×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◇南アフリカワインメーカーについて»  レストレスリバーと営業時間短縮のお知らせ

レストレスリバーと営業時間短縮のお知らせ

レストレスリバーと営業時間短縮のお知らせ

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

1月13日 水曜日のブログです


月曜日よりワインのアイテムが変わっています


スパークリングワイン

グラハムベック

白ワイン

ロバートソン ゲヴェルツトラミネール

サザンライト ソーヴィニヨンブラン

デイビット&ナディア トポグラフィー シュナンブラン

ランザラック シャルドネ

赤ワイン

フィーストアンドヴァイン シラー

ポークパインリッジ シラー

カノンコップ カデット ケープブレンド

レストレスリバー カベルネソーヴィニヨン


となっています!

はい

お知らせ遅くなりましたが

クリスタルムと同時期に

レストレスリバーも入荷しております

入荷アイテムは



Restless River Wanderlust Sauvignon Blanc

レストレスリバー ワンダーラスト ソーヴィニヨンブラン

Restless River Ava Marie Chardonnay

レストレスリバー エヴァ マリー シャルドネ

Restless River Le Luc Pinot Noir

レストレスリバー ル・ルーク ピノノワール

Restless River Main Road & Dignity Cabernet Sauvignon

レストレスリバー メインロード&ディグニティ  カベルネソーヴィニヨン



の4アイテムです

順番に開けていけたらいいなと

思っていますが

それまでに完売した場合は

ご容赦くださいませ



そして

レストレスリバーについて書いたことあると思うのに

過去のブログが見つけられません


ブログも 写真も整理整頓ですね

今必死で画像を片付けています・・・

終わる気がしないぐらい

凄い量ですが

時間はたっぷりあるので

ゆっくりお片付けしていく予定です







そう ブログが見つけられないの続き

なので改めて

ムッチャエエワインですという事を

書いておこうと思います!


今度はタイトルにも

本文中にも レストレスリバーをちりばめておこう

直ぐに見つけられるように






お値段は南アフリカワインにしては

6000円台から7000円台と

かなり高額のクラスにはなりますが

その価値を十二分に感じていただけるワインです!





まずはどんな人が作っているの?

お名前は クレッグ・ウェッセル氏

私個人の感想だと

天才!

どんなところが?

まず ワインを独学で学んでいるにも

かかわらず

自分の作り上げたいワインを

凄いこだわりで突き詰めるために

リサーチ こだわり 行動のスピード感が

もの凄い!!

才能+努力+再現力

全部発揮できている人=天才!


そんな人だなと思っています

もっと詳しく知りたい方は

ブログに下の方の更に詳しくをご覧ください!







畑がある場所は

勿論南アフリカの

ヘメルアンアードという、ブドウ生育期に

安定して涼しい場所と言われています

とても酸味が美しいワインが出来るんです

当店でも

ピノ好きのお客様が大好き

アタラクシア ストーム クリスタルムなんかの

ピノノワールやシャルドネが作られている場所です



レストレスリバーのクレッグ・ウェッセル氏の畑は

大西洋から僅か5キロという場所にあります。

涼しい風が吹く

ブドウ栽培に向いている

希少な場所に畑を持っています

そんな彼が作っているワインが

先ほど書いた4種類です





◇Restless River Wanderlust Sauvignon Blanc

レストレスリバー ワンダーラスト ソーヴィニヨンブラン


ワンダーラストシリーズは毎年熱い思いを込めて

初めて手掛ける品種によって作られている

単一品種キュヴェ使用のワインです



今回は敢えて彼自身があまり好きではないという

ソーヴィニョン・ブランに白羽の矢が!

彼の魔法がかかった唯一無二の希少キュヴェで、

毎年リリース前に予約完売してしまう大人気の

1本です

ちなみに昨年度は グルナッシュ

赤ワインでした



毎年どんなワインが登場するか

ワクワクさせてくれるシリーズです


さて どんなソーヴィニヨンブランが

完成したんだろうか・・・

ラスト1本です



お次は

 


◇Restless River Ava Marie Chardonnay

レストレスリバー エヴァ マリー シャルドネ

畑の名前が 娘さんの名前という

思いがたっぷり詰まった白ワインです


ブルゴーニュの銘醸地のシャルドネにも負けていない

素晴らしいワインとして

世界中から毎年リリースされるのを待たれている

素晴らしい南アフリカの白ワインです


美しい引き締まった酸がたまらない

熟成したらどんなに凄いことになるだろう

今飲んでも

我慢できる人は熟成させても良し

ブルゴーニュのシャルドネ好きには

いや

そうでなくても

最高に素晴らしい気品あふれる白ワインです










 

◇Restless River Le Luc Pinot Noir

レストレスリバー ル・ルーク ピノノワール 2017

2016からリリースされた

今回2シーズン目のワインです

葡萄は 皆大好き?ピノノワールという黒ブドウを使った

赤ワインです。

収穫にもこだわっていて

とても低収量にしているので

ブドウ果汁自体が凄く貴重な

数の少ないシリーズです!

赤いベリーの香りにハーブや野菜のニュアンスも

華やかな香りときめ細やかで優しいタンニン

滑らかな口当たりのエレガントなワインです





そして今回開けているのが

◇Restless River Main Road & Dignity Cabernet Sauvignon

レストレスリバー メインロード & ディグニティ カベルネソーヴィニヨン

ボルドー・トップシャトー愛好家をも唸らせる

極上の出来栄えでの赤ワインです

どちらも国内外においてリリースと同時に

即完売となるファン垂涎のキュヴェなんです!

冷涼な産地で作られているので

酸が美しい~とてもエレガントなカベルネソーヴィニヨンです

この産地最古の銘畑の自社畑メインロードとディグニティの

葡萄が使われているところから名付けられているワインです



といった どれも素晴らしいワイン&生産量が

極めて少ない南アフリカワインです

国内外でも人気なので

私自身 とりあえず 見たら飲んでおこうと

思っちゃうワインの1つです


今回も開けるのは

各アイテム1本のみの予定ですので

お早めに!!

グラスにすると 1700円になっちゃうので

ハーフ 900円も作りました

飲んでみてくださいね

このブログが完成するころには

なくなってしまっているかもという

一抹の不安を抱えながら

大急ぎでブログを書き進めています

残念ながらというか

ラッキーなことにというか

まだあります (笑)



今日は先日好評だった

チーズインミートパイ焼きます!

大好きなんですよね

ミートパイ

ミートパイ屋さんしたいくらいに(≧▽≦)

是非 レストレスリバー メインロード&ディグニティ カベルネソーヴィニヨンと

一緒にお楽しみください♪






そして 営業時間短縮のお知らせです

今日発令される

緊急事態宣言に要請に従い

当店でも

20時閉店

南アフリカワインを含むお酒の提供を

19時迄とさせていただきます

ボトルでお持ち帰りお客様は

20時迄お買い求めいただけます


緊急事態宣言の間

お休みを 日曜日から水曜日に

変更の予定です

今週末は 16日 17日はそのまま

お休み頂戴します




と言った形です



ココからレストレスリバーの詳細です





◆設立◆ 1999年



1999年、実業家として成功しているクレッグ・ウェッセル氏が、

ウォーカー・ベイ地区における最も古いカベルネ・ソーヴィニョンと

シャルドネの聖地である

Hemel-en-Aarde-Valley/ヘメル・アン・アード・ヴァレーに

一代で創めたワイナリーです。

 


◆場所◆

大西洋からわずか5kmの場所に位置

海からの冷涼な風が吹く、南アフリカでは

稀少な銘醸地に自社畑を所有しています。






◆ファーストヴィンテージ◆

ファーストヴィンテージは2004年

現在も少しずつ畑を広げているところです。






◆当主 クレッグ・ウェッセル氏について◆

クレッグ・ウェッセル氏は複数の企業の代表として

南アフリカの経済面において貢献し、

雇用やチャリティー活動などを通して社会格差の

是正に貢献しています。

その傍ら独学でブドウの栽培方法と醸造技術を習得し、

云わば「週末醸造家」としてワイン造りに携わっています。

と、インポーターさんの資料にはありますが

そういうレベルのワインでは無いです

専業醸造家という言葉があるとしたら

その中で比較したとしても

トップレベルの味わいの

ワインを作り出している方だと思います。





非常に勤勉で、稀に見るコミュニケーション能力を

持ち合わせていると書かれていますが

来日の際にお会いした時も、

非常に人当たりがよく物静かですが

SNS等でレストレスリバーの投稿の

反応の速さは他のどのワイナリーさんより

早い気がします

何足ものわらじを履いて

人一倍スピーディな反応です

やっぱり出来る人は違うなと

自分の、トロさにうんざりします





またクレッグ・ウェッセル氏は

同じ産地のブドウ栽培家や超一流の

ワイン生産者たちと密に連携し、

大規模なワインイベントを主催するなど、

その天賦の嗅覚と人間力を生かし、

常に自身のワイン造りの技術向上と

ワインのクオリティー、

そして地域社会への貢献と

各方面から突き詰め続けています。






彼は創業時から毎年シャルドネ100%の白ワインと、

カベルネ・ソーヴィニョン100%の赤ワインの

各1種類ずつをリリースしてきましたが、

それらのワイン造りにおける拘りは並々ならぬものがあり、

白ワインは極上のブルゴーニュのコート・ドールの

グラン・クリュと並び称され、

赤ワインはボルドー・トップシャトー愛好家をも唸らせる

極上の出来栄えで、

並べて飲んでみたいですね!!!





どちらも国内外においてリリースと同時に即完売となる

ファン垂涎のキュヴェです。

2019年のラインナップからは遂にピノ・ノワール

2016VTが加わり、

さらに「チャレンジングな取り組み」をコンセプトに、

毎年異なった品種による実験的キュヴェのシリーズ

「ワンダーラスト」も加わるなど、遂に進化を続けている

目が離せない造り手です。



本当に次に何を仕掛けてくるか!

楽しみで仕方ないです

彼の頭の中には既に新しい何か!!!が

あるかもしれないですね

ワクワク♪








「カベルネ・ソーヴィニョン」のエチケットは、

ウイスキー愛好家であるウェッセル氏自身が

ウイスキーのラベルからイマジネーションを

受けてデザインしたもので、彼の拘りの醸造の

データが読み取れるスタイリッシュなデザインに

なっています。


レストレスリバーの

栽培と醸造について

“自然に任せて造る”という哲学に沿って、

栽培から醸造、瓶詰まで、極めて自然なワイン造りを

行っている生産者です。

栽培時の農薬の不使用はもちろんのこと、

醸造時もポンプなどの機械もなるべく使用せず、

セラー内の作業は全て手作業で行われます

収穫は一般的な時期より1か月ほど遅く

全て手摘み



発酵はキュヴェに応じてステンレスタンクや

オーク樽を使い分け、全て野生酵母による自然発酵を促し、

熟成にはフレンチオーク樽を使用します。





新樽比率は数パーセントから1/3ほどです。

正に“authenticーオーセンティックなワイン”なんだとか

確かにこだわり凄いですね

南アフリカの生産者さんって

いや 美味しいものを作ろうと努力する人たちって

本当にすごい

それぞれの目指すスタイルに向けて

手間を惜しまず

最善を尽くす

美味しいのが当たり前ですね

納得の作り手さんの一人です
 





 



各ワインの作りについて

Wanderlust Sauvignon Blanc
ワンダーラスト・ソーヴィニヨン・ブラン 2018


▶キュヴェ

「ワンダーラスト」シリーズは、ウェッセル氏が
毎年熱い思いを込めて,初めて手掛ける品種による
単一品種キュヴェで、今回は敢えて彼自身があまり
好きではないという ソーヴィニョン・ブランが採用されました。


彼の魔法がかかった唯一無二の希少キュヴェで、
毎年リリース前に予約完売してしまいます。

▶ブドウ品種  ソーヴィニヨンブラン 100%


▶産 地   

南アフリカ .>ケープサウスコースト>ウォーカーベイ Walker Bay> ヘメルアンアード リッジ Hemel-en-Aarde-Ridge

▶畑面積   1.86ha:単一畑

▶植 樹   2004年

▶畑立地   

大西洋から10kmの場所の標高400m    東向きの丘の斜面に位置
海からの冷たい風が吹き込みます。


▶土  壌   

粘土質頁岩を基盤とした砂利混じりの
砂岩と埴壌土(しょくじょうど:大部分が粘土で20~30%が砂)


▶収  穫    2月28日に手摘みにて行う


▶全房使用率  100%


▶発  酵   

小さめの蓋付きステンレス・タンクを用いて密閉して
マセラシオン・カルボニックを促し、5週間後に蓋を
開けて空気と触れさせます。
驚くべきことにこの時点でもブドウの実は
まだ青々としているのだとか!!
足で全房を破砕し、スキンコンタクトで3日
間自然発酵を促し、バスケットプレスを行い樽へ移します。


▶熟  成   フレンチオーク古樽を用いて澱と共に16ヶ月間


▶アルコール度数 13.5%

〇無清澄・無濾過















Ava Marie Chardonnay
エヴァ・マリー・シャルドネ 2017


キュヴェ名はウェッセル氏の愛娘の名前「Ava/エヴァ」を
このシャルドネ畑に名付けています。


▶品  種   シャルドネ100%


▶産  地   

南アフリカ >ケープサウスコースト>ウォーカーベイ Walker Bay  
アッパー・ヘメル・アン・アード・ヴァレー Upper-Hemel-en-Aarde-Valley


▶畑面積   2.06ha:単一畑

▶畑立地   

大西洋から5kmの場所の標高300mで
東向きの丘の斜面に位置し、海からの冷たい風が吹き込みます。


▶土  壌   

風化した花崗岩が基盤で、上部は砂利や岩石、
深層部は僅かに粘土の混じる砂利の多い砂質壌土


▶植  樹   1999年


▶栽  培   

冷涼な気候のヴィンテージには、ブドウの成熟を
助けるためツルを長く保つなどの工夫を施します。


▶収  穫   2月に3週間かけて収穫、手摘み


▶全房使用率 100%

▶プレス   4時間かけて行い、ひと晩寝かせ、澱引き


▶発  酵   

フレンチオーク樽(新樽5%)と 2017年度より イタリア産の
テラコッタ製アンフォラ壺 450Lの物2つを用いて、
30日間野生酵母により自然発酵 アンフォラ使用率は 10%との事



▶熟  成   

澱と共に11ヵ月間熟成し→さらにステンレスタンクで 
3ヵ月寝かせ→瓶詰後さらに18ヵ月間瓶熟成:14℃


▶テイスティングノート

シトラスなど柑橘系の豊かなアロマとエレガントな
スパイシーさが魅力的で、美しい酸と長い余韻を楽しめ、
長期熟成も期待できる、紛れもなく南アフリカで最も
優れたシャルドネのひとつと言えます。


▶アルコール度数  13.5%

非常に気になる1本 前年度と飲み比べたい ちょうど3ヴィンテージあったので
コアなワインラヴァー様が3ヴィンテージ合わせてお買い上げいただいたので
感想待ち 聞いてから開けようかなとおもっているけど
その前に無くなるという可能性もあるという・・・
悩ましい1本です
お誕生日ウィークに開けようかなと考え中~




















Le Luc Pinot Noir

ル・ルーク・ピノ・ノワール 2017




▶キュヴェ  自社畑「Le Luc/ル・ルーク」のシングル・ヴィンヤード・キュヴェ
        2017年は2ヴィンテージ目です。


▶品  種    ピノ・ノワール100%

▶産 地

南アフリカ >ケープサウスコースト>ウォーカーベイ Walker Bay>
アッパー・ヘメル・アン・アード・ヴァレー Upper Hemel-en-Aarde-Valley


▶畑面積 なんと1.2ha:単一畑

▶畑立地

大西洋から5kmの場所の北東向きの丘の斜面に
位置し、海からの冷たい風が吹き込みます。


▶土 壌

花崗岩が基盤で、上部は砂利、岩石、
ミネラル豊かなコーヒークリップなど様々で、
深層部は風化した花崗岩と粘土質


▶植 樹 2013年

▶栽 培

ブドウ樹にストレスを与えず凝縮した
果実味を得るために50%以上間引き(グリーン・ハーヴェスト)します。
収 穫 数日間開けて2回に分けて手摘みにて


▶全房使用率  20%

▶発 酵

小さな木製の開放槽を用いて、パンチングダウンや
ポンピングオーバーは行わず、
果帽を毎日手で押して軽くワインに漬
けながら野生酵母による自然発酵を促します。
熟 成 フレンチオーク樽(新樽比率25%)にて澱と共に11カ月間熟成
→澱引き→さらにステンレスタンクにて数か月間寝かせ、
清澄を行わず瓶詰→さらに18カ月以上瓶熟成


▶テイスティングノート

いくつかの赤い果実、ハーブ、ムスク、
森の下草などのアロマがとても華やかで、
若々しい酸味ときめ細かなタンニンのバランスがよく、
滑らかな口当たりです。

▶アルコール度数 13.0% ◆無清澄














Main Road & Dignity Cabernet Sauvignon
メイン・ロード&ディグニティ・カベルネ・ソーヴィニヨン


▶キュヴェ この産地において最古の銘畑である2つの自社畑「メイン・ロード」と「ディグニティ」のブドウを使用



▶品 種   カベルネ・ソーヴィニョン100%

▶産 地   南アフリカ>ケープサウスコースト>ウォーカーベイ
アッパー・ヘメル・アン・アード・ヴァレー/Upper Hemel-en-Aarde-Valley

▶畑面積 3ha:単一畑

▶畑立地

大西洋から5kmの場所で標高300mの北・西・東向きの丘の斜面に位置し、
海からの冷たい風が吹き込み、当地区で最も冷涼な畑のひとつです。

▶土 壌

花崗岩が基盤で、上部は砂利、岩石、ミネラル豊かな
コーヒークリップなど様々で、深層部は風化した花崗岩と粘土質

▶植 樹   1999年:当地区で最古のブドウ樹

▶収 穫  3月から4月に渡り4~5週間かけて日が昇る前の
早朝手摘みに行います。

▶全房使用率  20%

▶発 酵

小さな木製の開放槽を用いて、1日に1~2回短時間だけパンチングダウンを
行いながら野生酵母による自然発酵を促し、長期間にわたるマセラシオンの後、
古いバスケットプレスと重力を用いて熟成槽へ移動させます。


▶熟 成

フレンチオーク樽(新樽比率20%)にて澱と共に21カ月間熟成
澱引き後さらに数か月寝かせ、清澄を行わず瓶詰
さらに2年間瓶熟成


▶テイスティングノート

芳醇さに溢れ驚くほど上品でエレガントな酒質。
ボルドーの1級シャトーに並ぶほどの魅力的な味わい。


▶アルコール度数 14.0% ◆無清澄


といったワインです
ほぼ私の備忘録的日記となってますね

何度も振り返らないとすぐに忘れてしまうので






今月の持ち帰りプレート日

8日 金 9日 土
11日月曜日

15日 金
22日 金 23日 土
29日 金 30日 土


ご予約承り中!!

となっています

2月2日~6日は南アフリカワインのお誕生日なので

お誕生日プレート作ります!

10種盛り 1500円税込み です

こちらもご予約お待ちしています

お誕生日お祝いにスペシャルワイン

色々開けちゃいます

お楽しみに!!
 
 





□□◆■■■■1月の予定■■■■◆□□



1月16日(土)

1月17日(日)連休


2月は南アフリカワインのお誕生日会も予定しています♪

お楽しみに~♪


★★☆★★☆彡 
    
あまから手帖掲載記念 送料無料セットのお申込み

ページはこちらから♪

2月号発売まで

【南アフリカワイン】 南アフリカワインSDGsセット
 










 
 











◆●◆東大阪市ウルトラプレミアム商品券登録店です◆●◆


 東大阪市の ウルトラプレミアム商品券

酒屋の商品お買い上げは勿論

ワイン部の飲食代イベント代にもお使いいただけます!

2020年 9月1日~ 2021年 1月31日まで
 


□□□□□□□□□□□□□□□◆






 

2021-01-13 12:08:18

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント