×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

12月の営業予定

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です



11月27日 土曜日のブログです




来週はもう12月ですよ!!!!
早すぎないですか?



大急ぎで 12月のカレンダーを作りました
12月はこんな感じで営業させていただきます


 



12月は1か月を通してグラスワインは
#勝手にサンタプロジェクトのワイン
子供たちにほんの少しですが笑顔になってもらえる
教育支援を行っているワイナリーの物を中心に開けていきます!!





1日から10日目で限定クーポン売り出し

4日 土曜日貸し切り営業となります


6日 月曜日は17時からの営業です


13日 月曜日から 21日火曜日迄は年に1度の決算前倒しセールです!!

17日 金曜日はワイン会にて通常営業はありません

22日 水曜日から 25日土曜日までは
クリスマスプレート(予約制)店内でも持ち帰りでもどちらでもOKです


年内は29日水曜日が最終の営業となります


年始は4日 火曜日より営業いたします!
15時スタート



さて今月11月のお知らせです

来週 29日 月曜日は満席となっております(後ろの簡易テーブルはご用意可能です)
30日 火曜日は急遽お休み頂戴します


年末に向け色々と忙しくなると思いますが
体に気を付けて 楽しんでくださいね
そして そんな時間に1本でも多くの南アフリカワインがいてくれるといいな


今日も16時オープンですが
本日は終日満席となっております
ありがとうございます。

2021-11-27 11:26:22

コメント(0)

クーポン券販売スタートです

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

11月1日 月曜日のブログです。



先月試しに出してみたお得クーポンカードが好評だったので
ちょっと定番にしてみようかなと思います

毎月 1日~10日までの間売り出します
限定 各 10枚とさせていただきます

 


1万円で11000円分お使いいただけるクーポンと
3万円で37000円分お使いいただけるクーポンです






共に 購入は現金のみとさせていただいております
飲食代・ワイン購入にお使いいただけます
セール品にはお使いいただけません
有効期限
10000円の物は3か月・30000円の物は6か月で
ポイントカード失効となります
緊急事態宣言が再度出るようなことがあり
飲食営業が休業になるようでしたら
その期間は日数としてカウントいたしませんので
有効期限延長いたします





1回目は殆ど何もルールなしだったのですが
購入していただいたお客様が
ここには こういう風に書いた方がいいとか
色々アドバイスをいただいて
ほーなるほど
ほーなるほどと
一文ずつ足させていただいて
こういう形でひとまず落ち着きました




ありがとうございます
いや 本当に育てていただいてます





という事で 本日より
販売開始です!
売り切れ次第終了となります
お早めにお買い求めください!





今日も16時オープンです
美味しい南アフリカワインと一緒に
お待ちしております。

2021-11-01 13:33:50

コメント(0)

ワイン会開催いたします!


おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


10月25日 月曜日のブログです。




朝から雨ー エンジンかからない 月曜日です
さてさて 先週お伝えしていた
ワイン会のご案内です。


テーマは「ピノノワール飲み比べ!!」

どうですか?
ちょっと おおーって感じですか?
産地の違う3種類のピノノワールを飲み比べて頂く会としました


南アフリカワインのピノノワールと言えば!
エルギンですよね
そして 近ごろ人気の
ヘメルアンアード地区
これからグイグイ来そうな
エランズクルーフ地区


この3地域のピノノワールを飲み比べて
頂けるワイン会です




ピノノワール3アイテムだけ?






いえいえいとんでもない
スパークリングワイン1本
ピノノワール5アイテムです

しかもなかなか素敵なアイテムです
また 自分で言ってるし (笑)


スパークリングワイン
メソッド・キャップ・クラシック・ブリュット・ロゼ


サワーヴァイン・ノム・ピノノワール 2019
ポールクルーバー・セブンフラッグス・ピノノワール 2016
ストームフレダ 2019
ストームフレダ 2018
ストームフレダ 2015

以上の6アイテムです


どのワイナリーさんも そこだけでワイン会出来る
主役級のワインばかりです
これは 飲む甲斐絶対ありです!!



本日より募集いたします



ワイン会詳細

日  時 :11月13日 土曜日

18時スタート

募集人数 : 6名

金  額: 9000円 税込み







さらに今回から

ワインだけ お家で楽しみたい!

そんなお客様に
店頭お渡しセット 5500円 税込み
90ml×6アイテムのセットをお作りしました

※但し 11月13日 土曜日 10時半~17時半までにお引き取りしていただけるお客様限定




とても とても久しぶりのワイン会
ドキドキです
ご参加お待ちしております!!






お申込みは

電話 06-6783-2920
メール info@mitamari.com
各SNSのDM
FBイベントページからもお申込み頂けます

インスタグラム https://www.instagram.com/yoko_dosu/
ツイッター https://twitter.com/mari_dosu
FB  https://www.facebook.com/mitamari
FBイベントページ  https://www.facebook.com/events/296891518728533





今日も16時から美味しい南アフリカワインと一緒に
お待ちしています
営業時間も22時迄となっています





 

2021-10-25 14:03:50

コメント(0)

25日以降の営業形態のお知らせ

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

10月22日 金曜日の ブログです



さて 大阪も25日から アルコール提供と時間の制限が解除されますね
わーい、全部元通りとはいかないので、今後の営業形態のお知らせです。



■その1 営業時間を本来の時間に戻します

 16時スタート 22時迄の営業とさせていただきます
 お料理のラストオーダーは21時
 アルコールのラストオーダー 21時半とさせていただきます。


■その2 ご入店していただける人数

今まで6名様迄の入店
1組 2名様迄とさせていただいていましたが
グループ(4名様迄)でのご入店も可能となりました
ただ、アクリル板の枚数の関係もあり


原則 6名様までのご入店とさせていただき
後は 要相談とし なるべく密にならないような形を
継続していければと思っています


今まで通り なるべく事前のご予約をお願いいたします。





そして そして ワイン会や昼飲みも復活です

詳細は月曜日のブログでお知らせします
お楽しみに(≧▽≦)






以上





25日以降の営業予定です。
今日は まだ21時迄の営業ですが
16時オープンです






美味しい南アフリカワインと一緒にお待ちしています!

ボスマン 飲んでみて欲しい~(≧▽≦)

2021-10-22 09:40:46

コメント(0)

10月1日のメニュー

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

9月30日 水曜日のブログです




方針が正式に発表されましたね
ゴールドステッカー取得しているので
営業時間 16時~21時となります
アルコールの提供は20時半までとさせていただきます


 





10月1日のワインメニュー

白ワイン

先ずは 新しくなった リントンパーク シャルドネの飲み比べ

リントンパーク76 シャルドネ
ハスケル76 シャルドネ
ブラハム シュナンブラン
アシュボーン ソービニヨンブラン/シャルドネ
本日の白



スパークリングワイン
シモンシッヒ カープス フォンケル ロゼ



ロゼワイン
ボタニカ ビッグフラワー ロゼ



赤ワイン
セレマ メルロー
ボタニカ アーボリータム
ポールクルーバー エステート ピノノワール
ウルフトラップ レッド
本日の赤


といった 12種類でスタートの予定です




来週はピノタージュデイに向けて
タップリピノタージュをお楽しみいただきます
9日はスペシャルな10種類のピノタージュを特別価格で
お飲みいただけます!




また 1日からは 量り売りもスタートいたします
2日からは 酒屋部でもテイスティング再始動です



などなど
なんや かんやと再始動です
やる気はあるけん体が付いてこんって昔CMがあったのですが
あれ我ら30代なんですよね
遥か昔にとっくに過ぎているし
いったいどんな再開になるんだろうと不安もよぎりますが
また お客様にお会いできる喜びにもワクワク ドキドキです




まだ しばらくは席数を減らしての営業ですので
ご予約でのご来店でお待ちしております!
よろしくお願いいたします。


今日も早起きして
仕込み頑張ります!!
美味しい南アフリカワインとお楽しみいただけるように

 

2021-09-30 06:57:12

コメント(0)

少しフライングですが10月の予定

おはようございます!
南アフリカワイン専門店 みたまり酒店


9月27日 月曜日のブログです



10月1日から 営業できそう?と
ドキドキ ワクワクしています



時短の要請はあるのかなと
思っていますので
その辺は合わせながら営業再開で
きればと思っています



とは言え 席数等は今まで通り
(制限中の)減らしての
営業を暫く続ける予定ですので
出来れば 事前にご予約していただくと
嬉しいです。



明日からは少しずつ
仕込みを開始していきます
10月からのワインメニューも
決まり次第発表させていただきます
飲んでいただきたいワインが多すぎて
悩ましい状況ですが、新兵器を用意して
グラスメニューの充実と量り売りの再開も
予定しています。



時短の場合も踏まえて
紅白ワインセット&ムッチャ小さいおつまみセット
なんてものも考えてみました



当日色んな事でアワアワしそうですが
お客様の元気な顔を拝見できるのが
何より楽しみで仕方ない今日この頃です



さぁ、再スタート
一からのスタートの気分で再出発です
10月1日は第2のオープン記念日にしたい気分です
お待ちしています。


 

2021-09-27 10:20:41

コメント(0)

エムシーシーって何だ!まとめました!

MCCの日は
SPRING has come!
Sperkring has come!だった!?
 
こんにちは!
南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


突然ですがMCC飲みましょう (笑)
 

先日 南アフリカワイン協会 WOSAのセミナーを
まとめながら
書いてみました。



■なんで???
 
この頃SNSやブログで

なんやスパークリングよく投稿しているなって

お思いの方も多いかと思います

そう9月1日は南アフリカのMCCの日なんです

そして今年はMCC50周年という特別な年だったりするんです。




 
うん それは 分かった




■だからMCCってなんなんだ?


 
では その秘密を解き明かしましょう (笑)

MCCとは

Method Cap Classique

メトード・キャップ クラシック 



の頭文字をとったものです。


この頃 こう頭文字的なものが多いですよね

どんどん 覚えられなくなっている 今日この頃です。




 
フランス シャンパーニュで作られる

スパークリングワイン

シャンパンと同じ製法で作られている

南アフリカのスパークリングワインの事です





 
シャンパン 有名なところだと

ドンペリや

萌え~な モエ

なんて 聞いたことありませんか?
 
あれです 貴族も虜にした

魅惑の発泡性ワイン

シャンパンと同じ製法で作った

南アフリカのスパークリングワインの事です





 
だったら シャンパン風とか書いておけばいいのに!



って思うところなのですが

それは OUT!です
 
シャンパンは違いが明確に分かるように厳格に保護されています。

シャンパーニュ地方で出来たスパークリングワイン以外に

シャンパンとボトルに記したり

シャンパンと同じ作り方を知らすために

シャンパン製法とか書くことも規制されています

細かっ!って思うかもしれませんが




例として正しいかどうか分かりませんが
 
「国産ワイン」って書いてあるのに

日本のわいんちゃうやん!みたいな感じです

今はやっとルールが決まって純国産のブドウだけで

作ったワインには日本ワインと書いて区別できる

ようになりました。2018年施行

これは飲む側にとっても

作る側にとっても大切なことですね。

違いを知って、どちらをチョイスするかは

飲み手の好みです。


明確にして選んでもらえるんです。





 
話を南アフリカのワインに戻します。


そういう経緯から

南アフリカもシャンパーニュに敬意を払いながらも 

南アフリカ独自のルール概念で

シャンパン製法に代わる用語として

誕生した言葉が


Method Cap Classique メトード・キャップ クラシック です


Capはブドウがあるケープから

Classique は 瓶内発酵の伝統的造りから

この名前が付けられました

縮めて MCC!

1992年キャップクラシック協会設立時の事です







 
■MCC誕生までのお話
 
先日のブログでステレンラスト MCC ロゼ 

スパークリングワインでも

書きましたが

本家を脅かすほどの素晴らしい

スパークリングが南アフリカに誕生するには

更に時をさかのぼり

1968年頃の南アフリカのワイン産業についてお話します。

当時の南アフリカのワイン産業は

今とは全く違ったものでした

今では数百というワイナリーがある

ステレンボッシュですが

その当時のステレンボッシュは

プライベートラベルでワインを

生産しているのはたった4社ほどでした
 
他の殆どが協同組合で生産した 

大手のワインでした

その頃の南アフリカで栽培されていた

ブドウ品種と言えば


・スティーン(シュナンブラン)、

・クレーレット・ブラン

・クーション・ブラン(リースリング)



ノーブル品種と言われる

シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、は生産されて

いませんでしたし

ピノノワールも一般的ではありませんでした。
 

※ノーブル品種

ワインを作るために沢山の種類のブドウが

使われていますが

世界のワイン産地の多くで栽培されている

ブドウ品種が国際品種と呼ばれる品種で、

カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワール、シラー、

シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、

シュナン・ブランなどがそれにあたります。

そんな国際品種の中でも伝統的に最高品質の

ワインが作られるブドウ

ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、

ソーヴィニヨン・ブラン、リースリングなどを

高貴品種=ノーブル品種といいます。

 
 

1969年

シモンシッヒのフランス・マラン氏は

シャンパーニュを訪れ、南アフリカでもこの素晴らしい

スタイルのワインを作りたいと思います。

当時の南アフリカのスパークリングワインは

炭酸ガスを注入した甘口のものばかりでした。

フランス・ヨハン氏はシュナンブランを使い、

2年の時を経て ブランドブラン 白ブドウだけを使った

シャンパーニュと同じスタイルのワインを完成させます。

キャップクラシック誕生の瞬間です






因みに2番目にMCCを生産したのは

ボッシェンダル

初めて南アフリカにメソッド・キャップ・クラシックが

誕生して10年後1981年の事でした。





フランス・マラン氏はこの南アフリカ初のスパークリングワインに

シャンパーニュとは名付けられないので

カープス フォンケル 

カープス=ケープ

フォルケル=スパークリング

という名を付けて売り出したそうです。



3ランドという値段です

当時の南アフリカのワインとしては

どのワインよりも高値で

シャンパンと同じ価格帯で販売しました。

フランス・マラン氏は心血を注いで作り上げた

カープスフォンケルにはその価値があると考えていたからです。
 


 
ヨハン氏は当時を

ささやかな創成期だったと振り返っています。

経験も知識も乏しく

周りに相談する人もアイデアを出し合う人もいないので、

フランス・マラン氏は一人、独学で試行錯誤しながら

作るしかありませんでした。

全てが手探りの毎日でした。

シャンパーニュで見てきた器具も、地元の業者に

オーダーして南アフリカで一つ一つ作っていきます。


スパークリングワインが完成しても6気圧というガス圧に

耐えるボトルも南アフリカにはなく、ヨーロッパからの

輸入しかなかったそうです。勿論、王冠も!

フランス・マラン氏の息子のヨハン・マラン氏は

初めてポルトガルから重いボトルが輸入された時の

感動を思い出しますと語ってくれました。

一緒にその場にいたかのような気持ちになり、

ドキドキ ワクワクしてしまいました。

少年の目はキラキラきっと輝いていたに違いない!

なんて素敵な体験なんだろう

絵本の1ページのような瞬間だ!

と絵心があればここにその挿絵を入れたいほどです
 
 






当時はパレットや段ボール箱ではなくて

袋に入って輸入されていたそうで、とても驚いたそうです。

しかもそのボトル、750mlではなく、800mlだったんです。

ヨハン氏のお父さんは

「グラス半分のカープスフォンケルはおまけ」と

よくそんな冗談を言っていたんだそうです
 




当時のスパークリングワインよりかなり高価だったため、

1本ずつ箱詰めされて

製法などは写真付きで解説書が添えられて

販売するようにしていました




 
シモンシッヒのワインストリーはもう少し続くのですがこれは、

またシモンシッヒのスパークリングワインを

飲みながらお話させていただだくとして 


もう少しMCCのお話を

まだ続くの・・・とか言わないでくださいね (;^ω^)




1992年

キャップスクラシック協会が設立した当時

生産者はたった14社だっといいます

現在は104のMCC生産者の会員がいます。

現在の年間生産量は 1050万本

90%はキャップクラシック協会のメンバーのものです。

栽培エリアは28地域に及んでいます

82%が国内消費

という事は まだまだ飲んだことのないMCCがいっぱいって事ですね


輸出はイギリスがやはり1位

日本は10位ですが

1本当たりの単価では 6位となっていて

上質なものが日本に入ってきているのが分かります


また グラハムベックに関して言うと

日本は5位の輸出国になるそうです(≧▽≦)





今回 MCCについてお話を伺った

シモンシッヒ は ステレンボッシュ

グラハムベック は ロバートソンという

エリアになります




 
それぞれの地域のブドウの特徴をしっかり知ったうえで

色んな産地のブドウをブレンドして

素晴らしいバランスのキャップクラシックを

作り上げています



 
テロワール(ブドウ畑が存在する地域の気候風土などの

自然環境など様々な要因がワインに及ぼすもの)も

少しずつ解き明かされている途中なのだそうです。
 
ヨハン マラン氏(フランス・マラン氏の息子さんで 

初代キャップクラシック協会の会長です)と

現会長 ピーター・フェレイラ氏のお話からまとめた

 ■南アフリカのテロワールについて

「私が感じるイメージでいうと

ここ数年RMシャンパーニュが特定のスタイルが

シャンパーニュテロワールを表現するように

なってきたように感じます。

南アフリカは多様性の産地

例えば コンスタンシアとダーバンヴィルと

ステレンボッシュのソービニヨンブランの

ワインの風味が異なるように 

徐々に明確なテロワールの個性を

認識するようになってきました

キャップクラシックも同じで小さな生産者は

ラベルにステレンボッシュと地区名を

ラベルに記載することもあります。
 
一方で一貫性を求める作り手は複数の産地から

例えばシモンシッヒのある

ステレンボッシュは頁岩、花崗岩、沖積土壌が中心

 ステレンボッシュの シャルドネだととても

アロマティックで骨格のしっかりした熟成に

向き本領発揮迄時間がかかるという特徴
 
徐々に明確なテロワールの個性を認識

するようになってきていています」



シャルドネ一つとっても

ロバートソン、ダーリンの物なのか

ステレンボッシュのものなのか

その違いをワイナリー自身が分かってブレンドをする

テロワールDNAの理解をしっかっかり

知らなければ最大限の表現を出来ない

ロバートソンは石灰質土壌

少なくとも20以上の生産者がいます

ステレンボッシュは海からの冷たい

風で温度を上げないのとは違い

ロバートソンは内陸なので乾燥していて

寒暖差がしっかりと出ます

1日の寒暖差20℃以上あったりします

結果、夏場35度まで上がっても

夜は15度まで下がります

これは 夜ブドウがしっかり休むことが出来

自然に酸をキープするのにとても重要な

気象条件です。

こういった気象条件によって早熟の

シャルドネやピノノワールとって

理想的な産地と言えます。
 
二次発酵でアルコールが追加されるために

スパークリング用に完熟ブドウを収穫する必要はなく
 
ロバートソンの初夏は理想的です

そう ロバートソンの秘密兵器は抱負な

日照量。葉でしっかりと二重の日陰を

作り太陽がどの角度からでもブドウに

当たらないようにしています。

余りにも強い日差しがブドウに当たると

ブドウが日焼け等のダメージを避ける努力をしています

また

ロバートソンは石灰岩をウエスタン

ケープで最も多く分布している産地です

フレッシュさ適切なPH熟成の

ポテンシャルをもたらしてくれます
 

 「ブドウとバラの谷」とも呼ばれ競走馬でも

有名な産地です。

ブリード川の谷間に位置するこの地域では、

雨量の少ないのでブリード川が生命線となっています。

夏は気温が高くなりますが、冷涼な南東風が

水分を含んだ空気を谷に流し込み冷却効果をもたらします。

3月には熱波が起きることもありますが

スパークリングワイン用のブドウの収穫は

1月。熱波が起きる前ブドウは熟成し

収穫が可能な産地です。



今年の冬のロバートソンはとても

素晴らしい天候だったそうです


冬らしくしっかりと寒くなりました

これとてもブドウの樹にとっても大切なんです

そして雨もたっぷり降り 

土中に水分を蓄えることが出来ました

2015年に次いで 2021年とても

良い年になりそうな予感ですね

因みに ロバートソンだけでは無くて

スワートランドもとてもいい状態なのだとか

とある作り手さんに聞いたのですが

コロナのおかげで飛行機の本数が

激減して雲が出来、雨が沢山降ったと

聞きました

昔はスワートランドしっかり雨が

降る地域だったそうです

コロナ禍でちょっと良い事もあった

南アフリカのブドウ畑です


 ちょっと備考として

スッキリポイントです

伝統的スパークリングワインの

ベースになるワインは

熟しているけれどしっかりと酸が高いブドウで

完全に辛口に作られます

そして各々のワイナリーのスタイルに

なるよう色んな場所やブドウの種類などを

ブレンドして作られていきます
 
ブドウを完熟させるためには

十分な日照が必要ですが

暖かいだけだとブドウのフレッシュな

アロマがえられないだけでなく、酸も

下がってしまいます

高い酸をキープするためにも

ブドウが過熟にならないように

夜はしっかりとブドウが冷え熟成を

遅らせ休ませることが大切になってくきます




 
なのでシモンシッヒのヨハンさんも

グラハムベックのピーターさんの

いかにブドウが冷えて酸をキープ出来て

フレッシュで酸の高いベースワインが

出来るかをしっかりと話されていたんです



 
そして その辛口のベースワインを

どのようにブレンドするかが

各ワイナリーさんの腕の見せ所というか

表現しようとするワインを作る

とても重要なポイントになってきます

 
どういったベースワインが出来るか

それぞれのテロワールを知りブドウの

DNAと共に特徴を理解することが

大切というのはこういう事なんです
 
 
キャップクラシック協会によると

2021年

ヴィンテージから

ルールが少し変更されています




2021年6月からは

最低12ヵ月間(今までの法定期間は

9か月でした)ですが、

多くのCCPA(キャップクラシック協会)メンバーは

より長い期間の熟成を行っています。




ピーターさんが ステレンボッシュ大学と

共に研究したところ

9か月熟成の物

12か月、15か月、18か月24か月と

熟成期間の違いをテイスティングしてみたところ

9か月と12か月では明確に倍は違ったそうです。

澱と共に接触する時間が出来上がりを

大きく左右されることが分かり

今回のルール改正となりました

シャンパーニュのヴィンテージシャンパンや

プレステージのクラスの様に

イタリアの発泡性ワインフランチャコルタや

スペインのカヴァも同様に規定を設けているので、

キャップクラシックにおいても、上級カテゴリーを

さらに2段階作っていく予定です
 






■その他の規定

醸造方法の規定はないが全房プレスが推奨されている

醸造容器には、ステンレス製タンクと木樽が認められている。

澱と共に瓶熟成する期間は最低12か月

最低気圧は3気圧

二次発酵を行ったボトルで出荷しなければならない

(トランスファー方式は認められていない)
 





■キャップクラシック規定

使用可能ブドウ品種

使用可能品種の規定はありませんが

CCPAはシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの使用を

推奨しています。

その他の品種

ソービニヨン・ブラン、シュナン・ブラン、ピノタージュ

などが使用されている




■スタイル

Blanc de Blancs;白ブドウ䛾みで生産されたワイン
ブランドブラン

Blanc de Noir;赤ブドウのみで生産されたワイン
ブランドノワール

Normal blends;白ブドウと赤ブドウのブレンド
ノーマルブレンド

Rosé;ロゼ(赤ブドウのスキンコンタクトや赤ワインのブレンドが可能


Prestige/Icon – 澱との接触期間が通常より長い(3年以上)
プレステージ



■味わい甘辛表示

Brut nature      3g/l 未満 フランスと同じ
ブリュット・ナチュール 

Extra Brut  6g/ℓ      フランスと同じ
エクストラ・ブリュット

Brut           12g/ℓ未満  フランスと同じ
ブリュット

Extra-dry   12~17g/ℓ未満 フランスと同じ
エクストラ・ドライ

Dry (Sec)  17~32g/ℓ  フランスと同じ
ドライ

Semi-sweet (Demi-sec) 32~50g/ℓフランス
セミスイート

南アフリカだけのスタイルとして

Nectar;ネクター  20~40g/L


Sweet (Doux) 50g以上フランスと同じ
スイート
 




ブドウ品種も今はルールの変更はないですが

今後は階級によって使用ブドウも

考えていく予定という事なので

これからも南アフリカのキャップクラシック

目が離せないですね




 
ぐいっと話を戻しますが

キャップクラシックディは



9月1日です


この日は南アフリカで春を告げる最初の日です

そこで 春の訪れをスパークリングワインで

お祝いしようという事で

9月1日がキャップクラシックの日になったのですが




ふと です





ふと ええ 想像ですけどね





ココだけの話ですよ







ひょっとして


Spring has come!

Sparkring has come!ダジャレ?


なんじゃないのかー








そうか! そうだったのか!と

今回一番深くうなずいた時間でした

 
さぁ 皆さん キャップクラシック


飲みましょう~

秋だけに収穫に感謝し

キャップクラシックの罠に落ちてください

Autumn、Fallをかけてみました (笑)



 
とても長く

途中から自分への備忘録のようになってしまいましたが 

最後までお読みいただいてありがとうございます!



 

2021-09-22 06:52:11

コメント(0)

睡眠導入剤代わりにお読みください クイズの答え

あまりにも長くなってしまったので
夜 眠りを誘う読み物としてでもご覧ください (汗)

昨日クイズで出したこのワインは何でしょうクイズ 
ドゥルドゥルルルルル
ジャン!
 

正解は

ステレンラスト・MCC・ロゼ・スパークリング
ーStellenrust MCC Rose Sparkling!!

 
きっとかなりの人が気づいていましたね ・・・

 
このスパークリングワイン当店でもとても人気の1本です

グラスでの提供はもちろんですが

贈り物としても、とてもお勧めの1本です!
 
凄いがいっぱい詰まったスパークリングワインなんです。

なんといっても有名なのが

ワールド・スパークリング・ワイン・チャレンジ2015 で

1位を獲得したワインです。

ふぅうーんって思っていません?

競った相手が凄いんですよ
 
きっとワインをそんなに飲まれない方でも知っているであろう 

ドンペリニヨンだったり

しかもヴィンテージもの2005ですよ

他にもクリスタル2006もエントリーしていたにも関わらず

それらの素晴らしいシャンパーニュを蹴散らして1位に輝いたんです

その時参加したワインが

トップワイン サウスアフリカのページに

載っていました

いやほんと 有名どころがいっぱいです
 
その価格差10倍なんてもんじゃない!!

南アフリカの瓶内二次発酵のスパークリングワインの

品質の高さを証明したワインといえるのではないでしょうか?
 





さてどんどん行きます

このスパークリングワインの凄い




その2

それは使われているブドウ

多くのシャンパンには

シャルドネ(白ブドウ)

ピノノワール(黒ブドウ)

ピノムニエ(黒ブドウ)などが

ブレンドされて作られています

ここ掘り下げると

シャンパンのお話になってしまって

とても長―――いっ!では、すまなくなるので

ここはさらっといきますね
 
一方このステレンラストのロゼスパークリングの品種は

シュナンブラン(白ブドウ)

シャルドネ(白ブドウ)

カベルネフラン(黒ブドウ)

です
 
シャンパンによく使われる

ブドウシャルドネ以外は

ピノノワールもピノムニエも使われていません

ステレンラストによると

ステレンラストは、2010年に南アフリカのワイン

シーンにユニークなものをもたらしたとかかれています。

それこそが、初のフルクレマンスタイルの

Methode Cap Classiqueです!

つまり伝統的なシャンパーニュの手法で作られた、

伝統的な品種を使用しないスパークリングワインです!!
 
要はシャンパンと同じ方法で作っているけどシャンパンに

よく使われるブドウは使ってないスパークリングワインを

作りだしたよ♪と


そして現地ではステレンラストのロゼスパークリングは

Stellenrust Clement de Lure MCC NV

ステレンラスト クレマン ド ルアー
と名乗っています

フランスのロワールの渓谷に伝わる伝統的な発泡性ワインの

スタイルで作られていることから本家クレマン・ド・ロワールを

もじって名付けられています。 

そしてLureは魅力という意味

ステレンラスト クレマンの魅力

なんておしゃれな洒落の効いたネーミング

素敵ですね

ステレンラストのサイトによると

誘惑という意味が込められているそうです

ステレンラスト MCC ロゼ スパークリング

2つ目は 南アフリカで始めてクレマンドロワールの

スタイルで造ったスパークリングワインという事でした。
 





凄いのはよくわかった

で、肝心の味わいは?

とてもいい香りです (笑)




リンゴ、レモン、サクランボ、イチゴ、

レッドベリーに、桃も、あとスパイスの香りも感じます。

澱との接触によって香るパンやクリーミーな香りも感じられます。

爽やかでスッキリした酸味、長く続くキメ細な泡

とてもエレガントなロゼスパークリングです


 
現地でのおすすめレシピは
 
クランベリー・ドレッシングをかけた新鮮な牡蠣や

スパイシーなシーフード料理との相性は抜群!

コリアンダーを効かせた新鮮なガーデンサラダとの相性も抜群!

とありました

読みながら うんうん間違いないと

頷きました




 
因みに今回はどうしても豆乳鍋が食べたかったので、

どう歩み寄ろうか?と考えました

ということで

ベースのお出汁を中華風にして味噌と醤油を隠し味に使い

豆乳鍋にしました

食べるときに山椒とラー油を少々

とってもおいしゅうございました

お試しあれ(≧▽≦)
 
お祝い事やパーティでも楽しめる1本

年末年始に向けて何本かストックしておくことをお勧めします


 
ちょっと話は戻るのですが

2015年のトップ10本

他に3本も南アフリカのスパークリングワインがランクインしていて

やるな!!南アフリカって一人喜んでいます (笑)




 
 
さてここからはワインの作りについてなので

ご興味がある方のみお読みくださいね

半分自分のための覚書のようなものです。
 
 

生産者   ステレンラスト Stellenrust
原産国/地域        南アフリカ/ステレンボッシュ
タイプ   ロゼ・泡・辛口
主要品種              シュナンブラン 48%
カベルネフラン 44%・シャルドネ8%
アルコール度数   11.5%
容量       750ml
ヴィンテージ      NV
ワインメーカー: Tertius Boshoff テルティウス・ボソフ氏読み方あってますか?不安です
pH         : 3.1
残糖: 5.2 g/l
トータルアシディティ: 8.1 g/l
 





収穫について


樹齢32年のシュナン・ブラン 
仕立て ブッシュヴァイン 
土壌 花崗岩 ボッテラリー地区の畑
 
樹齢10年ののシャルドネ 
仕立て 棚仕立て 
砂質土壌 ボッテラリー地区のの畑
 
16歳のカベルネフラン 
仕立て 棚仕立て 
風化した花崗岩 ヘルダーバーグ地区の畑
 



ブッシュヴァインに関しては

過去のステレンラストのシュナンブラディの時に書いています
https://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/1012
 
シュナン・ブランとシャルドネは18度で収穫し、

カベルネ・フランは20度で少し熟してから収穫しています。

カベルネフランだけ糖度が違うのは、早く収穫し過ぎると

未成熟の時に出る 青臭さや葉っぱのニュアンスが出すぎてしまうので、

酸をキープしつつもしっかり熟成させ

熟した赤いチェリーやベリーがより多く感じられるように

するため少し遅めに収穫されています。

熟したレッドチェリーとベリーのニュアンスを大きくしつつも、

フレッシュさとピュアさを維持することにいいタイミングでの

収穫時となっています。

本当にきれいなベリーの感じが出ています
 








醸造


全房でプレスした後、最新の機械で最もピュアな果汁だけを

取り出します。

シュナン・ブランは、野生酵母でステンレスタンクにて発酵させ、

7ヶ月間発酵澱と共に熟成させます。

シャルドネとカベルネフランも野生酵母で発酵させますが、

ステンレスではなく3年~4年目のフレンチオークで

同じく7ヶ月間の澱と共に熟成させます



その後、シュナン・ブランとブレンドし、清澄して瓶詰めします。



1週間かけて特別な酵母を培養し、糖分を加え王冠で瓶詰めした後、

瓶の中での二次発酵を開始、

厳しい監視下で4週間かけて行われ、その後圧力が測定されます。

発酵が完了した後、

ワインはボトルの中で18ヶ月以上熟成させ、

頻繁に動瓶を行いながら、

発酵した澱の上で熟成させた後、

デゴルジュマン澱引きをしてコルク栓をします。





その後さらに3ヶ月間寝かせてからリリースされます。


タンクと樽での一次発酵後8ヶ月

ボトルでの二次発酵後18ヶ月

瓶詰後3か月寝かせて出荷
 
というスパークリングワインです







 
以下インポーターさんのサイトと

ステレンラストワイナリーのサイトより

ステレンラストエステートについて・・・

以前と重複している部分もありますが少し書き足しています


 
設立は1928年
南アフリカ・ステレンボシュ地区の名門
家族計画のワイナリーさんです。
2012年ロンドンオリンピックの採用ワイナリー


 
家族経営のワイナリーとしては、ブドウ畑だけで400haを所有、
ステレンボシュの中でも大きい方に入るそうです。

畑は2箇所
先ほどのMCCでも出てきたヘルダーバーグとボタラリーの両地区。

両方とも、ステレンボシュの中でも良質のブドウの取れる産地
ヘルダーバーグはゴールデントライアングルと呼ばれる
赤ワインに優れた産地
のこり半分はボタラリーヒルズの高台に位置しています。
こちらは涼しい気候とケープタウンから吹き込む午後からの
海風で有名な産地で、素晴らしい白ワインと赤ワインの両方の
ブドウを育てています。

ステレンラストは
白は特にシュナン・ブラン、赤はピノタージュ、シラーズと
ボルドー系品種などを得意として
シュナン・ブランは毎年好評かでプラッターでも高得点の生産者です。


当店が勝手に参加
 
現地のイベントと一緒に行う

シュナン・ブランデイのイベントでも

いつも一番人気のワイナリーさんでもあります。








またこのワイナリーは2012年ロンドンオリンピックの

公式ワイナリーとして選ばれています。

2012年のラベルが出来る!南半球なので収穫が早いため。

北半球より半年ほど早く2012年ヴィンテージのワインを

作ることが可能でした。


また、ステレンラストのワインはフェアトレードのワインで

ありながら高品質

375mlで400万本という数のワインが用意できる

フェアトレードの基準を満たす南アフリカ最大のワイン生産者

またフェアトレードだけではなく、ネルソン・マンデラ元大統領の

誕生日会に供された名門ワイナリーとしても知られている

このような様々な理由からオリンピックワインとして選ばれたのでした。





因みに、2012年ビンテージのオリンピック・ワインにはシュナンブランの白

ピノタージュ、シラーズ、メルローから成るロゼを提供したのだとか。

リサイクル可能な750mlと187mlのペットボトル入りで用意されたのだそうです。




 
また2005年には、農場で働く人々が長年にわたってワイナリーに

与えてくれたものを少しでも還元し、彼らの勤勉さと忍耐力に

報いたいと考えた結果。

農場の70人の常用労働者を、農場で私たちと共に暮らし

成長してきたという思いから。彼らを400haの農場のうち100haの大株主とする

ブラック・エコノミー・エンパワーメント

という取り組みも成功させています

この成功もステレンラストの誇りの一つとなっています。

ステレンラストは、何世代にもわたって受け継がれてきた

ワイン造りのスキルと、"where excellence meets winemaking 

卓越性とワイン造りの融合 "というモットーをすべてのボトルに

反映させている、南アフリカで最大級の家族経営のワインエステートです。










つづく・・・
 
つづくかーーーーーい!って突っ込んでいただけました? (笑)

だって他にも、まだ書いていない素晴らしいワインがたっぷりあるので(≧▽≦)♪
 



毎度毎度

下手な文章を最後までお読みいただきありがとうございます。

ちょっと今回は分かりにくかったかなと反省しています
 
さぁ 今夜はどんな南アフリカワインを飲もうかな

あ!もうクイズはしません (笑)

皆さんの洞察力が凄いので (笑)(笑)
 
皆さんも素敵なドリンキングタイムを~
 

2021-09-07 17:10:45

コメント(0)

9月の予定です

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

9月3日のブログです



何もしないままに9月です

今年も後4か月

そろそろ来年の手帳の用意を考える

来年の楽しい事をいっぱい書き込みたい





と、その前に9月の営業予定ですが

9月12日以降の予定がたちませんーーーー





とりあえず ワイン部は12日まではお休み

国の発表を待って

その後の営業をお知らせいたします

 







来週 10日 金曜日

11日 土曜日の二日間は

持ち帰りプレートやっています。

色々盛り合わせ 税込み980円

ちょこちょこ盛り合わせ 税込み 680円

ネーミング迷走中です (笑)


 


ご予約お待ちしています

南アフリカワインもたくさん入荷しています

酒屋は10時半より19時迄営業しています

今日明日は涼しいみたいですね

お鍋もいいですね

お鍋と南アフリカワイン合いますよ♪

ご来店お待ちしております

2021-09-03 10:42:23

コメント(0)

ケープペール ドライ 飲んでみた

おはようございます 

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

8月30日のブログです



ケープ・ペール・ドライ
KWV Pale Dry


シェリースタイルの南アフリカワイン飲んでみました!



 






シェリーが久しぶりだったので
元祖というか本物のシェリーと
飲み比べ

スペイン産シェリーの方は
コロシア フィノ
Colosia Fino



 

 
見た目も全てが対照的です






先ずは

ケープ・ペール・ドライ
KWV Pale Dry



色調は琥珀色に輝いています
ちょっとビックリ
この色で正解?と思ったくらい

アーモンドやキャラメル杏仁に杏の香り
ドライですが若干甘味が感じられます

イメージとしては紹興酒みたいな感じです

という事で
中華と頂きましたが
酢豚やオイスター煮などにとてもよく合いました
コクのあるお料理と特によく合う印象を受けました
 


鯉コクなんかとも合いそう
長らく鯉こく食べてないな
鯉コクというか 鯉そのものを食べていない気がする
京都行きたい・・・
鯉のあらい食べたい・・・

話が遥か彼方に行きそうなので






次は

シェリー コロシア フィノ
Colosia Fino

 


グリーンも感じるレモンイエローの色調で
フレッシュな酸に、ナッツ類やパンの香り、わずかに塩味を感じで
フィニッシュはとてもドライ
爽やかな味わいです
キリリと冷やして

そうそう フィノってこんな感じという味わい

コチラは同じ中華でも
セロリとイカの炒め物によく合いました

 


サラダ巻きとかのお寿司なんかとも合いそうだな

といった感じです




ケープ・ペール・ドライ
KWV Pale Dry

コクのあるお料理にとてもいいですね
しかもこのお値段はお手頃





今夜は中華だって日に是非お試しいただきたい1本です




ちょっと余談ですが
この頃 音声でメモ帳に残しているのですが
キャラメルの香り1人とメモされていた
1人? 音声聞き返すと 杏仁と言っている
an 人 で 一人???
なんだろう 凄く賢い?
ちょっと笑った朝でした



ワイン情報

ケープ・ペール・ドライ
KWV Pale Dry

ブドウ品種 シュナンブラン、コロンバール
アルコール度数 17.62%
産地 西ケープ州
本物のシェリー同様
ソレラシステムで酵母に接触させて作られています
やや辛口

杏やはちみつ、バタースカッチ、ナッツのフレーヴァーがあり、やや辛口の味わい。



alc: 17.62%vol  
 rs: 14.09 g / l  
 pH: 3.49  
ta: 5.14 g / l




シェリー コロシア フィノ
Colosia Fino

「フロール」の下で最低3年間熟成。
熟成方法 生物学的熟成(フロール酵母の働き)で作られています。
ワイナリーが海風の近くにあることで、ワインに特別な個性を与えています。
 
ブドウ品種 パロミノ
アルコール度数 15度
ビオロジカルワイン
ノンフィルター



週の始まり 月曜日

素敵な1日でありますように

そして 素敵な南アフリカワインと今週もたくさん

過ごしていただけますように



 

2021-08-30 10:29:47

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5