×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ドルニエワイナリー訪問 その2

ドルニエワイナリーその2

Wa7yw2o0まず1本目
ドルニエ ドナトゥス・ホワイト
すごい素敵なかおりマロマロです
マロマロなのにフレッシュで
パインやりんごの香りあと桃も白いお花の香りも
溢れる香りです
なのにとてもきれいな酸があってさすがに芸術家の作るワインは芸術的仕上がりです。


Oviivsutお次は
メルロー
青い茎の香りに胡椒のかおり
色はメルローにしてはほんの少し淡い感じ
口に含むとこれもやはり
とてもきれいな酸があり
優しい赤い果実の香りに包まれます
「8年ぐらいは美味しく熟成していく」とラファエルさん



Mwmxwmlaピノタージュ
南アフリカでお馴染みの出来た掛け合わせ品種です
ほんのり甘い香りが特徴的
ユーカリや白いお花の香りにもも
口当たりもほんのり甘みを感じるのに
お肉のニュアンスが・・・
この甘みがナンキンのリゾットにとっても良く合いました
絶妙~



Bn4aul0iドルニエのフラッグシップワイン
ドルニエ ドナトゥス・レッド
香りが違います!lovely
凄く良いボルドーを飲んでるって感じです
香りが次から次へと変わってゆきます
口の中で舞踏会が始まったようでnote
よっドルニエ憎いねぇ~って感じです(どんな感じやぁ~)
取り合えず文句無く美味しい!!
そんなワインです。



W6rufpbj


各ぶどうの場所の土壌の見本が置かれていました
因みにこの写真はカベルネフランです。



Jcbxv60k

最新の設備が揃っている!細部にまでこだわりが・・・


Fydwllky


楽しい食事も終わり


Bscsu0iu

もちろんお約束記念撮影!!lovelyheart


Fmr5walq

帰る頃にはもうどっぷりと日も暮れ
長い長い南アフリカ1日目がおわりました・・・
実はホテルでもうほんの少し酒盛りしちゃいました(^^ゞ

2022-05-17 09:11:41

コメント(0)

ドルニエワイナリー訪問 その1

ドルニエワイナリー1

2月13日
南アフリカ共和国、ステレンボッシュ
一つ目のスタートは
Dornier wines

Pw118v9zどこから見ても芸術的shine
ドルニエ家は20世紀に成功を治めたドイツ飛行機メーカーで1995年にワイナリーをこの地に設立した
歴史は浅いように見えるが実は
この地は300年続いた最も古いワイナリーがあった場所なのです。
実はしっかり歴史のある南アフリカ共和国もっと詳しく南アフリカのワインについては当店のぼちぼちアップお酒コーナーの南アフリカ事情をみてみてくださいね♪



Acxpovnuこの池芸術だけではありません!
この下がセラーになっていて
熱を遮断してくれているのですsign01



Nofbwoz7まずはCOEのスーさんの今のアフリカワイン事情についてお話を伺いました。
昔は白が85%で国内用が殆どでしたが
今は45%が赤ワインで世界各国へ輸出されるようになったとか・・・
とてもバラエティにとんだこの南アのポテンシャルの高さを
うかがわせる面白いお話でした



Ufit0uqf<でわでわクッキングの開始です
今回のワイナリーは自分達でクッキングしながらテイスティングをするという一風変わった思考で始まりました。
先生はイタリアンの女性シェフジュゼラさんですrestaurant



R20wf1cz私もせっせとしてるふり・・・sweat01


_rmg3ime一品目はドライナツメとオレンジとオニオンのサラダもちろんオリーブオイルたっぷりです


T1kzcesi2、3品目はガーリックトーストのトマトのせシンプルですがとってもワインにあいます。
あと、おくがチコリにバジリコとヨーグルトマスカルポーネを混ぜたものをトッピングしていただくというものこれまたチコリのほろ苦さがぜつみょぅううううheartheartheartheartheart



気張りすぎず皆で楽しめる素敵な前菜本当に人を招くことのうまさホスピタリティーに脱帽です
肩肘張らず心から人をお招きするもっと上手になりたいものだといつも感じさせられます


6mdtdkfuポンプキンのリゾット混ぜて混ぜてっ、
せっせとまぜていい感じに!日本のお米では考えられないぐらい混ぜたおしました。これがまた合うんですワインに・・・



ワインは勿体つけて又明日・・・sign01sign01
明日はちょっとアフリカワインの飲み会にいくんだった
ってことでこれにあわしたワインはあさって
一緒に明日のワインもお楽しみに~
超レアレアですlovely

2022-05-17 09:10:31

コメント(0)

map

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です





今日は久しぶりに
当店までの道順をお知らせします






大半がご近所の方が多いので
どう行ったら良いですか?という問いに
とっさに答えられないことがあり
自責の念を込めて
自分へも再インプット







まず

JR新大阪駅方面よりお見えのお客様

新大阪駅ー放出駅(乗り換えなし)

「新大阪駅」から見える場合は
おおさか東線で乗り換えなしです 16分です







地下鉄大阪メトロでお越しのお客様


「なんば」ですと

地下鉄を利用で四つ橋線で西梅田駅で乗り換え
JR北新地駅まで徒歩 だいたい6分ぐらい

北新地駅からおおさか東線放出駅下車

はんば→西梅田→乗り換え→北新地駅→放出
地下鉄四つ橋線        徒歩      JRおおさか東線








「心斎橋」からですと

長堀鶴見緑地線京橋駅まで出ていただき

京橋駅から地下鉄からJRに乗り換えます

JR片町線(学研都市線)京橋駅から放出下車と言った感じです

心斎橋→京橋→  乗り換え→京橋→放出
地下鉄長堀鶴見緑地線   徒歩      JR片町線










また阪急沿線ですと

これまた おおさか東線のお陰でかなりアクセスが良くなりました

阪急線 淡路駅で下車 乗り換えていただき

JR淡路駅からおおさか東線で1本です







神戸方面のお客様も
尼崎駅でJR東西線に乗り換えていただくと放出駅まで乗り換えなしです









放出駅からの道順

南側の出口
改札から向かって左へ










階段を下りて左に折れ
東へ向かって真っすぐ歩いていただきます




















橋を渡って










たばこやさんと鳥貴族の間の道をさらにまっすぐ
60mぐらいでしょうか歩いていただくと








当店といった感じです







放出駅からはまっすぐ

徒歩5分ぐらいでしょうか





こうやって書いてみるとかなりアクセスがいいですね
梅田まで乗り換えしなくていいので
乗り換えがかなり苦手です
南方面に行くときは
乗り換えあるなぁと苦手意識が働いて
ついつい北の方へ行きたくなります


そうそう天王寺も行きやすくなりました
おおさか東線で久宝寺迄でてそこから乗り換えると
天王寺もすぐ

JR奈良駅も乗り換えなしで行けちゃいます

こんなにアクセスが良いところに住んでいるにもかかわらず
どこにも行っていないな・・・・
もっと出かけないといけないですね


コロナが落ち着いたら
どんどん町へ繰り出そう

因みに小学生のころ
シュガーベイブさんのだったけ「DOWN TOWN」の歌の
DOWN TOWNへ繰り出そう  の部分
どんどん 繰り出そうと思っていました (笑)

週末くらいからは気温も上がって春が近づいて来てくれそうですね
今日の空の色を見ていても
色んなところに行きたくなっちゃいますね

春 沢山のお客様との出会いを楽しみに
今日も16時オープンです
美味しい南アフリカワインと一緒にお待ちしています
週末にかけてそろそろワインアイテム帰る予定です

お楽しみに~


2022-02-24 12:10:04

コメント(0)

お誕生日です!!!

おはようございます。
南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

2月2日 水曜日のブログです

さて今日は何の日でしょう~
家のお客様なら皆さんご存じの
そう 南アフリカワインの誕生日です
今年で363歳!



 



ヤンファンリーベックの日記に書かれていた
「今日 神を賛美します。ケープのぶどうから最初のワインが本日無事に作られました」
1659年2月2日から363年目の2月2日を迎えました

なのでバースディケーキを作ってもらいました
363歳と南アフリカの国旗をフルーツで作ってくれています
可愛いし美味しそう~(≧▽≦)







 



そして 南アフリカワインのお陰で 毎日が幸せで充実している
そんな感謝の気持ちを込めて

Happy Birthday my love!
Thanks to you, every day La Vie en Rose .

とメッセージを入れていただきました
果たしてあっているのか!!

南アフリカワインに携わるすべての人に感謝を込めて





こちらのケーキにはポールクルーバーのノーブルレイトハーベスト
合わせていただきたいですね

グラスで出しちゃうか!!

ケーキとセットでお召し上がりください

 





国旗を上手にカットできるか不安しかありませんが
パティシエ 西村氏の優しいケーキ
召し上がりに来てください♪







そして もう一つお知らせ
本日より
Canowaの西村パティシエの焼き菓子がお店に並びます
勿論 南アフリカワインとの相性ばっちりなやつ!!!






焼き菓子の種類は
噛めば噛むほど味が出る

胡桃とイチジク




 










袋を開けたとたんトリュフの香りに包まれる

トリュフ

 








オニオンとグリュイエールにブラックペッパーを
効かせた ワインを誘う

オニオングリュイエール



 





そして様々なスパイスの香りが心地よい
舶来八つ橋


スペキュロス
 











幻のルビーショコラをふんだんに使った
フィナンシェ

ルビーショコラ

 









ラムレーズンがたっぷり入った

マドレーヌラムレーズン







しっとりリンゴにほろ苦いキャラメルがたまらない

キャラメルアップル






そして そして
サクランボのリキュール漬けグリオッティンを贅沢に使った

クグロフ グリオッティン ショコラ
 








レモンの香りが爽やかでいくらでも食べてしまう

クグロフ シトロン






などです
店内でもお召し上がりいただけます。
 








今日は是非 南アフリカワインを飲んで おめでとう!!と
乾杯してください






 


今日も 16時オープンで
美味しい南アフリカワインと一緒にお待ちしています!

 


写真撮影中ケーキを落としそうになり
あわて慌てふためく 1枚
サービスショットです (笑)

2022-02-02 12:24:35

コメント(0)

当面の営業形態です

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

1月26日 水曜日のブログです




今日はお知らせ2つです

その1

本日1/26日 開店時間が17時半となっております






 




その2

1月27日~2月20日

まんえん防止措置が発令される間の営業形態

開店時間は今まで通り

16時 開店です

閉店時間は

21時 となります

アルコールとお料理のラストオーダー
20時とさせていただきます

20時の時点でお客様が店内におられない場合は
20時閉店とさせていただきます


といった感じで暫く営業いたします






もともと店内は6名様迄と人数を減らしたままの営業でしたので
まだしばらくこの感じで・・・

28日はワイン会の為
通常営業はありません


29日 土曜日は 通常営業ですが
16時ほぼ予約で埋まっておりますので
18時以降でご検討お願いいたします



取り急ぎお知らせまで!

今日も美味しい南アフリカワインと一緒に
17時半より お待ちしております

2022-01-26 11:10:22

コメント(0)

Dorrance Wines ドーランス ワインズ

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です





ブログ 凄く久しぶりです・・・
近ごろ お手軽SNS投稿ばかりで全然更新していませんでしたが
これは書き留めておかねば!という素敵なワインと出会ったのでご紹介していきたいと思います





それは 1月のグラスワインに登場している
ドーランス・ワインズ Dorrance Wines です
昨年11月に日本初入荷したばかりの南アフリカワインです





ドーランスワインズはヘリテージ・スクエアにあります
そして 気になるヘリテージ・スクエア
調べてみるとなんとも素敵な場所ではないですか!!!!!








古くは、ここはパン屋、タバコ屋、鉄砲屋が商売をしていた場所で
近くには葬儀屋さんもあったそうです。
アパルトヘイト後期に、2000台収容の駐車場と高速道路建設のために取り壊されることになったのですが
大規模な民間保存プロジェクトによって大改修が施され歴史的な建物 オランダやジョージ王朝時代の外観に戻され
内部は今日の商業市場に合うように近代的に修復しました。





そして 現在、ヘリテージ・スクエアには、ケープ・ヘリテージ・ホテル、アフリカ・カフェなどの良質なレストラン、
1770年代からブドウの木を育てている中庭(椅子やテーブルがたくさんあり、ランチタイムには絶好の場所)があり、
現在もワイン用のブドウが実を付けているんです!





現在、ケープ・ヘリテージ・ホテルの敷地内にあるこのブドウの木は、おそらく南半球で最も古い実のなる木ではないかと推測されているそうです。南アフリカ一ではなくて 南半球で最も古いんですよ
凄くないですか!?




そして、現在では、約20リットルのワインに十分な量の実を付けているようです(このブドウの木については、ワイナリーとレストラン「ドランス」を訪ねてみてください)。





でたーー ドーランス!
ドーランスに行ったらこの木から採れたブドウのワインが飲めちゃうってことですか!!!!
飲んでみたい がぜん興味が湧いてきた

南アフリカを次訪れた時の行ってみたいリストを作ろう
ドーランスを勿論書き込みます







このヘリテージ・スクエアは、都市再開発プロジェクトとして最も成功したものの一つのようで
場所はケープタウンの中心部、ハウト通り、ブイテングラハト通り、ショーマーケット通りに挟まれ、
ファッショナブルなグルメスポットのブリー通りからもすぐのところにあるのだそうです
ここのホテルに泊まったらケープタウンのおしゃれスポットに色々行けるという感じショッピングやグルメをたっぷり楽しめちゃう。2泊はここのホテルに滞在したいな



という素敵なところにワインセラーとテイスティングルームがあります。
その外観は狭い入口、むき出しの花崗岩の壁、薄明かりに照らされた樽の列、古い鍛冶屋など、古き良き時代の歴史を感じさせる特徴的なものとなっています これから味わうワインに想像を膨らませることの出来る入口ですね

入口って大事
千と千尋の神隠しのトンネルぐらいこれからの物語を予感させてくれる 大切なものですね(昨日 岡田斗司夫さんのYouTube見過ぎてしまってつい (笑))







話をドーランスに戻します



Christophe & Sabrina
夫のクリストフと妻のサブリナ二人のドーランス・ワインズは
フランスの伝統的な手法を用いて繊細なワインを生産するというモットーの元、デュラン夫妻は、テロワールを表現し、伝統を重んじ、エレガンスを醸し出すワインを育て、紹介するための空間を創り出す旅に出ました。





カルヴァドス出身のクリストフは、1995年にケープタウンに移住、フランス製高級樽のサプライヤーとしての地位を確立
サブリナと出会い、二人で産地と個性を表現する南アフリカのワインを発見するための探求は、彼らの最初のワインである「キュヴェ・アメナ・シラー2000」のリリースにつながりました。



これ いまグラスでお出ししているワインです 無茶苦茶奇麗です






2004年には娘の誕生を記念して「キュヴェ・アナイス・シャルドネ」を、
2011年には世に知られることになった「カーマ・シュナン・ブラン」をリリース
こうしてスター揃いのラインナップを完成させます。




需要が高まり、既存のインフラでは維持できなくなります、
著名なレストランやワインショップで販売されてはいましたが、
ワイン愛好家がドーランス・ワインズのワイン作りの哲学やブランドを支える人々との
交流を体験できる場所がない事は、自らの成功の犠牲者となっていると考え
このヘリテージ・スクエアのテイスティングルームを新しくオープンします。

哲学や味わい畑の話をこの素敵な世界観のある部屋で聞いてみたいですね


完璧な表現を実現するために、クリストフは
ユニークな畑の立地、早摘み、厳格な選別が重要である。
「美しく健康な果実から、低いPH、高い自然な酸、低いアルコールを持つ
よりバランスのとれたワインを形作る」と考えます











そんなドーランスの当店取り扱いワインです




DORRANCE BLANC ー ドーランス ブラン2020

厳選されたシュナン・ブランのブドウから自然に作られたワインです。
ジャスミンの香り、白桃のアロマ、わずかにオークの香りが感じられ、
生き生きとした酸 ミネラル感を感じる味わいエレガントで滑らかな味わいが特徴的です。
このシリーズは、フレッシュさ、バランス、素晴らしい飲みやすさが特徴の白ワインです。
ブランは、シュナン・ブラン100%。
スワートランドの各所にある花崗岩土壌の畑のブドウを使用しています。
このフレッシュさを楽しむためにも早めに飲むのがおすすめの1本です


醸造
果実はすべてホールバンチで処理。破砕や除梗は行わない。
ステンレスタンクで発酵させ、4ヶ月間きれいな澱とともに熟成させます。
醗酵前と醗酵後の硫黄以外の添加物は一切使用していません。

ブドウ品種 シュナンブラン
ヴィンテージ 2020
アルコール 12.5%
トータルアシディティ 6.1
残糖 2.1








DORRANCE Rouge ー ドーランス ルージュ 2020

このシリーズは、フレッシュさ、バランス、飲みやすさを重視しています。
ルージュは100%サンソーから作られています。
スワートランドの様々な土壌の畑から収穫されたブドウを使用しています。


スミレ、スパイス、ペッパーの香りが幾重にも重なり
赤い果実の香りが漂う魅惑的なサンソーです。
ミディアムからフルボディの味わいは、繊細なテクスチャーで、
しっかりとしているが親しみやすいタンニンと、フレッシュで
余韻の長いフィニッシュが特徴です。14℃がベスト。


醸造
破砕や除梗は行わず、すべてホールバンチで処理します。
70%はステンレススティール、30%はフレンチオークの古樽で熟成させます。
醗酵前と醗酵後に硫黄を添加する以外、葡萄に何も加えません。


ブドウ品種 サンソー
ヴィンテージ 2020
アルコール 13.5%
トータルアシディティ 3.52
残糖 2





上記2アイテムもグラスでお出ししていましたが
大人気!
特にルージュのスパイシーでペッパーの香りが病みつきになります
このレンジ凄いぞ!!って感じの2アイテムです













そして下記3アイテムがまた凄いんです!!!

まずは昨日までグラスでお出ししていたシャルドネ

DORRANCE Chardonnay Cuvee Anais ー シャルドネ キュヴェ アナイス 2019

ワインメーカーの次女から名づけられたキュヴェ
絶妙なまとまり感があります。
アメリカでは南アのブルゴーニュだと言われている
気品あふれる白ワインです。
最高品質のエルギン/フランシュホックの畑から。
完璧に統合されたオークが、幾重にも重なる表現
豊かなフレーバーを調和させ、美味しく複雑な全
体像を作り上げています。
非常に長く、フレッシュで鋭いフィニッシュ。緑がかっ
た淡いゴールド色。冷えたクリームとバターポップコ
ーンの香り。メロン・カード、白い花、レモン・ピール
のジューシーな風味をもたらす鮮やかで素晴らしい
酸味が、素晴らしいミネラル感とともにクリーンな後
味に残ります。熟成には友人が送ってくれる高品質なブルゴーニュの
古樽を使用しています

こちらは開けてからの持ちも凄い!
熟成の可能性が感じられます
今でもとっても素晴らしく美味しいのですが
5年ぐらいして もう一度出会いたいな
数本は隠し扉に入れておきますね
そのあとは 8年 10年・・・・売るワインがなくなってしまいますね (笑)

これはお客様にお任せした方がよさそうですね




ブドウ品種 シャルドネ
ヴィンテージ 2019
アルコール 13%
トータルアシディティ 6.1
残糖 2.3
土壌 ライムストーン
樹齢 24年
生産本数は 8000本







そして本日からグラスで開けます!!

DORRANCE KAMA Chenin Blanc ー カーマ シュナンブラン 2020

この素晴らしいシュナン・ブランは、パーデバーグ地区の
古いブッシュ・ヴァインから選ばれ、丁寧に手作りされています。
並外れた凝縮感と複雑性を持ちながらも、豊かさとピュアなワイン
その味わいは繊細で自然な酸味に支えられています。
スワートランドのシュナンブラン 80%からは
ワインにボディとミネラル感を与え
フランシュックのシュナンブラン 20%からは
ミネラル感と高い酸味を与えてくれます
卵型のコンクリートで発酵と熟成を行っています

クリストフは、妻でありビジネスパートナーでもある
サブリナに敬意を表してこのワインを造りました。

カーマとはカマストラの意味で
プレジャーオブセンスの喜びという意味だそうです








そしてこちらもグラスで開けていて
大好評の赤ワイン

DORRANCE Cuvee Ameena - ドーランス キュヴェ アナメ シラー 2019

スパイシーでしなやかなタンニンに支えられた、
鮮やかでピュアな甘い果実の喜びを表現しています。
エルギンとパーでバーグのブドウを組み合わせたことで、北ローヌを彷彿とさせる、まるでサンジョセフのような
親しみやすいがエレガントで抑制されたスタイルに仕上がっています。
ワインメーカーの娘にちなんで名付けられたキュヴェ・アメナは、
オープンファーメーション 天然発酵
新樽20%のフレンチオークで18ヵ月間熟成。
清澄されていますが、無濾過なので沈殿物が出ることがあり、デカンテーションが必要な場合があります。


ブドウ品種 シラー
ヴィンテージ 2019
アルコール 13%
トータルアシディティ 6.1
残糖 2.2
土壌 風化した花崗岩
樹齢 26~28年

2021年プラッターにて2019VT ドーランス キュヴェ アナメ シラー 5スター

といったラインナップです






それぞれが それぞれの最高のパフォーマンスを感じる素晴らしいワインばかりです
是非飲んでみてほしいそんなワイナリーのワイン達です



久しぶりのブログ相変わらず
あっちふらふら こっちふらふらとまとまりないにも関わらず
最後までお読みいただいてありがとうございます。

今日も16時オープンです

美味しい南アフリカワインと一緒にご来店お待ちしております。

2022-01-14 13:52:28

コメント(0)

大人の給食会

おはようございます!

そして 久しぶりのブログです


12月21日 火曜日

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です







なんか 久しぶり過ぎて書き出しも忘れてしまいました

12月17日 金曜日にワイン会をしました



 




テーマは『大人の給食会』

毎年12月 当店では 勝手にサンタプロジェクト!!を行っています






南アフリカワインに出会って

南アフリカワインの美味しさに触れて感動を与えてもらい

南アフリカワインを売ることで沢山の方々と出会えて

多くの幸せをもらいながら息子と楽しく生活させてもらっています






そんな 南アフリカワインにほんのちょっとだけ

お礼がしたいな、だったら

子を持つ親として

子供の笑顔の役に立つことをしたいと考え

始めたのが この 「勝手にサンタプロジェクト!!」です






毎年 ドルニエのココアヒルを中心に

子供の教育支援を行っているワイナリーさんのワインを

グラスワインのメニューに載せて

お客様には楽しく 美味しく飲んでいただいて

知らない間に サンタさんになってもらおうというコンセプトで始めました





あまり シリアスな話はなぁ~と思っていたので

詳しいお話は避けていましたが

今回 カルメンさんの給食援助の話を聞くにあたり

やはり少しお伝えしたいなと感じました







まず 南アフリカではアル中が社会問題となっています

これは 前にもお話したかと思いますが もう一度

なぜ ここまでアル中が増えたのかというと

やはり話は アパルトヘイトまでさかのぼります





ワイナリーで働く黒人労働者に

お金ではなく ワインが支払われていました

こうして アルコールに溺れてゆく人々が増えていきます

男性は 家庭内で暴力をふるったり

女性は 妊娠しても アルコールを辞めることが出来ず

運動能力や知的障害を抱えた子供が産まれたりしました

現在はそういうことを繰り返さないようにする取り組みは勿論

そういった子供たちを支援する活動もワイナリーでは積極的に行われています

支援活動は行われていますが

まだまだ貧困層では問題が山積みとなっています。



 





そして カルメン スティーブンス ワイナリーのワインは

給食プロジェクトという社会貢献を行っているワインです




始めたころは 3つの学校からスタートしたそうです

人数に換算すると4~500人だったそうです

それも 毎日では無くて 1週間に3回といった感じでしたが

現在はなんと114の学校で

25531人の子供たちのお腹を満たしています








さらに驚いたことに

給食=昼食と思っていたのですが

なんと

朝 昼の2食を提供しているスクール

帰っても食べることの出来ない子供たちに

アフタースクールでも食事を提供しています

3食です1日分の食事






カルメンさんも子供のころ

お母さんが工場で働いていて、毎週金曜日に給料をもらえて、

その日はサンドウィッチとか食べれたそうですが

日を追って 木曜日とか、金曜の朝は食事が無い時もあったといいます





そんな幼少期の記憶もありますし

勿論 今でも貧困地区では家にいても食事がない家があります

「学校に来たらご飯食べられるよ」と呼び掛けを続けているそうです。







南アフリカの貧困を抱える子供たちにとって

給食は 生きるための大切な1食となっています


お腹が空きすぎて 泣きじゃくる子

動けず何もできない子

そんな子供たちの空腹を満たすことは

集中力を高めるエネルギーとなり

成果が上がることにつながっています



学校に来ることで 栄養を取ることができ

基本的な事が出来る成果へとつながっています







 











そんな命をつなげる給食 1食いくらかかると思いますか?


答えは 20円!!

先日学校のお便りで観た

中学校の給食は1食 300円 それでもかなり安いと思いましたが





1食 20円です(R2.81 ランド)

1週間 5日で 99円(R14.05)

1か月で 396円(R56.18)このあたりで日本の学校の給食1食分

1年で 3916円(R556.19)です





勿論 20円という中で

ワクワクする給食というのはかなり難しいようです

牛乳は毎日出すことはできず

1週間に1回程度

米、トウモロコシが主体で

後は

魚やバターナッツなどなど

13の食材をローテーションで出しているそうです







これから 夏休みに入り

学校が休みになると食事を摂れない子供たちが出てくることを

凄く心配されていました





先日お店に買い物に来られた年配のお客様

うちの息子を見て 「いくつ?」と尋ねられ

「12歳です」と答えると

終戦を迎えた時の年だなぁと

6年生の時に終戦を迎えたお話をしてくださいました

中学校ではマラソンをするよと

先生に河川敷に連れて行かれ

草むしりをさせられたと

その草を小麦に混ぜて

かさ増しして焼いて食べたという話

このカルメンさんのお話を聞く数日前の出来事で

カルメンさんの話とおじいさんの話が頭の中で巡っていました

育ち盛りの幼少期

本当にひもじかっただろうな

ひもじい思いをさせてしまう親も辛かっただろうなと


かなりシビアな状況です

でもきっと少しずつ変わっていくはずと感じています

2011年3校からのスタートがたった10年で114校 35倍以上の伸びです

カルメンさんのパワーの凄さが分かるエピソードがあります




カルメンはステレンボシュのケープフラット、いわゆる黒人やカラードと呼ばれる

有色人種が住む貧困地区で育ちました。




中学生の時に母親が持っていた小説を読み、ワインの世界に興味を持ち、

「ワイン醸造家になる」という夢を抱いた。





1990年 この時代、南アフリカは、世界中から非難を浴びた悪しき

アパルトヘイト(人種隔離政策)が終わりを迎えようとしていましたが、

この国の未来に不安を抱く人々が各地で暴動を起こしていました。

そんな時にカルメンは高校を卒業。ワイン業界の門を叩きます。




しかし、ステレンボシュにあるエルセンバーグ農業大学は、

彼女の入学を拒否。当時は白人学生しか入学できなかったからです。

普通はこの時点で諦めてしまいますよね

私なら 首をぐったり下げて しょうがないとあきらめていると思います

がしかし カルメンさんは違います






1991年 再度エルセンバーグ農業大学に入学申請を行います。

でも 結果は同じ理由で拒否されてしまいます。




それでも彼女は南京錠を作る工場で働きながらイースターにチョコレートを販売したり、

ケープタウン駅で靴を売ったりしながら生活を続けながらも

1992年 再度エルセンバーグ農業大学に入学申請したが、

「彼女は軍事訓練を受けていないし、農業のバックグラウンドが無い」という理由で再び入学を拒否されます。




彼女は諦めず、工場で働きながら通信教育で農業のディプロマ・コースを受講し修了しました。

カルメンは「絶対入学できる」と強い気持ちを持ち

1993年 ついに4回目の入学申請で入学を許可されました。



この時、彼女は大学に再び入学拒否をするなら、このことを暴露しますと訴えました。

そうしてようやく入った大学ですが、

大学生活は大変だったようです。

黒人の女性ということで、周りの学生や先生からの差別や侮辱を受け、

時にはパニック障害になり、もう少しで学校を辞めよと思うところまで追い込まれたそうです。




それでも彼女は考え 学校に今の実情を訴えたそうです

そうすると、いじめは直ぐに止みだそうです







1994年 (南アフリカ社会)アパルトヘイト終了。

マンデラ氏が率いる新生南アフリカの誕生と本格的に民主化がスタートし翌年の

1995年

カルメンは大学卒業します。

彼女は「大学生活はとても大変だったけど今はとても嬉しい。」と、大喜びしました。

白人のそして男性中心のワイン業界の中で、南アフリカワイン史上初の黒人醸造家となりました。








その後、ディステル社に入社。

黒人の地位向上プロジェクトがスタートし、彼女が担当したワイン、

Tukulu(トゥクル)・ピノタージュ1999と2001が南アフリカ・ヴェリタス・アワードで金賞を受賞します。

彼女にとって最初のヴィンテージだった1999年は2000年の南アフリカ・トップ10ピノタージュに選出されました。




その後、インターンでカリフォルニアやフランスでの収穫を体験。

同じステレンボシュにあるアマニ社に移り8年間在籍します。

カルメンさんが作るアマニのワインとても好きなワイナリーの一つでした










2008年 デカンター・ワールドワイン・アワードのボルドー赤品種部門で

2006アマニ・カベルネフラン・メルロがトロフィ(世界一)受賞。

 その後、アマニはオーナーの病気が原因でワイナリーは無くなってしまいます。

彼女は自分自身のブランドを立ち上げようとしましたが、才能はあっても銀行は融資をしてくれませんでした。






2009年 カルメン・スティーブンス財団設立。目的は西ケープ州の空腹児童に給食を提供するプロジェクトです

カルメン曰く、「貧しい地区の子供達は、何も食べずに学校に来る子がいるので、

空腹と栄養不足で学校で倒れたり気絶したりします。」と。

空腹で気絶という現実がいまだあります。家の中を見渡しても食べ物で溢れている日本に居て想像するのが難しい事でした






2011年 イギリスのNaked Wine社から援助を受け、自身のワインブランド立ち上げ。

醸造所はアマニが貸してくれました。初ヴィンテージは2014。イギリス、アメリカを中心に輸出を開始します。





2017年 ビジネス・ウーマン・アソシエーション主催の西ケープ州の農業輸出部門で、トップ女性起業家賞受賞。



2019年 南アフリカで最初の100%黒人だけで運営するワイナリーとして登録。

南アフリカ最優秀スモールビジネス起業家賞受賞(主催:サンラム&ビジネスパートナーズ)。

現在に至るといった感じです


それにしても ブラハムのヒーシーさんといい

カルメンさんといい なんてパワフルな人たちが多いんだと

驚かされます。


ポールクルーバーの家族の学校の話も心に残っています




南アフリカのこういった子供たちの生活は

少しずつではあっても、必ず減っていくと思える

明るい未来を感じます

カルメンさんだけではなく

多くの他のワイナリーさん達も動いています




微力ながら日本からもエールを送れるはずと思っています



勿論こういったシビアな話で人の為になるからと

ワインを楽しむのは違うとも思います

でも どのワイナリーのワインも素晴らしく美味しいワインです

美味しくて手に取ったワインが

未来の子供たちを応援するワインだとしたら

ダブルで嬉しくないですか?





今週は そんな カルメンさんのワイン

スパークリングもメルローもグラスでお楽しみいただけます












そして このラベル寅です!


干支ラベルとしてもお使いいただけます

因みに カルメンさんは 亥年であることが判明しました(≧▽≦)

Chinese Zodiac in Japan 干支て英語でこういうのか・・・

Your Japanese zodiac sign is the Boar.

なるほど なるほど

このサイトとても役立つ

https://yolo-english.jp/zodiac-13788

ムッチャまとめてくれている

後でゆっくり

と、少し話それましたね

いつもの事ですが・・・・








今年も今日を入れて8日間となりましたが

年内 サンタプロジェクトやっています

美味しく飲んで 子供たちの笑顔を作る

そんな南アフリカワインを楽しんでくださいね

 



 


今日のワインリス

スパークリング

★カルメン スティーブンス サヴィ スパークリング

白ワイン

★ビーズニーズ

★ドルニエ ココアヒル シュナンブラン

★フィーストアンドヴァイン シャルドネ

赤ワイン

★ビーズニーズ

★ドルニエ ココアヒル レッド

★ハーテンバーグ カベルネ/シラー

★ハーテンバーグ シラー

★カルメン メルロー

★ジャーニーズエンド カベルネソーヴィニヨン

を中心に開けています

その他

本日の白ワイン

本日の赤ワイン

ボタニカ フラワーガール アルバリーニョ

クルーガーファミリー パーリーゲーツ リザーブ2019
をグラスでご用意しています




 




今日も 16時オープンです

24日 25日は時間帯によっては満席となっております

早めにお問い合わせください

また お持ち帰りプレートのご予約も

木曜日には締め切らせていただきます

22日 23日のお渡しは都合により中止させていただきました

ご迷惑をおかけいたします

よろしくお願いします。

2021-12-21 16:38:17

コメント(0)

12月の営業予定

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です



11月27日 土曜日のブログです




来週はもう12月ですよ!!!!
早すぎないですか?



大急ぎで 12月のカレンダーを作りました
12月はこんな感じで営業させていただきます


 



12月は1か月を通してグラスワインは
#勝手にサンタプロジェクトのワイン
子供たちにほんの少しですが笑顔になってもらえる
教育支援を行っているワイナリーの物を中心に開けていきます!!





1日から10日目で限定クーポン売り出し

4日 土曜日貸し切り営業となります


6日 月曜日は17時からの営業です


13日 月曜日から 21日火曜日迄は年に1度の決算前倒しセールです!!

17日 金曜日はワイン会にて通常営業はありません

22日 水曜日から 25日土曜日までは
クリスマスプレート(予約制)店内でも持ち帰りでもどちらでもOKです


年内は29日水曜日が最終の営業となります


年始は4日 火曜日より営業いたします!
15時スタート



さて今月11月のお知らせです

来週 29日 月曜日は満席となっております(後ろの簡易テーブルはご用意可能です)
30日 火曜日は急遽お休み頂戴します


年末に向け色々と忙しくなると思いますが
体に気を付けて 楽しんでくださいね
そして そんな時間に1本でも多くの南アフリカワインがいてくれるといいな


今日も16時オープンですが
本日は終日満席となっております
ありがとうございます。

2021-11-27 11:26:22

コメント(0)

クーポン券販売スタートです

おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

11月1日 月曜日のブログです。



先月試しに出してみたお得クーポンカードが好評だったので
ちょっと定番にしてみようかなと思います

毎月 1日~10日までの間売り出します
限定 各 10枚とさせていただきます

 


1万円で11000円分お使いいただけるクーポンと
3万円で37000円分お使いいただけるクーポンです






共に 購入は現金のみとさせていただいております
飲食代・ワイン購入にお使いいただけます
セール品にはお使いいただけません
有効期限
10000円の物は3か月・30000円の物は6か月で
ポイントカード失効となります
緊急事態宣言が再度出るようなことがあり
飲食営業が休業になるようでしたら
その期間は日数としてカウントいたしませんので
有効期限延長いたします





1回目は殆ど何もルールなしだったのですが
購入していただいたお客様が
ここには こういう風に書いた方がいいとか
色々アドバイスをいただいて
ほーなるほど
ほーなるほどと
一文ずつ足させていただいて
こういう形でひとまず落ち着きました




ありがとうございます
いや 本当に育てていただいてます





という事で 本日より
販売開始です!
売り切れ次第終了となります
お早めにお買い求めください!





今日も16時オープンです
美味しい南アフリカワインと一緒に
お待ちしております。

2021-11-01 13:33:50

コメント(0)

ワイン会開催いたします!


おはようございます!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


10月25日 月曜日のブログです。




朝から雨ー エンジンかからない 月曜日です
さてさて 先週お伝えしていた
ワイン会のご案内です。


テーマは「ピノノワール飲み比べ!!」

どうですか?
ちょっと おおーって感じですか?
産地の違う3種類のピノノワールを飲み比べて頂く会としました


南アフリカワインのピノノワールと言えば!
エルギンですよね
そして 近ごろ人気の
ヘメルアンアード地区
これからグイグイ来そうな
エランズクルーフ地区


この3地域のピノノワールを飲み比べて
頂けるワイン会です




ピノノワール3アイテムだけ?






いえいえいとんでもない
スパークリングワイン1本
ピノノワール5アイテムです

しかもなかなか素敵なアイテムです
また 自分で言ってるし (笑)


スパークリングワイン
メソッド・キャップ・クラシック・ブリュット・ロゼ


サワーヴァイン・ノム・ピノノワール 2019
ポールクルーバー・セブンフラッグス・ピノノワール 2016
ストームフレダ 2019
ストームフレダ 2018
ストームフレダ 2015

以上の6アイテムです


どのワイナリーさんも そこだけでワイン会出来る
主役級のワインばかりです
これは 飲む甲斐絶対ありです!!



本日より募集いたします



ワイン会詳細

日  時 :11月13日 土曜日

18時スタート

募集人数 : 6名

金  額: 9000円 税込み







さらに今回から

ワインだけ お家で楽しみたい!

そんなお客様に
店頭お渡しセット 5500円 税込み
90ml×6アイテムのセットをお作りしました

※但し 11月13日 土曜日 10時半~17時半までにお引き取りしていただけるお客様限定




とても とても久しぶりのワイン会
ドキドキです
ご参加お待ちしております!!






お申込みは

電話 06-6783-2920
メール info@mitamari.com
各SNSのDM
FBイベントページからもお申込み頂けます

インスタグラム https://www.instagram.com/yoko_dosu/
ツイッター https://twitter.com/mari_dosu
FB  https://www.facebook.com/mitamari
FBイベントページ  https://www.facebook.com/events/296891518728533





今日も16時から美味しい南アフリカワインと一緒に
お待ちしています
営業時間も22時迄となっています





 

2021-10-25 14:03:50

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5