×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◇南アフリカワインメーカーについて»  ダーマシーン シラーについて

ダーマシーン シラーについて

ダーマシーン シラーについて

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

6月24日 水曜日のブログです

昨日言っていたダーマシーンのお話




 


やっとご紹介出来ます!

既に 在庫があと僅かとなってきているので

ある間に 書けて良かった♡

どれも生産本数が非常に少なく

貴重なワインです

勿論 数が少ないだけではなくて

その中身が素晴らしいです


まず 作っているのは


あの 7つの椅子でお馴染みの

ブーケンハーツクルーフで

2009~2017年まで醸造責任者、

チーフワインメーカーを務めた

ジャン・スミット氏です


あの 素晴らしいワインを

彼が作っていたんですね

そして ブーケンハーツクルーフで

特に注目されているのが

シラー!!


それぞれ ワイナリーには

スタイルがあるので

今まで彼が作ってきたのは

ブーケンハーツクルーフのスタイル

そして

独立して

自分のワイナリーを作り

自分が目指すシラーとして

造り上げたのが

このダーマシーン ステレンボッシュ シラー です

2018年ヴィンテージが初リリースとなります

そして この初リリースが

スゴイ高評価!!






 





南アフリカのワインサイト

ワインマグやワンセラーでも絶賛です

初ヴィンテージで、ワインマグ97点。
この場所はすぐさま国内で最高の場所となるだろ!!(ワインマグ)

2019年トップ25ワインの3位に入る(クリスチャン・イーズ「いきなり南アフリカ・トップクラス。」)

「過去10年で最もエキサイティングな南アフリカワインのニューリリースの1つ。
このシラーは、私がこれまで試飲したワインの中でも最も美しいものの1つだが、
醸造家のジャンがブーケンハーツクルーフで10年弱勤めたという経歴を見れば、何も驚くことではない」と絶賛評価

もう 南アフリカ内から絶賛の嵐!!

衝撃のデヴューを果たした

ダーマシーンワイナリー ジャン スミット氏です!!!

そんなん言われたら

飲みたいに決まってる~と

言う事で今週のリストに入れてしまいました

勿論 その後に続く

セミヨン カベルネフランも素晴らしいですが

お話はまた後程

ワイナリーについて~

ダーマシーン Damascene

2018年設立

ワイナリーの名前 「ダーマシーン Damascene」とは

「人生観や考え方が変わるような衝撃的な瞬間」という意味なんだとか

どこから来ている言葉なんだろう

調べるも よくわからない・・・

場所 南アフリカ > ケープサウスコースト > エルギン


ワイナリー名に込められた思い・・・

「ダーマシーン」=「人生観や考え方が変わるような衝撃的な瞬間」

このワインが、そのようなワインでありたいという想いが込められて居るのだとか

ラベルにも白と黒のコントラストで、「衝撃的に変わる」ことを表しています。

雷に打たれるがごとくな1本という事ですね!!

さぁ 皆さん 体に衝撃が走る瞬間を

体感ください

う~ ここまで書いてきて

ますます 飲みたい!!


実は まだ 開いていないんですよ

誰が最初の1杯を飲み

最後の1杯を飲むんだろう・・・





 




そして このラベル

1本1本ボトルナンバーも記載されています

ジョンが考える

それぞれのブドウ品種のベストサイトからブドウを購入して製造するスタイルをとっています。

という事でこちらのシラーはポカドライヒルとボタラリーヒルのブドウを使用しています

そしてなんと!

醸造したものから上質な20%のみを瓶詰め。

2019年10月のデビューからいきなり各界に衝撃を与えまくっているワインなんです!!


残りの 80%は何処へ行くんだろう

ちょっと気になる 笑





ワインについて

ダーマシーン ステレンボッシュ シラー
Damascene Stellenbosch Syrah

生産者 ダーマシーン Damascene
原産国/地域 南アフリカ›コースタルリージョン地区 ›ステレンボッシュ

タイプ 赤・フルボディ
品 種 シラー]00%
アルコール度数 13.4%未満
容 量 750ml
ヴィンテージ 2018

受賞/評価 ワインマグ97点

畑はポカドライヒルとボタラリーヒルの2つの場所のブドウを使用(共にステレンボッシュの地区)。

両方の畑もも標高300m以上の高地にある冷涼な場所。

土壌は分解された花崗岩。

2つの畑の葡萄をブレンドすることにより

ワインに複雑味を与えている。

ポカドライヒルの畑は1996年に植樹。

斜面は南東側の冷涼斜面。

収穫後は、ブロックごとに小さなタンクで全房天然発酵。

タンクはオープントップの発酵タンクと

1000Lのオーク樽を使用。

マロラクティック発酵を経て、11ヶ月熟成。

無ろ過で瓶詰め。

なんと生産量は2728本のみ!!

日本で飲めるなんて 本当にラッキーでしかないですね





インポーターさんコメント

熟した赤系果実、ブラックオリーブ、スミレ、コショウ、コリアンダー、

ナツメグなどの香り。

フレッシュで柔らかく心地良い酸味。細やかで洗練された渋み。

滑らかでリッチ、凝縮された果実味は濃厚だが重くない。

シルキーで美しいエレガントなスタイル。

フレッシュな果実味とスパイスが心地良く、最後まで続く。

南アフリカでもトップクラスのステレンボッシュのローヌ・スタイル・シラー。





ふう~

もう16時まで待てない気分です 笑


是非お試しください♪




昨日作った

砂ずりの佃煮

「このワイン泥棒」と絶賛頂きました

山椒が結構効いています

ゴボウと生姜そして山椒と

香りのハーモニーを楽しみながら

おたべください

軽やかでスパイシーな赤ワインに

とてもよく合います


今日のワインリストはコチラです


スパークリングワイン

テスタロンガ エル バンディート ニンジャシリーズ

アイ ウッシュ アイ ワズ ア ニンジャ
 

 

白ワイン

 

本日の白

ロバートソン シュナンブラン

ビーズニーズ ホワイトブレンド

ポールクルーバー シャルドネ

スティーンバーグ セミヨン

赤ワイン

本日の赤ワイン

ウルフトラップ

ニュートンジョンソン グラナム

ガブリエルスクルーフ ザ・ブレンド

ダーマシーン ステレンボッシュ シラー

という

南アフリカワイン 11アイテムを

グラスにてお飲み頂けます






 

 


7月お休み

5日(日)

12日(日)

19日(日)

27日(月)


23日 24日 25日 26日 は久しぶりに

昼飲み営業します!!


11時より20時までの営業となります


26日 日曜日は

18時 完全クローズです

ご来店お待ちしております





11日土曜日は ワイン会の為貸し切り営業となりますので

終日 一般の営業はお休みとなります


8月22日は久しぶりに

当店主催のワイン会を 1回 5名様で

2回に分けて行うスタイルを考えています

(取り急ぎ日時だけお伝えします)

イベントも新しい安心していただけるスタイルで

色々考えて行っていく予定です

 

それでは今日も16時オープンです

お待ちしております






 

2020-06-24 13:52:07

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント