×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

リンポポ州 Limpoo

リンポポ州 Limpoo

こんにちは!

やっぱり ワインに関する情報はかなり少なかった

今日は Limpopo州についてです

リンポポ州は南アフリカで最も北に位置すワイン産地です。

偉大なリンポポ・リバーから名を受け、 モザンビーク、ボツワナ、

そしてジンバブウェとの国境に位置する のがリンポポ州です。

リンポポ州は南アフリカ最北の州であり、 最も野性的な州といわ

れています。 膨大な未開拓の土地があるのだそうです。




世界的にも有名な ユネスコ世界遺産のマプングブエ

南部アフリカ史上最初の王国であった可能性もある遺跡が

ある場所があります。




また南アフリカで最も人気の高い大型野生動物観光地である

ウォーターバーグがあります♪

州の西側の高原にあるこの地は、周りをブッシュフェルドでおおわれています。

(ブッシュフェルドとは層状貫入岩体の事 )

マラケレ国立公園、民営のウェルゲウォンデン・ゲームリザーブ、 そして有名な

ラパララ・ウィルダーネス地域などという観光地が沢山あるようです。






リンポポ州は、豊かな文化的遺産でも有名で ここには、木彫師や陶芸家がおり、

緻密なビーズ細工などの工芸品も目にすることが出来 また 世襲的なモジャジ族の

女性支配者で、 雨を降らせることができると言われている雨の女王が存在していたり

多くの川と湖は水の精と聖なるパイソンの住み家だという信仰がこの地域では あるようで

地元の人々は定期的にお供え物や お金をささげたりしています。

精霊が住んでいる町ってなんかパワースポットみたいで魅力的ですよね♪

リンポポ州の北東にあるヴェンダ地域にはフンドゥジ湖と、深く、

原生の神聖な森林が特別な先祖の場所として崇められています。

とても 伝説と神秘が存在する場所のようで 昔からこの地に住む人たちと 

ワイナリーが共存する 新旧が共に生活できる素敵な州だなと魅力的に

感じますね






もちろん自然も素晴らしく 最北部のソウトパンズバーグ山脈北側の

スロープは亜熱帯気候で、 豊かに実るマカダミアナッツとアボカドが

生産されていますが、 さらに上に登ると峡谷や滝、そして丘陵といった

典型的な山の風景をみることができ、 550種以上の木が生息しているそうで、

このユニークなエコシステムから、この地域はユネスコ生物圏保護区に指定されて

います。


そして アクティビティとしては、ハイキング、

乗馬 (エキスパートは、ウォーターバーグでの乗馬と馬の上から野生動物を

観察することが出来るそうです。 ) 釣り、ロッククライミングなどなど 

短い滞在では体験しきれないほど魅力でいっぱいの 地域のようです。






ワインの産地の気候や土壌についてはやはり あまり乗っていませんでしたが

南アで行われているミケランジェロワインアワードでも ダブルゴールドを獲得している

リンポポのワイナリーさんを 発見 ワインリストはあったのですが 畑に関するページは

見つけられず (^▽^;)

栽培している葡萄品種は カベルネソーヴィニヨン メルロー シラー カベルネフラン 

シャルドネなどでした。

と言う感じです 5州すべて 調べてみましたが 土壌や畑に関する情報は 

西ケープ州以外は知ることが 難しい現状ですね



きっとそう遠くない未来 北ケープ州 東ケープ州 クワズールナタール州 

リンポポ州からも 素敵なワインが日本に紹介される日が訪れそうですね

それにしても ワインはよくわからなかったけど 南アフリカどの州も美して 

自然がいっぱいで ますます いつか 息子と訪れたい場所になってしまいました。

次回からは 西ケープの各地域や地区を少しずつ書いていけるといいなと思っています。






今日も最後まで読んでいただいてありがとうございます

もっともっと 南アフリカの魅力をお伝えできるよう 勉強します♪

で、こんなサイト見つけました あとでやってみよう♪(≧▽≦)

http://saspecialist.southafrica.net/jp/jp/content/page/jp-sa-specialist-programme

2016-10-19 12:26:10

◇南アフリカワイン産地について   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント