×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  ◇南アフリカワインメーカーについて»  南アフリカ開花宣言ラストです!!

南アフリカ開花宣言ラストです!!

南アフリカ開花宣言ラストです!!

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です



さて 今日から始まります

最終回 南アフリカワイン開花宣言

ワイナート特別企画 第10弾


The Sadie Family Wines ー ザ サディ ファミリー ワインズ



南アフリカワイン好きなら1度は耳にした名前ではないでしょうか

当主は Eben Sadie イーベン サディ氏

なんと ウキペディアにも載っています!!

HP見ようと思ったら 見つけてしまいました (≧▽≦)

HPはビックリするほどシンプル

新しい情報はなかったので

インポーターさんからの情報となります

 


もともとはサーファーだったそうです

元シェフっていう肩書もよく目にしますが

南アフリカ 元サーファーとか趣味サーフィンとか多いですね♪

そのうち もと自転車の選手だったとかいう

ワイナリーとも出会うかもしれませんね

南アフリカ 自転車がとても盛んな国なんです

と、のっけから 話題がずれる


サディ氏は10代の頃から15年間

ドイツ、オーストリア、オレゴン、カリフォルニアにフランスと南アフリカ。

北半球と南半球で年に2回の収穫を経験し修業を積みます

南アフリカに戻ってからは

スパイスルートで醸造責任者を務めました。


1998年スワートランドに自身のワイナリーを設立します

古樹から低収量で作られる

コルメラ パラディウスを発表すると瞬く間に

注目を浴びます!

アメリカの有名ワイン評価本が95ポイントと付けたり

2010年と2015年の2度に渡り南アフリカのワイン評価誌プラッターズ・ワイン・ガイドで

「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を獲得!

2017年には世界で最も権威ある資格マスター・オブ・ワインを所有している

ワインメーカーが選ぶワインメーカーズ・ワインメーカー2017年を見事受賞、

勿論 ティム・アトキンの南アフリカワインの格付けでも 1級です

無灌漑(水をやらない)の古樹のみから作られるワインは、ずば抜けた出来栄えを誇り

他の生産者からのリスペクトを厚く受ける作り手です

完璧を求める職人気質

機械を使わず手作業を基本に

重力を利用してスワートランドのテロワールをワインを表現すべく

情熱をかたむけてワインを造っています。

パラディウスとコルメラは南アフリカの大自然を体感する様な、圧倒的スケール感を

その他の古樹シリーズは100年以上にもわたる木々や土壌の歴史を

紐解く様な複雑さ溢れる味わいをコンセプトに、違ったアプローチの手法を用いています。

また今でもサーフィンは大好きな生粋サーファーなので

海に入る時間はとっても大切という事で

これ以上生産量が増えることはないのだそうです

仕事と趣味と充実してて素敵な人生ですよね~

今日お出しするのは古樹の中では少し若い

私より若い 笑

1974年植樹された ティンタバロッカ Tinta Barocca っから作られているワイン




TREINSPOORートレインスプール




ティンタバロッカ Tinta Barocca 南アフリカのシノニムでは

Tinta Das Baroccas ティンタダバロッカと発音するのかな

スワートランドにはとても良い、歴史ある主要な品種の一つらしいです

場所は マルムズバリー(スワートランド)の西4キロに位置する

熟成可能年数 16年

収穫 18hl/ha


名前の由来は畑のそばに古い線路(トレインスプール)があるので、そこからとって

TREINSPOORートレインスプールと名付けられたそうです。

ティンタダバロッカは果皮がとても薄く

太陽の日差しでやけどしてしまう傷つきやすい品種なんだそうです

古樹になるにつれスワートランドの日差しから守られる耐性ができるそうで

とても美しくしまった酸の持つティンタダバロッカはブレンド用の葡萄として使われがちですが

古樹ならではのティンタダバロッカ単一での

品種のみでも素晴らしい味わいを醸し出すことが出来るという事が

このボトルで感じて頂けるはず・・・


Columella コルメラとPalladius パラディウス出ないのか~と

思われるかもしれないですが

きっと ティンタダバロッカという葡萄を飲んだことのない方の方が

多い気がすると勝手に解釈

是非 南アフリカで進化を遂げた

トレインスプール のティンタダバロッカお試しください

Tinta Barocca(Tinta das Baroccas)はもともとは

ポルトガルのドウロの辺りで作られている葡萄品種です

南アフリカ実は美味しいポートも沢山あるんです

大航海時代 厳しい天候下でも保存のきくポートは

航海のお供としてとても重宝されていたので

南アフリカでも早い段階からポート用として持ち込まれていたようです

そんなティンタバロッカ シュナンブランやセミヨン同様

長い年月をかけ 南アフリカに根付いた 南アフリカの特徴をもった

葡萄へと変化していったように思います(これ 私の勝手な想像ですが)

なので このティンタバロッカ きっとポルトガルの物とは

全然違う表情を持っていると思います

この機会に是非お飲みください

今回も ティスティンググラス 300円 通常グラス 1700円 を

お選びいただけます


本日もゴメンナサイ!

17時オープンとなります

5月イレギュラーなオープン時間が

度々あってご迷惑をおかけすると思います

あと数回変更のある日があると思います

ブログやSNS等で発信をしてなるべく

ご迷惑おかけしないようにできるようにいたしますので

よろしくお願いします。申し訳ありません <(_ _)>
 

2019-05-13 10:35:01

◇南アフリカワインメーカーについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント