×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  南アフリカ旅行

南アフリカ旅行

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

ドルニエワイナリー訪問 その2

ドルニエワイナリーその2

Wa7yw2o0まず1本目
ドルニエ ドナトゥス・ホワイト
すごい素敵なかおりマロマロです
マロマロなのにフレッシュで
パインやりんごの香りあと桃も白いお花の香りも
溢れる香りです
なのにとてもきれいな酸があってさすがに芸術家の作るワインは芸術的仕上がりです。


Oviivsutお次は
メルロー
青い茎の香りに胡椒のかおり
色はメルローにしてはほんの少し淡い感じ
口に含むとこれもやはり
とてもきれいな酸があり
優しい赤い果実の香りに包まれます
「8年ぐらいは美味しく熟成していく」とラファエルさん



Mwmxwmlaピノタージュ
南アフリカでお馴染みの出来た掛け合わせ品種です
ほんのり甘い香りが特徴的
ユーカリや白いお花の香りにもも
口当たりもほんのり甘みを感じるのに
お肉のニュアンスが・・・
この甘みがナンキンのリゾットにとっても良く合いました
絶妙~



Bn4aul0iドルニエのフラッグシップワイン
ドルニエ ドナトゥス・レッド
香りが違います!lovely
凄く良いボルドーを飲んでるって感じです
香りが次から次へと変わってゆきます
口の中で舞踏会が始まったようでnote
よっドルニエ憎いねぇ~って感じです(どんな感じやぁ~)
取り合えず文句無く美味しい!!
そんなワインです。



W6rufpbj


各ぶどうの場所の土壌の見本が置かれていました
因みにこの写真はカベルネフランです。



Jcbxv60k

最新の設備が揃っている!細部にまでこだわりが・・・


Fydwllky


楽しい食事も終わり


Bscsu0iu

もちろんお約束記念撮影!!lovelyheart


Fmr5walq

帰る頃にはもうどっぷりと日も暮れ
長い長い南アフリカ1日目がおわりました・・・
実はホテルでもうほんの少し酒盛りしちゃいました(^^ゞ

2022-05-17 09:11:41

コメント(0)

ドルニエワイナリー訪問 その1

ドルニエワイナリー1

2月13日
南アフリカ共和国、ステレンボッシュ
一つ目のスタートは
Dornier wines

Pw118v9zどこから見ても芸術的shine
ドルニエ家は20世紀に成功を治めたドイツ飛行機メーカーで1995年にワイナリーをこの地に設立した
歴史は浅いように見えるが実は
この地は300年続いた最も古いワイナリーがあった場所なのです。
実はしっかり歴史のある南アフリカ共和国もっと詳しく南アフリカのワインについては当店のぼちぼちアップお酒コーナーの南アフリカ事情をみてみてくださいね♪



Acxpovnuこの池芸術だけではありません!
この下がセラーになっていて
熱を遮断してくれているのですsign01



Nofbwoz7まずはCOEのスーさんの今のアフリカワイン事情についてお話を伺いました。
昔は白が85%で国内用が殆どでしたが
今は45%が赤ワインで世界各国へ輸出されるようになったとか・・・
とてもバラエティにとんだこの南アのポテンシャルの高さを
うかがわせる面白いお話でした



Ufit0uqf<でわでわクッキングの開始です
今回のワイナリーは自分達でクッキングしながらテイスティングをするという一風変わった思考で始まりました。
先生はイタリアンの女性シェフジュゼラさんですrestaurant



R20wf1cz私もせっせとしてるふり・・・sweat01


_rmg3ime一品目はドライナツメとオレンジとオニオンのサラダもちろんオリーブオイルたっぷりです


T1kzcesi2、3品目はガーリックトーストのトマトのせシンプルですがとってもワインにあいます。
あと、おくがチコリにバジリコとヨーグルトマスカルポーネを混ぜたものをトッピングしていただくというものこれまたチコリのほろ苦さがぜつみょぅううううheartheartheartheartheart



気張りすぎず皆で楽しめる素敵な前菜本当に人を招くことのうまさホスピタリティーに脱帽です
肩肘張らず心から人をお招きするもっと上手になりたいものだといつも感じさせられます


6mdtdkfuポンプキンのリゾット混ぜて混ぜてっ、
せっせとまぜていい感じに!日本のお米では考えられないぐらい混ぜたおしました。これがまた合うんですワインに・・・



ワインは勿体つけて又明日・・・sign01sign01
明日はちょっとアフリカワインの飲み会にいくんだった
ってことでこれにあわしたワインはあさって
一緒に明日のワインもお楽しみに~
超レアレアですlovely

2022-05-17 09:10:31

コメント(0)

ポールクルーバー

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です。


昨日あたりから

ツイッターで

ポールクルーバーのピノノワールが

美味しいと

話題になっていますね♥ (≧▽≦)


私も そんな感動から南アフリカワインに

はまってしまった1人です



嬉しくて♪

凄く古いブログを引っ張り出してきました (^▽^;)


2005年の某日

芦屋のとあるワインバーさんで試飲会がありました

そこで出会ったのが

ポールクルーバーのワイン ピノノワールでした

フランスにワインの

勉強で参加させて頂いたとき

ワインは人が作っているんだと

ワインの中に、人柄が感じるワインがこんなにもあるのかと

感動して以来

久しぶりに、ワインの中に 人柄を感じたワインでした

この ワインを作っている人に会いたいと・・・


そして、2006年2月 その夢が叶いました


昔 ブログを書いていたのを見つけたので

アメブロからのコピペですが


ー・-・--・-・-・--・-・-・ーー・-・-・--・-・-


2006年2月27日 (月)

祝ポールクルーバーワイナリー訪問!



なんの為に南アフリカに行くことに決めたって

このワイナリーを是非訪問したかったから・・・


試飲会でワインを飲んでからというもの

このワインの香りの虜となってしまいました。


それからはこのワインでアロマテラピーしてました

仕事で遅くなったとき、

どうも気持がしんどいとき

どんなに遅くなっても栓を開け、

この香りに出会いたいと思えるそんなワインです

そんなワインを造った人に会いたい!

この企画が出たときそれだけで飛びついたのでした

で!

南アフリカ2日目の1件目に訪れたポールクルーバー


それはそれは絵本から飛び出したような場所でした






脳外科だった
Dr.Paul Cluverが始めたワイナリー

ここはケープタウンでも涼しい
エルギン地区でブドウ作りをしています

フランスブルゴーニュ地方に
良く似た気候なのです

だからここのワインにはとてもきれいな酸があります。

ワインを飲む前に案内してくださった敷地とても広い敷地なので

案内はこれ↓ドナドナを口ずさみながらのドライブです








ファームツアーで色んな動物がみれました
これはカモシカの一種でエラントっていうう鹿らしい・・・



分かりずらいですがしまうま!
サファリパークみたい





ここは600~700人収容屋外劇場、
夏の間毎週末、色んなアーティストがココでコンサートを
するらしく、大勢の人が集まります。
屋外のウエディングも行っているらしく、チャペルの建築中でした。


「今年行ったときは 既に完成していて コンサート見てきました!!
満員で皆さん盛り上がっていました!!」






屋外劇場の近くの小屋?で小休憩・・・
ここでポールクルーバーさんのワインナリーの色んな
取り組みについてお話を伺いました
エコツアリズムにも力を入れていてイギリスからマウンテン
バイクを送ってもらい子供達に自然とのふれあいが出来る
ツアーを行っています



また、ポールさんのお母さんは非常に教育の大切さを感じておられ
南アフリカにご自分で学校をつくり皆に通わせました
今では国からの認可を受ける程になっています






木漏れ日の中でひ
ひおばあちゃんから受け継がれているレシピで作られていると
いうう「アップルタイザー」をいただきました。
とってもりん
ごの味が濃いスパークリングジュース!
すんごく美味しいシー
ドルを飲んでいる感じです。
もともとはりんご農園だったとい
うだけのことはあります。





写真を見せると皆に「お寿司?」と聞かれます
ワインオープナーです!!
お土産にと、ワイナリーの皆さんがラッピングして下ってました。



お花はエバーラスティ
ングというものでドライフラワーになっているとは思えないほど
イキイキしています、香りはありません
鳥の羽はギニファー
という、ほろほろ鳥の様な鳥のものです



セラーに戻りこんな素敵なところでテイスティングの開始です










つづく・・・




「その続きはアメブロの https://ameblo.jp/ebizou403/entry-11157827660.html

で、読んでいただけます ただ、画像が全然反映されていなくて気持ち悪い事になってます (^▽^;) 」




こんなブログを12年前に書いていたんですね

文章がなんとなく、若々しく感じます 笑

まぁ あんまり成長していないので

今でも それほど大差ない文章力ですが


それにしても日本に入って13年以上

美味しいと感動させ続けるワインを作り続けている

ポールクルーバーさん

本当に素晴らしいですよね

今年訪れたときとはずいぶん違う印象でした

ただ 変わらない事も

彼らの信念は今も変わらない

この2月に伺った時も ご健在で

手造りのクッキーを焼いてお土産に持たせてくれました

私には チョコの入った大きなクッキー

息子には 薄くて食べやすい形に焼いてくれていて

大きな 取り組みもですが

人に対する 思いやりやおもてなしの精神が

本当にうれしく心に沁みるし

見習わなければと勉強になります。




そんなポールクルーバーのワイン
当店取り扱いは 下記の通りです


【南アフリカワイン】 ポールクルーバー ソービニヨンブラン 2016 750ml

【南アフリカワイン】 ポールクルーバー ゲヴェルツトラミネール 2016 750ml

【南アフリカワイン】 ポールクルーバー シャルドネ 2016

【南アフリカワイン】 ポールクルーバー ドライリースリング 2015

【南アフリカワイン】 ポールクルーバー ピノノワール 2016

【南アフリカワイン】 ポールクルーバー セブンフラッグス ピノノワール 2015

【南アフリカワイン】 ポールクルーバー セブンフラッグス シャルドネ 2015

【南アフリカワイン】 レイトハーベスト リースリング


ピノノワールに関しては ワイン部でも グラスで開けています

飲んでみたい方は 是非♪

今日も 16時 オープンでお待ちしてます!




 

2018-05-07 14:22:48

コメント(0)

南アフリカの旅 まとめ

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

南アフリカの旅 総括

今回は のっけから色んなハプニングに見舞われましたが

南アフリカの旅史上最高に素晴らしい内容ですと

インポーターの方が言っていた通り

本当に素晴らしい旅でした!!




内容は勿論なのですが

ただの旅行会社だったりワインツアーなら

こんなに素晴らしくはなかったのでとは思います





インポーターの方とワイナリーとのつながりが

素晴らしいからこそ実現できたツアーだと思います

セラーも畑も、丁寧に説明して見せて頂けたり

ティスティングの時など 全てにおいて

ホスピタリティが凄かったです

息子にまで・・・・

なんか 色々 反省します





まだまだ 全然ですね

お料理も ワインも まだまだだ

そして お客様のおもてなしも・・・

勉強すること多いですね

いつまでも

反省と勉強を繰り返して

お客様に楽しんでいただける

お店にしなくては


沢山の方に応援してもらって

ご迷惑かけて

行ってしまった南アフリカ旅行

やっぱり 行ってよかった


迎えてくださった 南アフリカの方々

送り出してくれた 日本の人々

こんな素晴らしい南アフリカ旅行を

企画してくださった マスダさんの方々

そして 最後まで読んでくださった皆様



全ての方に 感謝です

本当にありがとうございます


沢山の写真に撮り切れないほどのお土産と

素敵な時間を頂きました

 





本当にありがとうございます!!

 

2018-03-12 09:51:23

コメント(0)

南アフリカの旅 ウォータークルーフ

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です



さぁ この旅最後のワイナリーです

ステレンボッシュにある

ウォータークルーフです



 



こちらも グレネリーや ヴィラフォンテ同様

グラビティシステムを採用しています





フランス系イギリス人の現オーナーのポール・ボートゥノウは、

1993年から10年に亘り本当のテロワールを表現し、

上質のワインが作れる畑を世界中探し始めます

勿論ヨーロッパの有名産地も調査しますが

最後にたどり着いたのが

そう 南アフリカのこの地です

ステレンボッシュでも最も冷涼な場所

シャーペンバーグの南側斜面です。


 


畑の標高は150m~300m
フォルスベイからは 4~5キロのところに位置します




ポールは2004年にその農園を購入
2008年から自らもビオディナミに変わる事を決断します。



ウォータークルーフでは、自分達のワインを「Honest Wine」(誠実なワイン)、
つまり、テロワールを誠実(正直)に表現したワインと呼んでいます。

ワイン醸造に関しては、不干渉主義のアプローチ。
ワインは、様々な6つのレンジを持ち、
自社畑のブドウに関しては、完全にビオディナミです。


ウォータークルーフ到着です
 





この建物

実際に見ると

益々素晴らしいです

入ると直ぐ下に

セラーが見えます!!
 


タマゴ型がいっぱい

流石です



パンチングダウンの真っ最中です!!



 





男性が乗っても

簡単に沈んでいかない

凄い 力仕事ですね

この日セラーを案内してくれたのは

醸造家のナディアさん

とても素敵な女性です


 






収穫したての ぶどうを頂きました
 
 











これ バッテンになっています

パンチングダウンの時に

なるべく ぶどうにストレスを

与えないような形になっています





ひとしきり

セラーを拝見して

いよいよ

畑です

 


 
 




 


 



 
 






鶏のふんは肥料になり

卵は販売しているんだとか

山羊や 羊も同じように

ふんを肥料にしています

ミミズが凄いです

臭くないでしょうと

説明してくれていす

土に触れている彼の顔

本当に 嬉しそうです (≧▽≦)

素敵な生産者さんです


 


8時間かけて

畑を耕してくれる

働き者の 馬にもご対面です
 


 
 


 
 

 



サイズ感 分かりづらいですが

羅王が乗っていた馬並みに大きいです

足とか半端なく がっちりずっしりしっかりしてます

でも とても優しい子達で

初めての私たちにも

近づいてきてくれて

快く スキンシップしてくれました

鼻がたまらなく 気持ちよかったです








たっぷり 畑へのこだわり

ビオデナミの講義を受けて

次は ティスティングです


 
















どのワインもいいですね

MCCスパークリングもティスティング

これもまた綺麗

さて また 当店のアイテムが

増えそうです


この旅だけで

いったい 何アイテムの素敵なワインにであったんだろう
 



退屈だったのか

息子が 知らない間に

いっぱい写真撮ってました

ワイン飲んでるお母さん

彼の眼には こんな感じに映っているんだな (^▽^;)

 


 

南アフリカ最後の日も

くれようとしています

それにしても

素晴らしい眺めです



この旅最後のディナー

ウォータークルーフのレストランは

南アフリカでもトップクラスの

素晴らしいレストランだそうです

楽しみです




 



おしゃれです

いちいち

全部がおしゃれです

お手洗いの水さえ

網目で出てくるという

こだわりようです 笑



そんなレストラン

バターだけでも

こんなに!!


黒にんにくのバター

ニンニクバター

ピーカンナッツと蜂蜜のバター

これ 思い出せない

最後が 青のりです


最初の小さな一皿は

お味噌のムース仕立て

胡麻の風味も効いている

ちょっと ポン酢のような酸味もある

そして

大根

洋なんだけど

和と中華も混じり合っているような

面白くて美味しい1品でした
 







 



この花びらのようなもの

実はチーズです

ダチョウの卵と

玉ねぎ

これだけでも素敵なのに


 


温かい玉ねぎのソースを注ぎます

チーズがとろりととろけて

最高に美味しい一皿に



 

メインです

すっごく柔らかい




 
デザートの前のお口直し




 
デザート

珈琲と共に・・・・





これ 抹茶のマシュマロです
ここにも和





もう 入らない

お腹いっぱいです




そして なんとこのディナー

ただのディナーじゃない!!

なんと 南アフリカ出身の

マスターオブワインのキャシーヴァンジルさんと

一緒にです!!

 


なんてことでしょう

贅沢な時間です



貴重なお話も伺う事が出来ました

サインもいただいて

本当に最高の時間でした

 


さぁ 明日は 日本に向けて出発です


いっぱい 南アフリカで

体感した素晴らしい経験を

お客様に伝えなくては

忘れないうちに!!

毎日 読んでくださってありがとうございます

南アフリカへ行ってみたいと思て頂けたり

南アフリカワイン飲んでみたいと思って頂けたら

嬉しいです。

もっともっと 沢山

南アフリカワインのおいしさお届けできるよう

頑張ります










 

2018-03-10 12:02:55

コメント(0)

南アフリカの旅 デイビット&ナディア

おはようございます

南アフリカワイン専門 みたまり酒店です




南アフリカワイナリーツアーも

とうとう 最終日です(T_T)




残すところ あと2つ!!

この日訪れたのは

スワートランドです


ここ数年大注目のワイン生産地です

とても暑く 乾いた大地とは聞いていましたが

車窓から見る風景は

本当に 黄土色

 






そんな大地で素晴らしいワインを作っている

ディビット&ナディア David & Nadia 

本日1つ目のワイナリーです
 

コチラのワイナリーについては以前のブログで詳しく書いています

結局は全て土や畑によると言っています

とても 注意を払って

手間と愛情をかけて 放っておいている 凄い畑です

本当に子育てと共通するな・・・

コチラに David & Nadia さんについて書いています

https://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/274


因みにディビットさんはSIPのメンバーです

シップについてはこちらに詳しく書いています

https://www.mitamari.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/240

シップのメンバーのルールの一つとして

灌漑をしないというのがあるんですが

この土地でそれ出来るの!!

って本当に思ってしまいました


凄い作り手達ですね

SIP恐るべしです


で、今回の訪問記に話を戻しますね




ワイナリーに足を一歩踏み入れたとたん

大好きなラベンダーの香りがお出迎えです

たわわになったザクロ


 

乾いているとはいっても そうでもない?

と思いつつ

早速 畑を見せて頂くことに

 


パーデボッシュという名前のファームから

葡萄を買ってワインを作っています
 



 


早速土壌の説明を2種類の頁岩が混在する畑

サクく砕けやすい頁岩と硬い頁岩です

 
 

そして このカラカラの大地で

なんと灌漑(適度な水を葡萄に人工的に与える)を

行っていません!!


春 雑草が生え それが 枯れて 葡萄の根元に

積み重なり 保湿しているんだそうです

あとは 灰や有機肥料と混ぜて撒いているそうです


表面はカラカラですが
 

土の中は

ビックリ 湿度があります!!


スワートランドの年間降雨量は500mlですが

ここ数年は200~300mlと

非常に雨が少ない年が続いているため

収穫量も 30~50%も減っているという

とても深刻な事態です

こちらにあった溜池も 干上がってしまっています

 



畑で一汗かいて

ティスティングタイムです


 



どのワインも

この灼熱の土地で育ったとは

思えない美しさです

綺麗な果実味 酸

そして きめ細やかなタンニン

びっくりです


 


このロゼ凄く綺麗で気に入ったのですが

残念ながら

既に ソールドアウト!!

 

でもね

途中に寄った

ワインショップで

この前のシリーズの

今はもう作られていない

ロゼゲットしたんです♡




 


これ 18日からの

南アフリカ旅行のロゼウィークに

お出しします

お楽しみに



 


このラベルの謎も気持ちよく解けました

ティスティングを終え

セラーを拝見


 








この地でこんなワインを作れるなんて

ワインへの情熱が凄いんだなと

改めて感じます


情熱大陸に出てほしいくらい

今回は残念ながら

ナディアさんにはお会いできなかったけど

畑を案内してくれて

アンドレさんのワインも素敵です
 


左から2番目のがアンドレさんのワインです

日本で紹介できるといいな

こちらのラベルは

アーティストの友達が描いた

聖書から取ったお話が描かれているんだそうです




今回 デイビット&ナディアでは

完売しているワイン 希少なワインなど

本当に貴重なワインを頂けました



 






そして お楽しみ

ランチタイム


 




 




 

手造りキッシュ美味しい

ミルクのタルトも優しい味わいで

ここも

もっとまったりしていたい~と名残惜しかった




デビット&ナディアさんの

お手洗いが可愛くて

写真を撮りまくってしまいました

でも なんだろう

私の腕では伝えきれない

写真上手くなりたいな

そしてもっと

この場所の良さを伝えたい
 






















 

2018-03-09 12:10:40

コメント(0)

南アフリカの旅 観光 

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です
 
この日は

ワイナリーツアーで1日だけの

観光!!
 
朝 7時過ぎにはホテルを出発です
 
まずはケープタウンスタジアムを

横目に

バスは出発します


 

 
そして 超高級住宅地

クリフトンビーチだったかなを通ります

なんでも 山の斜面に建った

立派なお屋敷 不便だからと個人で

ケーブルカーを付けているお家もあるんだとか

超有名人やお金持ちが住むエリアです



 
 

 


ここの砂浜

砂が凄く細かい

走り回る子供を追いかけ

靴の中が砂だらけになっても

全然痛くない!!






そんな夢のような場所を通過し

最初の目的地





 


 
 
 
 
ハウト湾(Hout Bay)の

ドイカー島シールアイランドクルーズ

ボートに乗ってアザラシの島を

訪れました


 
 
全部で30分ぐらい

海だし船酔いを心配したのですが

全然大丈夫だったようです

 


 
 


 

 
 
ここのプチ情報として

ボートは進行方向に向かって左に座ると

アザラシの島がよく見えますよ
 
 




その後はお約束

サイモンタウン(Simon’s Town)の

ペンギンビーチ(Penguins Boulder Beach)です

かなり近くで見えます







卵を温めています
 
 


そして息子に新しいお友達が増えました

名付けて「ぺんちゃん」そのまんまやな(^▽^;)

 
 
帰りに飛行機で隣に座っていたカップルが

ペンギン抱えている息子に

君達も南アフリカ観光?

僕たちもペンギン見て来たよ~と動画を

見せてくれたのですが

一緒に泳いでるし!!

ムッチャ近くで撮れている

これか!! 

お金払ったら一緒に泳げるって言ってたやつ

調べてみたところ 25ランドを別途払うと

一緒に泳げるんだそうです

サイトの記事が2009年だったので

ちょっと値上がりしているかもしれないですね

今度はこっちにしようと密かに心に誓いました
 
 
 





次に向かったのは

喜望峰(Cape Point)です

南アフリカ最西南端になるそうです
 
ココの景色は変わらない




 



 


 


 



 
 


 
 
 
灯台まで行きは ケーブルカーで

帰りはダッシュで (^-^;

走る息子を追いかけながら

ヘロヘロで走っていると

途中すれ違う旅行者の方に

カレエネルギーありあまってるね!笑

あれ さっきの子のお母さんよ!

お母さん追いかけるの大変ね 笑

とか色々応援のお言葉を頂きながら

下りました

もう足パンパン

ここですべての体力を使い果たした気がしますが

栄養補給

ランチタイムです



■ツーオーシャンズレストランTwo oceans restaurant

https://www.two-oceans.co.za/
 


この旅何度目の乾杯だろう 笑

 
 




 


マグロ スパイスが効いていて美味しい

マグロ大好き息子は スパイシーすぎて断念していました(^▽^;)




 


 



ランチをしながら
駆け足で日本未入荷の南アフリカワインの
試飲を・・・
何アイテムかとても素晴らしいものがありました
近いうちに日本で飲むことが出来るかも
しれないですね




 



ケープポイントの近くで

野生のダチョウを目撃

海とダチョウ

不思議な感じです





ダチョウ
1つの、目玉が70gもあるらしく
両目で 140g
それに引き換え 脳みそは 40gで
すっごく記憶力悪いんだそうです

私みたい・・・

あ! 目も小粒です

どんだけ頭軽いねんとか突っ込みながら

忘れ行く記憶を引っ張りながら

ブログ書いてます 笑
 



場所を移し

ウォーターフロントで

お土産タイムです
 
海風を感じながらもっとゆっくり

散策したかったのですが

また次回のお楽しみという事にしておきます



 
息子のおやつタイムの間

ほんのちょっとだけ

ウォーターフロントの気分を

楽しんでいました
 


 


 


 
そしてこの日最後の試飲は

マシュークローヌのワイン


 

マシューさんは

12世代、300年以上もワインを作り続けてきた

クローヌの息子さんです


席について驚き

一人一人に手書きでカードが

それぞれ文面が違う

勿論 小さなゲストの息子にまで♡

 


彼の作るスパークリングワインを

飲ませて頂いたときにあまりの素晴らしさに

早く日本に入れてくれと言ったほどです

娘さんの名前が付いた4年に1回しか生産されない

瓶内5年熟成の貴重なスパークリングワイン

コチラは 既に当店でも取り扱っていて

次の娘さんの名前はロゼワインにつけるんだそうです
 
こちらも世界中の人から愛されるワインに

なるだろうなぁ




 
今回はその他に

マシューさんと3人

共同のプロジェクトで作っているという

アリステラという 花の名前が付けられて

ワインを試飲させて頂きました
 
こちらも ぶどうは農家から買っているのですが

畑ごとではなく

畝ごとに契約して買っているそうです


 


 
 
どれもとても美しいワインの作りです

近いうちに日本できっと飲めるはずです♪


 
そして

なんと 

今回旅に参加した

女性3人で

シャンパンサーベルをさせて頂くことに

なんか ワクワクしちゃいますね(≧▽≦)
 

暗いので分かりづらいですが・・・




 
 




マシューさんのワインと楽しんだ

コチラのディナーもとても素晴らしかったです

生牡蠣おいしかった♡


 






 


牡蠣が食べれない人にはこちらの一皿を代わりにだしてくれました

 
 


チーズのフライ 

 
 


お肉のようなマグロ

和風のような中華のようなでも洋

まさに色んな文化が混じり合った一皿です



 


キャラメルソースとチョコレートケーキ♡

 








レストランの名前
『Den Anker』
http://www.denanker.co.za/



お勧めです

他にも食べてみたいものいっぱいです

ここからのサンセット凄く素敵でした



 
 
そして ディナーものびのびで

駆け足で

夜景




 
たっぷり南アフリカを楽しんだ

盛りだくさんの1日でした
 

2018-03-08 12:10:28

コメント(0)

南アフリカの旅 ポールクルーバー

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

 
この日2件目に訪れたのが

ポールクルーバーさんです


 


2度目の訪問となります

この旅でとても楽しみにしていたワイナリーさんです

ポールクルーバーさんは

私にとって特別なワイナリーの一つです

何度もお話しているので、

知っておられる方も多いとは思いますが

初めてこちらのワインを飲んだ時の衝撃

いつか このワインを作った方に会ってみたいと

思ったワイナリーさんです

そしてその日は割と早くに訪れました

初めて飲んだ翌年

「南アフリカ行くんだけど行く?」

「ポールクルーバーさんも行くよ~」の

一言で行くことを決意

2006年初訪問となります

私を南アフリカワインの世界へいざなってくれたワイナリーさんです






 
あの時とかなり変わってはいるだろうなと

ツイッターなどと拝見していて思っては

いたのですが・・・・
 
本当にすっごく変わってる!!
 
ブーケンハーツクルーフのワイナリーもですが

この10年の変化が凄まじい
 
 



こんなリンゴ畑も無かったように思う・・・

シードルの工場も凄かった


 


 


 
 


 
 
    

上が今回訪れた写真

下が12年前訪れたときの写真です

同じ場所ですが

木が凄く成長しているのが分かる

レストランもこのときは出来てませんでした


 





 
まずは畑に・・・・

雨の中リーズルさんが説明してくれました

 




西ケープ州で一番冷涼であることを

教えてくれた自然から

ちょっと素敵な贈り物

畑で虹を見ることが出来ました
 
 
 




そしてこの土地

鉄分が非常に多いのだそうです



 

水も濁ってしまうほど

飲むことは可能だそうです

女子にはいいかもしれませんね


 
ティスティングルームに戻って

スライドを使い

分かりやすく

ワインを分析していきます
 
新しいビンテージから

また新たな変化もあるみたいです



 
 





ワインのティスティングが終わると

夕食なんですが

ここでは お塩の食べ比べを





 




六種類のお塩を

野菜やお肉に合わせて食べ合わせるという

お楽しみもありました





塩好きとしてはたまりませんでした

個人的には


溶岩のお塩が気に入りました

日本に入っていたら是非取り扱ってみたい





 
 


と、この間も息子爆睡・・・


 
目が覚めたらお腹空くでしょうと

持ち帰りに色々詰めてくれて

最後は眠っている息子抱っこして

バスまで運んでくれました

生産者として勿論素晴らしいですが

クルーバーファミリーの皆さんの

ホスピタリティに毎回感動させられます♡


 




一口飲んで大好きになり

訪れて更に 大好きになり

会うたびに 

人としての素晴らしさを感じさせてくれる

素晴らしいファミリーだと思います





 
そんな人たちが作るワインだから

こんな素晴らしいワインが出来るんだなって

思わせてくれる
 



生産者の人々は

口をそろえて 「

ワインは畑で作られる」と言うけれど

それに命を吹き込むのはやはり作り手

その吹き込み方により

ワインの人格が形成されると思う

どんなに優れた才能を持つ人間でも

人格が優れていなくてはバランスがとれない

やはり 作る人って大切

とつくづく感じさせてくれるワイナリーさんです





 
 
さて この日のワインティスティングは

全て完了して

お待ちかね野外コンサートです

600人も収容できる野外ホール

ほぼ満席です

色んな出店も出ていて

見に行きたいが・・・

息子まだ爆睡中

 
素敵な音と

ポールクルーバーさんのシードル&ワイン

最高のひと時です
 
ただ 寒い!! 

救われたのは、眠っている息子を抱っこ

していた事

温かい~ 笑

 
 





 


これ前回来た時の建設中のホールです
 
 




 
帰り際目が覚めた息子

リーズルさんの息子さん達も来ていて

お別れの挨拶をしてくれました

言葉が通じなくても 子供たちって

仲良くなるのが早い!!

ただ 母子ともにもっと 

コミュニケーション能力を高めるためにも

英語は必須だと痛感しました

もっと 感謝の気持ちを沢山伝えたかったな
 
寒かったけど

心の中はほっかほかの

素敵な1日が終わりました
 

2018-03-07 10:45:42

コメント(0)

南アフリカの旅 ストームワインズ

こんにちは!

南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です

 
今回予定ワイナリーも残すところあと4つ

この日は

南アフリカでも冷涼な地域をまわりました

そして 雨風・・・

さらに寒い

冷涼感をしっかり味わう事ができました。

 

 


まず、最初に訪れたのが

ヘメルアンアード地区

ウォーカーベイにあるヘメルアンアードは

美味しいピノの生産者が続々登場していて

とても注目されている地区の一つです。
 
そんなヘメルアンアードの地を知り尽くしている

ストームさんのワイナリーに伺いました
 

 


 


 
 


 



ストームさんワイン

フレダ イグニス リッジ と3つのアイテムがあるのですが

これは それぞれ違う畑で作られています

という事で

3つの畑を見学させて頂きました

ひとつひとつ丁寧に 色んなお話を伺う事が出来ました
 


まあ まあ 雨がしっかり降っていたのが伝わるでしょうか?

JKなら 前髪がボロボロで学校に行けないと言うくらい

ボタボタでした 笑


葡萄は自社畑と買い葡萄の半々ですが

畑ごとではなくて

列で買っているとの事

ここにもハネスさんのこだわりを感じます。


 



 


ドライアイスを入れることにより
二酸化炭素を出すという技法だそう

 


息子も楽しそうでした (^▽^;)
 
2018年のフレダは行前日にプレスしたばかりだそうで

2~3日休ませて

タンクで発酵をさせるそうです

 


プレスしたてのピノ頂きました!!

部屋に戻って

テイスティングスタートです

 


 





 
仕込みは3種類ともすべて同じ方法

そうすることで

それぞれの畑の特徴が顕著に表れる

 
3か所のそれぞれ畑を表現しています

土の違いがワインの違い

99%が畑

1%が収穫の時期の判断で決まると語る

この地に育ち

この地を愛し

この地で素晴らしいワインを作る

ハミルトンラッセルで経験を積み

今 この地でワインを生み出している

そんな彼の作るピノノワールは

細胞レベルにまで沁み込むおいしさ

三ツ子のよう

とても似ているようだけど

全く違う個性を持ち

それでも通じるものがある

このワイン大切に売っていきたいと

改めて思いました。


ここのシャルドネ本当に素晴らしかった!!



しっかりティスティングした後は

お楽しみ♡

ランチタイム

この日は ストームさんでご馳走になりました


 









 
奥さんと お母さんの合作です

どれも美味しい~

ずーーーーーーと

食べて 飲んでいたい 

そんな 気分にさせて頂ける

最高に居心地のいいワイナリーさんでした

 
 



新婚ほやほやの彼らに

家族が増え

その成長期を見るように

このワインも育っていくんだろうな

楽しみで仕方がないワイナリーさんです
 
学んだ事多し!!
 

今度は 日本で会えるといいな♡

2018-03-06 11:26:00

コメント(0)

南アフリカの旅 グランプロヴァンス

こんにちは!
南アフリカワイン専門店 みたまり酒店です


 
この日最後に訪問したのが

とても美しいワイナリー

グランプロヴァンス
 

 
撮影どころ満載です 

しばし 写真タイムです






 
 

しかもこれ売り物!!

値段が付いている
 
ギャラリーなども併設されています


 
 
まずは

セラーを見学させて頂きました

 
 

 


どうしてもこのマークが
月餅饅頭に見える
食いしん坊です (^▽^;)
 
 


アンフォラで仕込んでいるシュナンブラン

などもあり

凄く勉強になりました
 
 
元気に発行中の白ワインも

心地よい音を奏でています

 
テイスティングルームも

素晴らしく

こちらも ボトルの照明です
 
 
 
テイスティングの後は

ディナータイムです
 

日本人という事もあるのか

お肉より

お魚を多くメニューに入れてくれています
 

























よく食べ

よく飲んだ!!
 


 

 
ここで 2日目のワイナリー巡り

終了です!!



 

2018-03-05 16:32:26

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2