×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◇南アフリカワインメーカーについて»  savage-サヴェージについて

savage-サヴェージについて

savage-サヴェージについて

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

今日は 「Savege Wines - サヴェージワイン」について

書いていきます





 






こちらは 当店でも昨年末に入荷したワインで

入って間もないって言いたかったのですが

既に 半年近くたっているんですね (^▽^;)

まぁ そんななんで まだ、ワイン部でも

グラスで開ける機会がなく

今回初お披露目です!!







その前に Savege Wines-サヴェージワインについて書いていきますね

設立は 2011年とまだ新しいワインですが

すでに プラッターで5つ星を獲得していて



 


ティムアトキン
ワインオブザイヤー シラーの部では

2017 Savage Girl Next Door が受賞していますし

また、格付けでは

2級に位置しています

そう遠くない未来1位に格付けされていると

予想させてくれるワイナリーです


さて そんなワインを造っている人はってどんな人






Duncan Savageーダンカン サヴェージ氏

エルセンバーグ農業大学を首席で卒業し

南アフリカでも名門

プラッターでも高得点をいつも獲得している

Cape Point Vineyards (今年もシャルドネやソーヴィニヨンブランは90点越えです!)で

2004年 醸造家として努めます

そして ケープポイントヴィンヤーズのソーヴィニヨンブランに

数々の名声を与え

2008年にはプラッターガイドで年間最優秀ワイナリー賞を受賞するに至ります

その立役者が

他のならぬ ダンカン サヴェージ氏なんです







ずっと白ワインの醸造に携わり輝かしい実績も残してきましたが

彼は 赤ワインを作ってみたくなっていきます

そこで 2011年 彼自身のワイナリー

Savage Winesーサヴェージ ワインズ を立ち上げます

当初は ケープポイントヴィンヤーズに勤めながら

醸造を行っていたのですが

規模の拡大につれて

14年間勤めていた会社を辞め

2016年 Savage Wines サヴェージワインズ に専念することとなります



かれの醸造所はケープタウンの街中の倉庫街にあります

今、流行りのアーバンワイナリーです

(Urban Wineryーアーバンワイナリーとは・・・畑近くではなく街中に醸造所を持つ都会の中の醸造所という感じです ニューヨークなどでも増えてきているワイナリーの新しい形です)








葡萄は殆どは買い葡萄です

ケープポイントに長年いた彼は

海洋性気候にこだわりを持っていて

赤ワインですらし夜風の影響と思しきミネラルを感じることが

出来るのだそうです✰










現在のアイテムは7種類

そのネーミングは

イタリアから来ていた研修生の女性の足が余りにも美しかったからと

葡萄を踏んでもらったエピソードを持つワインや

その他面白いネーミングのワインが

沢山 (^▽^;)

ただ 味わいはかなりのクオリティらしく

そのギャップがまた堪らないワインの様です

チャーミングで遊び心いっぱいの天才に

会ってみたくなりました♡

因みに 趣味はサーフィンだそうで

サーフィンが趣味な人多いですね

そう 南アフリカはサーフィンの良いポイントが

沢山あるんです

ちょっと 寄り道

南アフリカの波情報を見ることが出来ます

4月~9月がメインのシーズンだそうで

これからですね!!!!!

https://www.bcm-surfpatrol.com/tripguide/area_detail?trip_num=72

南アフリカ観光局のサイトにもサーフィン情報がありました♪

http://south-africa.jp/meetsouthafrica_lists/2737/



波 すごく高そうですね

ほぼ浮くことしか出来ない私には恐怖でしかないですが

砂浜はとても美しいんです




 


とても きめ細やかな砂で

ただ 水の中は 岩ゴロゴロだったような



 



波にのまれたら ムッチャ痛いんちゃうん!と思うのは

私だけなんだろうか



さて 余談終了









サヴェージ 7アイテムをご紹介

当店取り扱いは只今 3アイテムです


1.Savage Whiteーサヴェージホワイト (取り扱いあり)

[産地]ウエスタンケープ州各地(ボットリヴァー、ピケニルスクルーフ、マルガス South Africa 南アフリカ共和国)

[品種]ソーヴィニヨンブラン:49% セミヨン:33% シュナンブラン:18%

[収穫・醸造]手摘み 樽発酵 50~60%のMLF 熟成は古樽にて10か月

フローラルな香りの後から焼きリンゴ、オレンジの花、ダンジェリン・ピールなどが複雑に絡み合います

核となる土壌由来のグラな意図的なミネラルとフルーティさのバランスが心地よいワインです

アルコール14.0%

ダンジェリン=マンダリンオレンジの品種

プラッター 2019  ホワイトブレンドの部で 5つ星 



 




ピケニルスクルーフの場所




マルガス ボットリヴァー ステレンボッシュの場所







2.Savage Redーサヴェージレッド

[産地]ウエスタンケープ州各地(ステレンボッシュ、ダーリン、ピケニルスクルーフ、マルガス South Africa 南アフリカ共和国)

[品種]上記の産地の厳選した畑のシラー:76% サンソー:9% グルナッシュ:6%

[収穫・醸造]手摘みされた葡萄は解放の発酵樽にて発酵後(50%全房発酵)、30か月間古樽とフードル(大樽)にて熟成させいます

ワインはグラスの中で塩見を帯びたリコリスのスパイス、アニス、カシスの葉、グレナデン、ブラッドオレンジ、ボタニカルのヴェルモットなどが

ゆっくりと姿を現し始めます。

パレットはピンと張り詰めた直線的でクリスピーな食感、活発な酸とタンニンは細やかで、フィニッシュは塩味を含む長い余韻があります

アルコール13.0%



サヴェージレッドのシラーの畑(ワイナートより)



ダーリンの場所




3.Savage Never Been Asked to Dance ー ネバー ビーン アスク トゥ ダンス (取り扱い)あり

[産地]ウエスタンケープ州各地(パール50%、マルガス50% South Africa 南アフリカ共和国)

[品種]シュナンブラン:100%

[収穫・醸造]全房発酵 5日間スキンコンタクト MLFは無し

2017年よりサヴェージのラインナップに加わったアイテム

香りには乾燥したバジルやタイム、アップルサイダーや黄桃

砂利由来のミネラルをパレットではリッチで塩見を含んだ食感でスパイシーで

エキゾティックなフェノールを感じます。

口に含んでしばらくすると古樽のシュナンブランがゆっくりとその姿を、

オレンジの花、パイナップル、キャンディ、蜂蜜、リンゴのピューレ、

ヴァニラと共に現し始めます。

フィニッシュは繊細で直線的でロッキーなミネラルを感じることが出来ます


アルコール13.5%

プラッター 2019 シュナンブランの部で 5つ星

 
















パールの場所





4.Follow the Lineー フォローザライン

[産地]ダーリン地区 (South Africa 南アフリカ共和国)

[品種]サンソー 93% シラー 7%

[収穫・醸造]樹齢36年の古木のサンソーを早摘みし 50%全房にて発酵

500LのフレンチオークにてMLF後さらに9か月間

1500Lと2000Lのフードル(大樽)にて熟成させていきます。

古樹のサンソーが織りなす若いプラム色とパフューム香はアロマティックでフレッシュな菫

サクラの花、ローズ水、ライチの皮を思いおこさせます。

非常に美しくピュアで透明感のある酸がこのワインの特質です。

エレガントなワイン典型ともいえる1本


アルコール13.0%






5.Thief in the Nightーシーフインザナイト


[産地]ウエスタンケープ州(ピケニルスクルーフ South Africa 南アフリカ共和国)

[品種]グルナッシュ 48% 樹齢 42年、サンソー46% 樹齢 24年、シラー6% 樹齢 18年

[収穫・醸造]このヴィンテージからのアイテムです

ブッシュヴァイン 70%全房発酵

500LフレンチオークにてMLF

その後 9か月間フードル(大樽)にて熟成させます

このワインは明るくスミレのような芳香とともにスパイシーなラズベリー

赤スグリ ドライクランベリーなど複雑に香り、パレットには柔らかく

繊細にグルナッシュとサンソーのハーモニーを感じることが出来ます

特にグラスの鼎は時間がたつにつれて構成の複雑さを累乗的に楽しむことが出来ます


アルコール13.0%





6.The Girl Next Doorーザガールネクストドア

[産地]ノールドフック地区 South Africa 南アフリカ共和国

[品種]シラー:100%

[収穫・醸造]ダンカンのホームタウンにほど近い産地 大西洋を見渡す冷たい海風が吹き注ぎ

厳しい環境下で葡萄はたくましく育ちます

樹齢は 12年です

葡萄は50%を全房にて解放の発酵樽にて発酵後600Lの古木にて11か月寝かせます

生産本数は 700本強と非常に少なく、貴重なワインです

香りはリッチでセイヴォリーなブラックベリー系、黒いオリーブ

そしてチョーキーでダスティなミネラルを感じることが出来ます

凝縮した 果実味 深くリッチな食感とタンニンはやがて心地よい

アルコール13.5%






ノールドフック地区場所



7.Are We There Yetーアーウィゼア イェット

[産地]マルガス地区 (South Africa 南アフリカ共和国)

ケープタウンより250㎞

[品種]トゥーリガ・ナショナル:50% シラー:50%

[収穫・醸造]ケープタウンより遠く離れた地区の為、こちらのワイン名

「Are We There Yet=まだ到着しない?」と名付けられました (^▽^;)

畑は近くを流れる ブリート川の川原石がゴロゴロした土壌で樹齢は13年です

葡萄はともに同じ日に収穫

トゥーリガ・ナショナルは50%全房

シラーは100%全房で開放槽にて混醸した後、

500Lのフレンチオークに移されて11か月寝かす

深く黒紫色のワインからは岩の様なミネラルと河原石のダスティーさ

スミレ、ブルーベリー、サクランボのコンフィ、イチゴの砂糖菓子など

絢爛な香りを楽しむことが出来ます。

凝縮した果実味としっかりとした酸とそして優しい担任が舌を包み

豊富な個性が余韻に残ります

アルコール13.0%


という感じです


来週からの飲み比べお楽しみに!

お出しするアイテムは

Savage White-サヴェージホワイト

Savage Never Been Asked to Dance ー ネバー ビーン アスク トゥ ダンス

の2種類となります!

お楽しみに~



 

2019-04-05 13:19:28

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント