマンスハット(クローヌでも出て来た!)

標高700mの高地で栽培されているピノノワールを使用

土壌は主に頁岩ですが表土に花崗岩と粘土も含まれます

ピノノワールのクローンは115 777

エルギンヴァントナーズのピノと同じクローン
PN115 もっとも広く栽培 収穫量低いが高品質
小さな粒と房
PN777 コートドールのクローン 果皮が熱く種が多い 濃い色調
非常にアロマが豊か タンニンが強くなりがちなので注意

醸造・発酵 収穫後天然発酵

フレンチオークで熟成 新樽比率20%

7樽のみ生産




ヴィンテージ 2018

2018年は乾燥した年で葡萄はとても小さく

結果として果実味の凝縮した濃厚な葡萄となりました

そして果実味の強さとタンニンが混ざり合ったワインへと繋がりました







味わいは
レッドチェリー ブラックチェリー ラズベリー オレンジの皮などの香り
フレッシュで豊かな酸、ワインは優しく、綺麗に抽出されたブドウジュースは
ピュアで透明感があり美しい
渋みは細やかで洗練されている
フレッシュな搾りたての美味しいブドウジュースを飲んでいるよう
優しくフェミニンなピノノワールで
滑らかでシルキー
バランスよく 完成度の高い優れたエレガントなワイン

TAリポート2019 2018vt 94ポイント

名前の由来
このワインの名前となっている
「ノムーNOM」はnombulelo(「コーカサス語で「感謝」)と
Nomkhubulwaneという農業の女神の略でもあり
葡萄畑が標高700メートルという高い位置にあり
感謝の気持ちから物語が表れます。











サワーヴァイン・チ・リースリング
Saurwein Chi Riesling


 

▶産地:南アフリカ>ケープサウスコースト>エルギン

▶品種: リースリング

▶土壌: エルギン ケーシーズリッジヴィンヤードの
赤いスレートのローム土壌で岩の多い場所です


▶ヴィンテージ: 2019

2019年は冷涼であったため
ゆっくりと熟成し素晴らしいヴィンテージとなりました

醸造・発酵 収穫後9週間以上天然発酵が続きました
発酵後熟成

味わい 柑橘類 レモンシャーベット、花、青りんご、
ハーブなどの香りフレッシュで豊かな酸
ワインは優しくピュアで透明感があり綺麗
柑橘類の風味が豊かでさわやかかつジューシー
酸味と残糖感のバランスが素晴らしくエレガントにまとまっている
最後までフレッシュな酸味が続き
ワインを気持ちの良いものにしている
ドライなフィニッシュ
南アフリカを代表する綺麗でエレガントなリースリングの1本

ジャンティスロビンソン 南アのリースリングでは過去最高得点 16.5/20pt
フィナンシャルタイムズ誌2019年10月号で
「ジャンティスロビンソンの強いお薦め6本」の1本に選ばれる
プラッター 2019 4つ星 91pt 18vt
TA 2019 92pt 18vt

▶製造本数 2600本

名前の由来
Chiは「生命力」を意味します
CHIUTAはアフリカの雨の神様の略でもあります
肥沃なエルギン渓谷にある葡萄畑は
画のように美しく切れ味のあるシャキッとした手作りのリースリングを
創造する、ひらめきとなりました。





というワイン2種類

明日からのリストに登場です

量り売り

150ml リースリング 820円 

150ml ピノノワール 1540円



明日は酒屋は10時よりオープン

ワイン部は16時よりオープンです

 

2020-05-18 15:30:44

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント